fc2ブログ
    01

    サイドスタンドエクステンション装着

    ムルティに乗り換えて非常に困ったことの一つにサイドスタンドをかけたときのバイクの傾きの大きさ。

    GSと比べても一目瞭然。
    傾き
    左からムルティNormal、GS Normal、GS サイドスタンドトーラー20mmUp

    GSも傾きが大きいと言われているのだが、それを遙かに凌駕する傾き!
    さらに困るのがサイドスタンドの設置部分の面積。

    IMGP0408.jpg
    GSの初期型と同じくらいのサイズか?
    GSのベースの面積も小さくて困ったのだが、ムルティはベース面積が小さく尚且つ傾きが大きい、

    下が舗装で荷物が少なければなんとかなるのだが、止める場所が芝生などの足下が不安定な場所では、
    いつ倒れるかヒヤヒヤするようなというかいつ倒れても良い状態。

    なので荷物が多いときには常にこいつのお世話になってます。


    しかし、一回一回タンクバッグからこのベースを取り出したり、収納したり非常に面倒くさい。
    なので対策部品を探してみました。

    GSの場合、エクステンションの種類も豊富でその厚さも5mmくらいから20mmくらいまでいろいろと発売されています。
    が、ムルティの場合それほど種類は無く、ベース自体に厚みを持たせて傾きを補正してやる製品は皆無。

    仕方が無いので、その中でも面積の大きそうなツラーテックのエクステンションを装着することにしました。


    実物を見て購入した訳では無いので、これでも5mmくらいは上げてくれるのかと思っていたのだが...
    IMGP0410-2.jpg
    開けてみてガックリ、ベースの厚みは1mm程度、これではあまり傾きの補正は期待できそうもありません。

    IMGP0411_20140901152637240.jpg
    造りは割とがっちりしていて安心感はありそう。

    IMGP0412Line.jpg
    ただ、期待していた傾きの補正に関してはほとんど変わらず(^_^;)

    残された手はこのエクステンションを改造してもう少し傾きを小さくする事ぐらいか?

    ムルティに乗っている方は困っていないのだろうか?
    なにか良い方法もしくは良いパーツがあれば教えて下さいませ。

    2 Comments

    Kachi  

    これ、欧州車というか、右側通行車ではけっこう切実ですよね。

    ご参考になりますかどうか。
    私のRTの下駄のかさ上げ加工の記事。
    http://r1150rt2003.blog24.fc2.com/blog-entry-415.html

    これを含んだ下駄のカテゴリです。
    http://r1150rt2003.blog24.fc2.com/blog-category-88.html

    このアルミ板は0.5ミリのを重ねていますが、耐久性はいま一歩という感じ。
    こんどは1センチか2センチくらいのアルミ板を買ってきて金鋸で切り出し、さらにやすりで整形して同じようにしようかと思っています。

    Kachi//

    2014/09/02 (Tue) 07:25 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: タイトルなし

    Kachiさん

    ありがとうございます。
    かさ上げの記事拝見しました、ちょっとやってみようかと思います。
    薄いアルミ板のレイヤー構造は加工しやすそうですが、おしゃるように強度的にちょっと不安ですね?

    電動工具を持っていないので近いうちにホムセンの工作室でトライしてみようかと思います。

    2014/09/02 (Tue) 10:10 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment