Garmin Nuvi 1480 Plus Google Map マイマップからルート作成

またまたナビネタです。

Goole MapのルートデータをNuviにインポートする方法は以前の記事に書きましたが。
 →Garmin Nuvi 1480 Plus Google Mapでのルート作成
 →Garmin Nuvi 1480 Plus Google Mapでのルート作成 その後

この方法では、Goole Mapのマイマップに保存したデータを活用することはできません。

01マイマップ
私は時間のあるときにGoole Mapでルートを検討しマイマップに保存してあるので、このデータを利用したい。

いろいろと検討し、なんとか満足できるような方法が見つかったので備忘録がてら紹介します。

GPSではRuteデータとTrackデータ、Way pointがあります。
02トラックルート
左がTrackデータ(走行軌跡)、右がRuteデータ
Nuvi 1480でルートデータとしてインポートできるのはRuteデータなので、TrackデータをRuteデータにコンバートしなければなりません。

同じGarminでもZumoやハンディ機ではTrackデータをナビのルートに変換してくれるようなので単純にTrackデータをインポートしてあげればいいはずです。(たぶん?持ってないので確認していないが)

Nuviでできないのはコストダウンなんでしょうか?
Zumoを使っている方は、あまり意味がないと思いますが、GPSBabelのRute Reverseしての書き出しは使えるかも?(後述)

それはともかく、使用するソフトはGPSBabel→http://www.gpsbabel.org/download.html
うれしいことにMac対応版もあります。

手順1 マップの作成とマイマップへの保存
コンバートの前に、Goole Mapのマイマップに保存してあるデータについてです。
マップを作成するとき、目的地の追加でマップを繋いで行くと、このようにルートが分割されます。
04ベース
この場合ナビに読み込んだルートも二つに分割される。
明示的にルートを分割したい場合を除いて、ルートは出発地と目的地の間を一筆書きで繋いで下さい。
ナビの経由地のつもりで目的地を追加しても、そこでルートが途切れるだけです。

05ベース2
普通にルートを作成すると、ルート名が○○○までの運転ルートとなりますが、これを適当な名前に変更します。
Nuviに読み込んだ場合のルート名になります。その後マイマップに保存。

手順2 KMLファイルエクスポート
Goole Mapのマイプレイスから書き出したいマップを選択し、KMLの文字を右クリックしリンク先のファイルを別名で保存する。
スクリーンショット 2012-02-06 20.08.36
KMLという文字のとなりの波々のアイコンからだとうまく出力されません。

スクリーンショット 2012-02-06 20.09.17
ファイル名は半角英数で。

GPSBabelを開きます。 (WindowsもMacも同じです)
スクリーンショット 2012-02-06 20.51.23-2 
・InputファイルのフォーマットはGoogle Earth(Kyehole) Markup Language KMLファイルのことです。
・OutputファイルのフォーマットはGPX XMLです。
・Translation OptionではTracksにチェック(Trackデータを変換する)

Filterの設定
Rutes & TrackとMiscellaneousにチェック
スクリーンショット 2012-02-06 20.22.15
・Rutes & Track
 Symplifyにチェック、Limit To○○Points、この設定で出力するルートの経由地の数を設定します。
 Nuvi 1480では経由地は最大200ヶ所まで(ただし200ヶ所だと読み込めないことがあったため。198以下にした方が良い)
 ルートの距離によって適宜変更してください。
 (距離が200kmしかないのに経由地が200ヶ所もあれば1kmおきに経由地の案内がありうっとおしくてしょうがない)

 Reverse、もし保存したルートを逆走した場合のルートを出力したい時、これにチェック!
 (この機能はなかなか良い、これがなければ同じルートでもその都度作り直す必要があった。)

スクリーンショット 2012-02-06 20.22.39
・Miscellaneous
 Nuke(Remove) Data Typesは、Way pointにチェック、Ruteにチェックを入れなければ良いと思う。
 Transform(これがミソ)Track→Rutesを選択、Deleteにチェックを入れて、変換後Trackデータを削除する。

More Optionの設定
スクリーンショット 2012-02-06 20.22.51-2

なくても良いのだが、Preview in Goole Mapにチェックを入れておくと、コンバートした後Goole Mapでルートを表示してくれるため、確認しやすい。

Output Fileに名前を付ける(半角英数で) 
スクリーンショット 2012-02-06 20.24.04  
Applyをクリックして変換開始、その後変換が完了すると、別ウィンドウが開き、変換したルートがGoole Mapで表示される。

スクリーンショット 2012-02-06 20.25.11 TrackとWay pointのチェックを外して右の地図画面にルートが表示されていればOK!

出力されたGPXファイルをNuvi 1480のGPXフォルダにコピーして、読み込ませればOKと言いたいところだが......

続く・・・・・  ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
北薩・伊佐広域農道ツーリング | Home | 物欲との戦い

コメント

いやー、素晴らしい!

Google MapsとGarminの解析記事の中では秀逸です!感服!
このテク、当方、Nuvi1460ですが、大変参考になりました。

英語版ソフトのご説明も大変懇切丁寧でわかりやすいです!

----
ちなみに、Routte to Track のpointsは100に指定しますと、ファイルがかなり重くなり読み込みに5分くらいかかり、フリーズしたかと心配になるくらい。また、経由地の旗だらけで大変なことに。(最後はOKですが)

200kmのルートで50本くらい!(汗)

管理人さんがupされた参考ファイルを参考に、kbをできるだけ落とす=waypointを20くらいにまで下げると、うまく行きました!

クネクネ道でも一本道に近いところはかなり正確にルート作成されるようです。Good!

大変参考になる記事でした、御礼!!

2012/06/29 (Fri) 11:33 | Terry #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Terryさん

過分なお褒めのお言葉ありがとうございます。
そう言っていただけると記事にした甲斐があります。

Googlemapからガーミンへのルート転送はいろいろ方法があって、その後ももっと簡単な方法は無いかと
探しているところです。

国道、県道などの主要道を利用するなら、GPSBabelを使うのが一番簡単だと思います。
ポイントの設定もTerryさんのおっしゃるように、200kmで40から50個くらいが良い感じでトレースしてくれます。

ただし、農道など主要道を外れたルートを繋いで設定する場合には、けっこうきついところがあります。
そのような場合、カシミールでもトレースをルートに変換して、経由地の間引きも行うことができますので
今はカシミールで編集することが多くなりました。
(すいません記事をUpした頃はカシミールをそれほど使い込んでいなかったので(^_^;)

時間があれば、カシミールでのルート設定についても記事にしようと考えています。
記事をUpした時にはメールでお知らせしますね、いつになるかはわかりませんが(^_^;)

それでは、これからもよろしくお願いします。

2012/06/29 (Fri) 16:02 | ganmodoki #- | URL | 編集
農道データ・ベースも、スゴイです!!

ganmodokiさん

お時間のあるときで結構ですので、是非、カシミールでの、さらなるテクニックも、いつかご披露ください!

お待ちしてますよー!

----
ところで、広域農道のデータ・ベース、すごいです! よくぞ、ここまで!

おいらのように、農道フリークには、たまりません!

ああ、九州の鉄馬ノリはシアワセですねー。これ、そのまま使えるんだもんねー。

当方、関東ですが、今度、阿蘇・霧島へ出掛けるときは、是非、Garminに仕込んで参りますよー!

楽しみです!

2012/06/30 (Sat) 09:12 | Terry #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/30 (Sat) 11:09 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する