fc2ブログ
    23

    Team根無し草 迎撃キャンプ 後編

    翌朝、辺りは深い霧に包まれています。

    PA200036.jpg
    これならあそこへ行けば雲海が見られるかもしれない...
    お二人はゆっくりされていたようなので、一人で有名なあの場所へ。

    PA200042.jpg
    雲海で有名な国見ヶ丘。
    駐車場は雲海見物の車で一杯。

    PA200047.jpg
    着いた時には既に日が昇り、雲海は消え始めていましたが十分見応えはあります。

    PA200040.jpg
    雲に浮かぶ阿蘇五岳が神秘的です。

    久々の雲海を十分堪能した後、サイトに帰り、軽い朝食をとって撤収。

    PA200050.jpg
    チーム根無草のお二人とは、明後日鹿児島での再会を約束して一旦ここでお別れです。

    ここからは別に寄るところも無いので帰るだけです。
    高千穂から鹿児島まで地図上に最短距離で線を引くと下の地図のようになります。
    その距離250km 昨日走った350kmに比べれば何と言うことはありませんが、
    九州山地の一番山深いところを走り抜けなければなりません。


    高低グラフ

    ということで、今日の目的は
    1000m級の峠を三つ越えなければならない結構ハードな
    カブで九州山地走破ツーリング

    出発!

    先ずは最初の難関、諸塚スカイライン。

    PA200057.jpg
    大きなバイクだととても楽しい山岳ルートなんだが、ここの上りはきつい、ただ道が完全二車線で走りやすいのが救いです。

    PA200059.jpg
    やっとのことで六峰街道入り口、まだまだ上りは続く。

    PA200066.jpg
    真弓岳入り口まで来るとほぼ峠が近い。

    PA200067.jpg
    休憩のついでに諸塚の展望所でびしょびしょのテントを乾かして。
    次なる難所へ向かいます。


    PA200069.jpg
    酷道327号も諸塚から椎葉まではある程度道も整備されていますが、先に進むにつれ

    PA200071.jpg
    道も狭く段々と山深くなっていき

    PA200074.jpg
    そのうち一車線に、国道327号から国道265号に入ると、流石に四国の439と並ぶ酷道といえる道
    へ。

    PA200076.jpg
    道は狭く枯れ葉で覆われ、ブラインドカーブの連続。
    嫌と言うほどヘアピンを抜けてやっとのことで飯干峠。

    やっと難所を抜けたかと思うと、次には265号に勝るとも劣らない酷道388号湯山峠。
    飯干峠越えに比べると多少道幅がある分走りやすい感じではあるが、それでも途中写真を撮る気にもならなかった(^_^;)

    そして高千穂を出発して訳4時間、距離にして120kmようやく市房ダムに到着。

    PA200080.jpg
    途中でテントを乾かしたりした割には良いペースで走れました。

    PA200082.jpg
    ここからは球磨広域農道(フルーティロード)を快走して人吉へ

    PA200092.jpg
    丁度昼食の時間なので久々に丸一蕎麦に。

    PA200090_edited-1.jpg
    流石に地元の有名店、40分ほど待ってかしわ蕎麦とざる蕎麦のセットを注文。

    その後は、眠気と戦いつつ大口を越えて午後4時ちょうどに帰宅。
    距離250km、所要時間7時間40分、途中テントを乾かしたり、丸一蕎麦の待ち時間などを考えれば結構良いペースでしょうか?

    しかし、このコース二度とカブでは走りたくない、というかムルティならなおさら走りたくない。
    有名酷道327、265、388繋ぎは一度走れば十分です(^_^;)

    これで2週続けてのカブのロングキャンツーは終了。

    終わりです。

    4 Comments

    tama  

    いい雲海です

    お疲れさまでした。
    何度も通ったことのある峠が出てきますね。たしかに力のあるバイクだと楽しいのですが、非力な原二ではストレスがたまります。
    それにしてもすばらしい雲海です。リターンライダーになる前、早起きして何度か二重峠や兜岩展望所へ行きましたが、続けて3度もフラレてあきらめました。

    2019/10/25 (Fri) 06:49 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: いい雲海です

    tamaさん

    この前の晩、雲海出現率をみると25%位だったのであまり期待していなかったのですが、
    朝起きたらあの霧で、これは行かなければと思った次第です。

    もしよろしかったらこちらのサイトをご参照ください。

    https://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/#commonContainer_mv

    まあどれほどあてになるかはわかりませんが(笑)

    2019/10/25 (Fri) 16:18 | EDIT | REPLY |   

    irontent  

    過酷な2日間

    前後編まとめて読みました。
    カブ仲間というかバイクのお仲間が多いですね!
    カブで350キロ、そして帰りは峠越えの250キロ!
    体力と気力が必要かと思います。
    高千穂の新しいキャンプ場の情報など掲載していただき、ありがとうございまいした。
    鉄のテントで行くのにいいキャンプ場みたいなので、今度行っていたいと思います(^。^)

    2019/10/29 (Tue) 10:13 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: 過酷な2日間

    irontentさん

    最初の内はほとんどソロだったんですが、いつの間にか仲間が増えてしまいました(^_^;)
    これもカブの楽しみの一つです。

    高千穂のキャンプ場はちょっと規模が小さいのが難点で、混み合う時期は避けた方が良いと思いますが
    一度行ってみてください。

    2019/10/29 (Tue) 15:48 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment