待望の梅雨明け、九重でキャンプ その2

翌朝、テントを張られている鉄のテントさんのところへ昨夜のお礼に。
IMG_0073_2.jpg

HNとブログのタイトルはたぶんこのワンボックスから取られたのでしょうか?
中をちょっと拝見させていただきました。
IMG_0074_2.jpg
便利な装備が要領よくセットされ使いやすそうです、一人の時は車中泊も多いそう、
さすがに二人の時はちょっと狭いのでテント泊ということでした。

私はバイクでのキャンプがメインのため、あまりキャンピングカーを意識したことは無かったのですが、
なかなか、コンパクトで使いやすそう。
足腰が弱くなりバイクでのキャンプが厳しくなったときには、こういう奴で行こうと決めたのでした。
(もうそれはそこまで迫っているのかもしれない...)

いつもの朝食はランチパックをホットサンドにしたものなのだが、今回は
IMG_0072_2.jpg
ホットサンド風焼きおにぎり!
キャンプ場でご飯を炊くのはあまり好きでは無いので、キャンプ場でご飯を食べることはあまり無いのだが、
これなら簡単で美味い、朝の定番になりそうです。

その後、鉄のテントさんにご挨拶して出発です。
今日の予定は、久住周辺の絶景ビューポイント廻り。

DSC_0015_20150722144731b4a.jpg
泉水を出てすぐの県道40号、ここも絶景とは行かないまでもなかなかのビューポイント。

黒川温泉近くのとある展望所
DSC_0020_2015072214473306c.jpg

IMG_0076_2.jpg
本来ならこの方向に、阿蘇五岳がきれいにみえる絶景ポイントのはず...
なんだが、雲に隠れて今ひとつ(>_<)

続けてFBで教わったビューポイントへ
DSC_0025_2015072215024950c.jpg
久住連山が目の前に(見えるはず...)

DSC_0029_20150722150251234.jpg
阿蘇五岳もきれいに見えるはず...

IMG_0078_2.jpg
こんな風に(>_<)

この近くの扇田
DSC_0023_20150722150248ca5.jpg
人にも寄るのでしょうが、田植えの前の水を張った田んぼの方がコントラスト効いてきれいなような気がする。
今回は天候や時期がちょっと悪かったのか...

雨がポツポツと落ちてきますが、まだまだ絶景ポイントはあきらめません(^_^;)

DSC_0032.jpg
沢水のゆったりとした連続カーブまでくると雨も本降りに、この時点で久住連山周回はあきらめ、
タープの下でビールを飲むことにして引き返します。

P7190030.jpg
カッパを着て瀬の本まで引き返すと雨も上がってますw
日が差してやがる、まあいつもこんなもんです(^_^;)

ここで、ファームロードで玖珠へ向かう。
DSC_0035_20150722151103aaa.jpg
玖珠の機関区跡に蒸気機関車が設置されたと聞いて行ってみました。

真鍮や銅の部品もきれいに磨かれています。
でもせっかく機関庫があるんだから、建物中に置けば痛みも少ないんじゃないだろうか?

また転車台の上に置いてグルグル回したらお客さんも倍増すると思うが...
まあいろんな制約があるんだろうね~

以前は機関庫の前までバイクを入れて一緒に写真を撮れたんだが、なんか中までは入れなくなるみたいで
ちょっと残念です。

その後、二ヶ月ぶりに金太郎へ
P7190031.jpg

この度kiyomakoさんが手に入れたというハンターカブを見せてもらって。
P7190032.jpg
羨ましい...
あまり長いことみていると物欲が湧いてきそうなので...
kiyomakoさんのハンターカブの記事

P7190034.jpg
名物のダゴ汁を頂きkiyomakoさんとしばし歓談して出発。

この頃になると雨も上がり、日も差してきました。
キャンプ場に直行せずもう一個所寄り道します。

P7190036.jpg
四季彩ロードから見える久住連山もなかなかのビューポイント。

P7190037.jpg
向かったのは、筌の口温泉にある山里の湯、この近辺では珍しい炭酸温泉です。

P7190039.jpg
鉄分を含んでいるのか、浴槽も浴室の床も赤い堆積物で覆われています。
浸かってみると...
P7190051.jpg
二三分でこれ!

P7190047.jpg
お湯の沸き出し口もこれw
炭酸泉は長湯温泉のラムネ温泉館や七里田温泉などが有名ですが、それらにも劣らない炭酸の量です。
七里田温泉が炭酸日本一とか言われているようですが、個人的にはここもほとんど変わらない。

それよりも特筆すべきはその湯温の高さ、ラムネ温泉館や七里田温泉などはおよそ35℃~36℃で冬場は入るのにちょっと躊躇するくらい。
しかしこの山里の湯の場合、37~40℃さすがに炭酸泉なので普通の温泉に比べると低めだが、冬でも十分浸かれるほどの温度です。

個人的にはこっちに一票!
ただ、この近辺の温泉に比べると入浴料金はちょっと高めの500円、それでも十分納得できる温泉です。
ご主人によると、家族湯の方が炭酸の濃度が高く、大浴場の二倍くらいは泡が出るとのこと、
50分2000円と一人で入るにはちょっと高めなので、何人かで行くときには家族湯もお薦めです。

↓続く
夏場にバイクで温泉に入ると、その後ブーツやらヘルメットをかぶるのがいやであまり途中で温泉に入ることはないのだが、ここの温泉は大満足です。

その後、長者原で写真を撮って
DSC_0037_2015072215302404d.jpg
お決まりの絶景ポイント、途中雨に降られたり、雲で絶景が見えなかったりちょっと残念な結果になりましたが、
まあまあ満足できる一日です、また再度リベンジしますが...

その後早めにサイトに帰って、のんびりしていると、なにやら聞き覚えのあるエンジン音が近づいてきて、
空いている隣の区画へ
IMG_0079_2.jpg

ちょっとお話ししてみると、なんと何年か前BMWのディラーの忘年会でご一緒したことのあるSさんでしたw

そのまま、ご一緒することになりました。
P7190056.jpg
その忘年会で今度一緒にキャンプに行きましょうなんて話をしていたのですが、GSを売ってムルティにしたもんだからディーラーとの繋がりも無くなってそのままになってました。
なんか今回の旅は偶然が多すぎ!

P7190057.jpg
そのまま、いろいろと話し込んで早めに就寝。

二日目のルート


最終日
P7200058.jpg
Sさん高千穂で義兄さんと待ち合わせと言うことで途中までご一緒することになりました。
まだ出発の時点は太陽も顔を出していたのですが...

P7200061.jpg
阿蘇に入る頃になると本降りに、阿蘇望橋の下でカッパを着て、後は雨の中ひたすら高千穂へ

P7200062.jpg
道の駅「高千穂」やっぱり雨です、というかこの頃から大雨といった状況へw

そして私の目的地、道の駅「北方よっちみろ屋」
P7200064.jpg

IMG_0083.jpg
スタンプはOK、スタンプ台のインクが少ないけど...

P7200063_20150722160126d2e.jpg
看板もOK、道の駅はこれで無くては!

ここでSさんとお別れし一路鹿児島を目指します。
延岡(門川IC)まで高速を使い、その後日豊グリーンロード、尾鈴サンロードで西都まで。
P7200066.jpg
一車線の高速でのろのろと遅い車の後を付いて走るより、少し遠回りでもこっちの方がストレスが少なく雨でも楽しいw

たまたま西都でうなぎの看板を見つけたので昼食にすることに。
P7200067.jpg
藤うなぎ店、割と有名店らしいが...

P7200068_20150722160130d55.jpg
味はまあまあだが、鰻が少なすぎw
これで1650円は?まあいまや鰻は高級魚しょうが無いか..
でもこれならもう少しお金出して人吉のうえむらに行く。

その後、ひたすら雨の中帰路へ
P7200069_20150722160504d53.jpg
桜島SAで最後の休憩を取って無事帰宅。

しかし梅雨明け宣言を聞いて勇んで出かけたのだが、梅雨明けはどこへ行ったんだ?
まあ今回は、いろいろな偶然が重なり貴重な出会いがあった素晴らしい旅となりました。

↓三日目のルート

終わり。
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク
アワアワ温泉再び | Home | 待望の梅雨明け、九重でキャンプ その1

コメント

久住あたりの景色はやっぱりいいですね。
すぐにでも行ってみたい!
多くの方にも出逢えて(しかも偶然!)、復帰早々、幸先良いですね^^
しかし、相変わらずよく走られます(笑)

2015/07/22 (Wed) 19:54 | ぐぅだら #- | URL | 編集

久し振りの再会でしたが、お別れ出来ず残念でした(TдT)
それにしても、ganmodokiさん知り合い多いですね!
なかなかキャンプ御一緒できずすみません(--;

2015/07/22 (Wed) 23:11 | kiyomako #0FtB7ubA | URL | 編集

羨ましいばかりの景色で、目が癒されました。

おおきに、ありがとさん。

2015/07/23 (Thu) 05:38 | うえひろ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぐぅだらさん

カブならばもっと沢山のポイントに行けるはずです。
いつかカブで行きたいとは思ってるのですが、なかなかです(^_^;)

今回くらいブログやFBやってて良かったと思えた旅は初めてです。
いろんな繋がりが突然現れてうれしい旅でした。

2015/07/23 (Thu) 14:09 | ganmodoki #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kiyomakoさん

お相手ありがとうございました。
帰る頃が丁度お昼時だったのでしょうが無いですね~
今度またゆっくりとお邪魔します。

それより、キャンプを企画しないと行けませんね~
やはり月曜日が休みの日が良いですね?

2015/07/23 (Thu) 14:10 | ganmodoki #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

うえひろさん

当日は雲が多くて、当初予定していた阿蘇や久住連山の景色が撮れず残念でした。

阿蘇・久住はやはり良い景色のところが多いです、まあ絶景というにはちょっと力不足ですが...
それでも日常あまり見ることができない景色が多いので好きな場所です。

地図を添えてありますので次回お越しの時の参考にでもされて下さい。
タイミングが合えばご案内します。

2015/07/23 (Thu) 14:14 | ganmodoki #- | URL | 編集
お疲れ様でした

「鉄のテント」を載せていただきありがとうございます。
私が久住登山中、いろんな所を廻られたのですね。FBのクラブのメンバーさんが玖珠在住で私も機関庫へ行ったばかりです。金太郎の場所も分かりましたので、今度行ってみます。
帰りは大雨で大変だったようですが、無事ご帰還されて安心しました。
今回、いいご縁をいただき感謝いたします。
また、ブログ拝見させていただきますので、よろしくお願いします。

2015/07/23 (Thu) 14:20 | 鉄のテント #N4GiaJkw | URL | 編集

流石に、九州を知り尽くしたganmodokiさんの、キャンプツーリングレポートですね。
中身が濃い~
行きたいところいっぱいです・・・
ターフいいですね。持ってるテントの前室が狭いので有ると便利そう。
金太郎、今週末お祭りみたいなのでお天気次第ですが行ってみようかと思います。

2015/07/23 (Thu) 22:40 | 多感著 #HVLjdtec | URL | 編集
Re: お疲れ様でした

鉄のテントさん

いえいえ、お互い様です(^_^)v

天気があまり良くなかったので、予定通りに行かなかったのですが、まあまあの一日でした。
金太郎ですが、ganmodokiに聞いたとでも言えば話の種くらいにはなると思います。
ご主人のkiyomakoさんは久住近辺の地理にも詳しいので良いスポットやルートを教えてくれるかも知れません。

こちらこそよろしくお願いします。

2015/07/24 (Fri) 15:47 | ganmodoki #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

多感著さん

それほど褒められるような内容ではありませんが、結構楽しめました。
ご一緒できれば良かったんですが、さすがに多感著さんの行事は抜けられませんからね~

またご一緒しましょう、行くときにはまたご連絡します。

あれっ?
玖珠のお祭りは先週終わったような...

2015/07/24 (Fri) 15:52 | ganmodoki #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する