18

Garmin Nuvi 1480 Plus Google Mapでのルート作成

Nuvi本体でのルート作成にやや難あり、ということで。
本来の目的である、Google Mapで作成したルートをナビに読み込む方法をいろいろ検討しました。

Garmin Zumoでのルート読み込みの方法は、
阿騎野のライダーさんのGSと旅の道標!のブログに詳しく紹介されています
 →zumo660私的活用術その1
 →zumo660私的活用術その2
しかし、Nuvi 1480では、その方法は使えません、たぶんZumoでは軌跡データ(Track)を読み込むことが可能で、
それをルートとして認識できるのではないかと考えます。

Nuvi 1480では、GPXファイルのTrack Dataでなく、Route Dataでなければ読み込めないためでしょう。

Goole Mapのルートデータからgpxファイルを作成するのですが、単独のアプリではなくWeb上に公開されている
ブックマークレットを利用します。

その方法はガーミンの販売店のTKA PLANETさんのHPに詳しく紹介されています→http://tka.jp/wiki/?GMapToGPX
ただし、この方法ではNuvi 1480では読み込めません、パラメーターを少し変更する必要があります。

Google Mapからgpxファイルを作成する手順

1 GmapToGPXをブックマークバーに登録する

  ・ブラウザでGmapToGPXのページを表示させる→ http://www.elsewhere.org/journal/gmaptogpx/
  ・Instractionにある黄色いGmapToGPXの部分をブックマークバーにドラッグする。
GmapToGPX.jpg 
 
  ・GmapToGPXの使用準備完了
GmapToGPX2.jpg


2 Google Mapでルートを作成する
(始点の作成)
 ルート・乗換案内、車をクリックし、スタート地点で右クリック ここからのルートを選択する
スクリーンショット 2012-01-15 10.33.06

(終点の決定)
 ルートの最終目的地を表示し、右クリック ここまでのルートを選択する、
 その後検索ボタンでルートを表示させる。
スクリーンショット 2012-01-15 10.35.34

 (ルートの編集)
 ルート上にマウスを置くと丸いポインタが表示されるのでポインタをつかみ、望みのルートに変更する。
スクリーンショット 2012-01-15 10.36.03
スクリーンショット 2012-01-15 10.39.06

 (必要に応じさらにルート編集)
  ルートを幹線道路から広域農道に変更
スクリーンショット 2012-01-15 10.41.51

(Google Mapでのルートの完成)
スクリーンショット 2012-01-15 10.43.27

ここで重要な事は、目的地を追加で目的地を繋いでルートを作成しない事です。
目的地追加で目的地を追加するとそのポイントでルートが分割されてしまいます、
明示的にルートを分割する以外は、始点と終点の二つの地点を繋いでルートを完成させて下さい。


3 GmapToGPXブックマークレットを開く

(GmapToGPXをクリックする)

 Google Mapを表示したまま,ブックマークバーにあるGmapToGPXボタンをクリックする 
GMapToGPX3.jpg 


 (GPXソースの表示・オプションの設定)
 GPXソースが表示されるので、左からTrack, Points, Fullとであることを確認します、もし異なる設定の場合、
 変更します。 TKA PLANETさんのHPの方法とはここが異なります。

Track_Points_Full.jpg
 
 (GPXソースのコピー)
 ソースの欄のテキストデータを全て選択しコピーする  
コピー

4 エディタにデータをペースト
 (データのペースト)

スクリーンショット 2012-01-17 22.06.36

 (データの修正)
 タグとタグに囲まれたrute0の部分を適当なルート名に変更する、
 この部分がNuviで表示されるルート名となる。
スクリーンショット 2012-01-17 22.06.56

 (データの保存)
 標準テキスト形式で保存する、その際、ファイル名は半角英数を使用する。
 また、Windowsでは保存形式の文字コードをUTF-8で保存する。
スクリーンショット 2012-01-15 10.49.16

 ファイルの拡張子をtxtからgpxに変更する。
スクリーンショット 2012-01-15 10.50.22

5 ナビにルートデータ(gpxファイル)をコピー
 Nuvi 1480をUSBケーブルでPCに接続し、GARMINを開きGPXフォルダに作成したGPXファイルをコピーする。
スクリーンショット 2012-01-17 22.28.48

6 ナビでルートデータを読み込む
 (GARMINの接続解除)

  GARMINの接続を解除し、ナビを起動する。

 (ルートデータの読み込み)
  ナビのメインメニューのツールをタップしユーザーデータを選択する
5794.jpg

 ルートのインポートを選択する
6484.jpg

 インポートするルートを選択しインポートを選択
7538.jpg

  ルートの確認
 メインメニューからツールをタップしルートを選択する
5794.jpg 

 ルートのインポートの完了
11491.jpg 

ルートインポートの結果
39546.jpg 

拡大すると
33864.jpg 

35421.jpg 

Goole Mapとナビでは経由地(Way point)を繋ぐルーとの計算方法が異なるため、全く同じルートを表示してくれるとは限りません。
これは予想していたことです。

自分の希望通りのルートを設定するにはさらに、一手間、二手間かける必要がありそうです。
まだまだ続く!

0 Comments

Leave a comment