アクセサリー電源追加

通常、バイクからアクセサリー電源をとりたい場合、適当なところからリードを引いてくればほぼOKだったのですが、
BMWの場合、Can-busシステムとか言って、なにやら大変そう、でいろいろ探しているとツアラーテックから
アクセサリー電源ユニットTPS15 R1200GS(CAN-BUSシステム) というものが出ているのを発見、よく見るとなんかリレーが一個入っているだけのよう、リレー一個でこの値段は高い!ってことで自作決定です。

案外簡単にできますが、参考にされる方は自己責任でお願いします。

必要なのはエーモンのリレー簡易防滴型の30Aを選択、近くのカー用品屋で1500円程度です。

結線の方法は、パッケージの裏に書いてありますのでそれを参考にして。
リレー1

まず、リレーの青ラインをACCのトリガ信号を取るため、リヤのスモールライトのプラスラインへ圧着します、
この作業がリヤキャリアを外したりして結構大変でした。この信号は微弱なのでたぶんCan-busには影響しないだろう、いやしないはず。
次に、説明ではリレーの黄色のラインに電装品を繫ぐようになっていますが、後からわかりやすいように、リレーの赤ラインから、ACC電源を取り出せるようにETC用、ナビ用、レーダー用の3つコネクタを圧着。
そしてリレーの黒ライン、アースです、Can-busの場合、ボディアースだとまずいということをディーラーで聞いたため、
これもエーモンのアース用端子(500円程度)をバッテリーのマイナス端子に接続。
最後に、リレーの黄色ラインをバッテリーのプラスターミナルに接続します。
そして、リレー本体、アース端子、ラインを車載工具のスペースに押し込んで終了です。
リレー

テスターで確認すると、キーのOnOffで電源がきていることが確認できました。
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
ETC装着、バイクにデジ物? | Home | 納車そして試しのちょいのり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する