fc2ブログ
    05

    ソフトパニアについて 【検討編】

    ムルティ ENDUROにつけているアルミのパニアケース

    右側が40L 左側が45L トップケースが38L 合わせて123Lの容量がある。

    P5260029_20181005100329083.jpg

    その大きな積載能力には満足しているのだが、欠点もいくつか...


    一つは重いこと、まあこれはしょうが無い。

    二つ目はコケるとすぐに潰れること...ORZ


    左側に立ちゴケした結果がこれ。

    IMG_0101_2 (1)

    なんとか叩きだして形を整えたもののそれ以来蓋がピッタリと合わずに水漏れする結果に...


    PB050066.jpg

    右側に立ちゴケした結果がこれ、水漏れがいやでこのままで使用中(^_^;)

    GIVIのパニアケースよりツアラテックのパニアは強度的に劣るようです。


    GSのようにエンジンが横に張り出しているとエンジンガードがあるためにパニアケースまで被害が及ぶことはあまり無いと思うのだが、ムルティでコケた場合パニアケースが潰れる可能性が大きい。


    これからもし何度か立ちゴケを繰り返すとケースが使えなくなることも十分考えられるのだが、買い換えとなると片方15万円くらいかかってしまう...


    ということで、転ばぬ先にソフトパニアの導入を検討し始めたのでした。


    サドルバッグタイプのラゲッジバッグは探せばいくらでも出てくるのだが、せっかくパニアフレームが付いているのにサドルバッグではスマートでは無い(^_^;)


    それでいろいろとググッてみると、こんなものがありました。

    mosko-moto-pannier-backcountry-35l-pannier-kit-11990620868_large.jpg

    MOSKO MOTOというメーカーのソフトパニアシステム。

    Backcountry 35L Pannier Kit


    01_20181005103327c2b.jpg


    パニアフレームにブラケットをネジ止めしバッグを装着します。

    これは良さげだと詳しく見てみると、GSやムルティのメーカーオプションのパニアフレームの場合、フレームがマフラーを避けるために曲がっていてそのままでは装着できない。


    GSの場合にはそれようのアタッチメントが準備されていて装着できますが、ムルティ用のものは無し!


    なんとかそのアタッチメントを工夫すればつきそうな気もするのだが、ダメな場合にはショックが大きいので断念。


    新旧のGSアドベの方などは検討しても良いかもしれません。


    GSの場合海外では、MOSKO MOTOからOEM供給されたラゲッジシステムをBMW Atacama off-road luggage for GS motorcyclesというネーミングで純正オプションとして販売されているようです。


    ということでこいつは断念して、しばらく暇な時間にいろいろとググッているとこんな製品を発見。


    BUMOTというメーカーのXtremada soft panniersというソフトパニアシステム

    このBUMOTというメーカーブルガリアのメーカーなのであまり聞いたことが無いが、Youtubeを見てみるとアルミパニアも作っていて結構ハードな使い方をされているみたいです。


    2_min.jpg

    MOSKO MOTOと大きく異なるのは、パニアフレームにアタッチメント 無しでそのまま装着可能なこと。


    BUMOTのHP→http://shop.bumot.eu/en/catalog/cid/69.html


    02_2018100511051983b.jpg
    ツアラテックのZEGA PRO2のロックシステムをそのまま利用しているため、アルミパニアとソフトパニアの兼用が可能、荷物が多いときはアルミパニア、少ないときやちょっと荒れたコケやすいルートを通るときにはソフトパニアという使い分けができる、これは大きなメリットです。
    こう言うシステムを探していました。


    1_min.jpg

    GS ADV(LC)ならちゃんとパニアフレームの逃げも取ってきれいに装着できています。

    容量は35Lと31Lアルミパニアに比べれば小さいですが十分でしょう。


    価格も送料は分かりませんが、530ユーロ日本円で7万円くらい(GS ADVの純正フレーム以外は、パニアフレーム込みで749ユーロ)。

    私のバイクがGS ADV(LC)なら即決するところです...


    が...

    問題は対応車種、GSを始めとしてKTM Super Advシリーズ、トラのタイガー、ホンダのAfrica Twin、ヤマハのSuper Tener、スズキのV-storom。

    ムルティが入っていない...

    いつもながらムルティのツーリング アドベンチャー系のパーツの少なさには泣かされます。


    GS用を加工すれば装着できないことはなさそうだが、ダメだった場合7万円の人柱はちょっと厳しい(^_^;)


    ということでこれも却下、しかし対応車種特にGS Adv(LC)の方には良いのでは無いでしょうか?


    長くなったので続く、果たしてムルティに装着できるソフトパニアシステムはあるのか...


    2 Comments

    gama  

    むぅぅ~
    立花のアーミーバッグは候補から外れましたか・・・。

    2018/10/05 (Fri) 19:06 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: タイトルなし

    gamaさん

    立花のアーミーバッグ?
    寡聞にして知りませんでしたが、ググッてみました。(^_^;)
    そうなんです、こんなタイプのサドルバッグが一般的なんでしょうが、
    天邪鬼なものでどうも気に入らなくて、いろいろと探し回ってみました(笑)

    2018/10/09 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment