fc2ブログ
    04

    テントメンテナンス

    武漢ウィルスによる緊急事態宣言も解除され、県境を越えての移動もまあまあ大丈夫となってきた今日この頃。
    鹿児島地方梅雨入りです_orz

    キャンプは3月以来、バイクでのキャンプは去年の11月以来行けていません。
    そろそろ体がキャンプを求めてウズウズしていますが、もうしばらく我慢の日々が続きそうです...

    そして、その梅雨入り前、来るべきキャンプシーズンに備え久々にテントのメンテナンス。

    私のメインテントは、MSRのハバハバHP

    P4210029_202006041108373c2.jpg

    4シーズンテントで軽く設営も簡単、テンションがかかりやすく張り姿も格好いい。
    またオプションのギアシェッドを使うと巨大な前室が使えます。

    このテントは2014年の5月に購入した物で既に6年が経過。
    既にMSRの弱点であるフライシートの加水分解が始まり、フライにベト付きが起きています。

    まだ使えないことは無いのだが、キャンプができるまでには時間が合ったので、メンテナンスを実施。

    IMG_0047_2.jpg
    サブで使っているマーモット ライムライト2も購入して既に9年こいつもついでにメンテ。

    IMG_6691.jpg
    MSRのフライシート、ベト付きがあり、シームテープも剥がれかかっています。

    IMG_6692(1).jpg
    マーモットはもっとひどい状態。

    メンテの方法は、ていじんさんのブログに昔紹介されていた、重曹で洗いその後シリコン処理する方法。
    ていじんさんのブログ

    IMG_6705.jpg
    先ず、RVボックスに重曹を溶きテントを浸ける、その後2~3日浸けて次の工程に進むのだが、時間が無くそのまま一週間ほど放置。

    IMG_6713.jpg
    一週間後、浸け込んだ重曹水はこんな状態、結構汚れています。

    IMG_67281.jpg
    マーモット ライムライトの方はベト付きがとれてシームテープもほぼ剥がれている状態。

    一方のMSR ハバハバは...

    IMG_67261.jpg
    何か変?
    ベト付きはきれいに取れていますが、その下のベースのコーティングまで剥がれています(>_<)
    重曹水に浸ける時間が長かったのか?それとも濃度が高かったのか?
    これではいくらこの上からシリコン処理してもそのうちに剥がれてくるのは必定(泣)

    IMG_67271.jpg
    泣く泣くコーティングを剥がす 重曹水に浸けるを繰り返すこと一週間、ほぼ全面のコーティングを剥がし終えやっと次の工程。

    IMG_6783.jpg
    完全に乾かしたフライシートにシリコン処理、使用する処理剤はポロン-T
    テントの再処理にはよく使われています。

    IMG_6787.jpg
    こいつをスプレーで吹きかけて刷毛で伸ばします、驚くほど早く気化するので素早い処理が必要です。
    マーモットも同様にシリコン処理して第二工程は終了。

    IMG_6730.jpg
    最終工程はシームテープの貼り替え。

    IMG_6790.jpg
    縫い目にテープを置いて低温のアイロンで押さえていくだけなんだが、これが何気に一番時間がかかってしまったw

    そして、完成!
    IMG_6729.jpg
    水をかけてもしっかりと水を弾いて防水性は確保できています。

    IMG_6811.jpg
    しかし、MSRの方はコーティングを剥いでしまったせいでフライシート自体が薄くなった感じである。
    なんとか防水性は保てているのだが、そのせいで耐久性に不安が残ってしまった(>_<)
    こりゃ~新幕の導入を検討しなければならないのだろうか?

    MSRのフライシートを再加工するときには、重曹水に付ける時間や濃度に気をつけましょう!

    終わりです。








    8 Comments

    honeG  

    参考になりました。

    MSRのテントは加水分離必ずありますよね^^;

    >こりゃ~新幕の導入を検討しなければならないのだろうか?

    次のテントを考えるのも楽しみの一つですよね!(^^)!

    重曹でのテントメンテ参考になりました、加水分離が気になりだしたテントがあるので自粛モードの間にメンテナンスして見ようかなぁ(^^;

    2020/06/04 (Thu) 21:38 | EDIT | REPLY |   

    tama  

    大事に使ってますね

    前に持っていたモンベルのムーンライトが、同様にシームテープが取れ始めました。
    貼り替えずにそのままアイロンで押さえましたがくっつかず(当然か)、友人に譲りました。
    道具が増えるのはうれしいけれど、メンテナンスが増えるのはやっかいでもあります。
    安物をどんどん買い替えるのが簡単だなと、イケナイ方向へ進みつつあります。

    2020/06/05 (Fri) 09:39 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: 参考になりました。

    honeGさん

    MSRのフライは加水分解しやすいってのは定評がありますよね?
    良い評判ではありませんが(^_^;)
    それは、一般的なテントとちょっと違ったコーティングがされているのかもしれません。
    なので私がやったときベースのコーティングまで剥がれたのではないかと想像してます。
    MSRのテントでやるときは気をつけた方が良いです。
    まあどんなテントをやるにしても、多少耐久性が落ちるのは覚悟しなければいけないかもしれないですね~

    次テント?...実は....(笑)

    2020/06/05 (Fri) 09:39 | EDIT | REPLY |   

    ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち  

    あの場所は

    何のことはない、あの場所は鹿屋バラ園です。厳密に言うと違うのかもしれませんがバラ園の敷地にバラ園外の公園として併設されています。抜群のロケーションで開聞岳も見ることが出来ます。ただ残念なことに17時で閉門です。こちらの公園は無料開放です。先週までバラ園は無料開放されていました。

    2020/06/05 (Fri) 10:42 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: 大事に使ってますね

    tamaさん

    通常のテントで行われているポリウレタンコーティングは、遅かれ早かれ加水分解してしまいます。
    同じように劣化しないシームテープもありません。
    なので、そうならないうちにオークションにでも出して買い換えるのが無難です...
    というのは分かっているんですけどね~
    なかなか愛着のあるテントは手放せないものです(^_^;)

    2020/06/05 (Fri) 16:00 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: あの場所は

    ひろ吉と・・・さん

    ありがとうございました
    そうですか?
    17時以降は入れないんですか?
    ちょっと残念ですね、この頃のキャンプブームで普通のキャンプ場が混み始めてるので
    景色や雰囲気の良い野宿の場所を探しているところです。

    2020/06/05 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

    kiyomako  

    落ちるんだぁ~

    加水分解のべたべた Σ(・ω・ノ)ノ!
    新幕!?
    長い自粛が続くと、いろいろとありますよねーww

    2020/06/06 (Sat) 23:51 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: 落ちるんだぁ~

    kiyomakoさん

    ベト付きはある程度はきれいになります。
    ただ物によっては記事のように下地までやられてしまうこともあるので注意が必要です(>_<)

    新幕は検討中です、梅雨明けまでに決まれば良いのですけど...

    2020/06/08 (Mon) 14:06 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment