Garmin Nuvi 1480 Plus Google Map マイマップからルート作成 続き

さて、GPSBabelでデータコンバートしたGPXファイルを、NuviをUSB接続し、GPXフォルダにコピー
ユーザーデータからルートの読み込みをして、Nuvi 1480でルートを読み込みます。

42861001.jpg
さすがに経由地を100ヶ所で作成したため、すごいことになっていそうですが、ルート自体は一見大丈夫そうです。

しかし、拡大してみると。
21103.jpg
とか
25241.jpg
みたいに、高速のICで変なルートになってます。

これは経由地をナビが高速道以外の場所として認識して、高速を一回降りて再度高速に上がるようなルート設定をしてしまうせいです。

気にしなければこれでも十分実用になりますが、高速で2kmおきに経由地のアナウンスがあるのもうっとおしく、ルートの確認がてらカシミールで一手間かけて修正してあげます。
詳細は過去記事→Garmin Nuvi 1480 Plus Google Mapでのルート作成 その後

通常Macを使っているため、VMWear Fusion上のXPにgpxファイルをコピーさらにカシミールにドラッグしてファイルを開く。
スクリーンショット 2012-02-06 20.26.56 
編集メニューからGPSデータ編集メニューを開き、ルートを選択。
スクリーンショット 2012-02-06 20.28.37 
高速に上がってすぐの経由地と
スクリーンショット 2012-02-06 20.29.51 
高速を降りる前の経由地
スクリーンショット 2012-02-06 20.30.20 
この間の経由地を全て削除します。
スクリーンショット 2012-02-06 20.32.49 

高速の場合これで十分。
気をつけなければならないのは、高速の無料化部分とか主要国道のバイパス部分。
38605001.jpg 
こんな部分も修正しておくとルートがすっきりします。

スクリーンショット 2012-02-06 20.33.31 
だいぶすっきりしました。
再度GPSデータウィンドウからルートを選択し右クリックからファイルの書き出しを選択し。
スクリーンショット 2012-02-06 20.37.16 
スクリーンショット 2012-02-06 20.37.35
gpxファイルを書き出して、そのファイルをNuviに読み込んでルートを作成すればOK。

49717001.jpg 
ちゃんと修正できてます。

53808001.jpg 

今回は、サンプルとして経由地を100ヶ所で作成してみましたが、50ヶ所程度でも十分ルートを作成してくれるような感じです。
手順としては、ちょっと手間がかかりますが、これでOK!

Goole Mapの公開されたマイマップデータを参考にしたり。
 以前は検索ウィンドウから公開されたマイマップを直接検索できましたが、
 今はGoogleのWeb検索で キーワード site:maps.google.co.jp と入力し、
 検索可能です。(暫定的な検索方法との情報あり)

自分のGoole Mapのマイマップ以外にもルートラボ!
 公開されているプランも多く、
 検索も楽にできてプランニングの参考にするには良いかもしれません。

日本の公開データは少ないようですがEveryTrailで公開されているルートを参考にしたり。
 ちなみに私のEvryTrailの公開ルート→http://www.everytrail.com/my_trips.php?user_id=442075

いろいろ活用できそうです。 ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
SignalMinder 高機能リプレースリレー | Home | 北薩・伊佐広域農道ツーリング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する