fc2ブログ
    30

    緑資源幹線林道宇目小国線リベンジ キャンツー その1

    北海道旅行の疲れも抜けきらない先週末、絶好のキャンプ日和に部屋に引っ込んでいるのも不健康
    と言う訳で出かけてきました。

    この暑さでは平地のキャンプ場は無理、とりあえず幕営地を久住・阿蘇近辺と決めて出発。
    ついでに、前回走った緑資源幹線林道宇目小国線に再挑戦します。

    前回、九州の広域農道データベース用に動画の撮影をしながら走ったのだが、
    うっかりハンディカムのレンズを90°回すのを忘れて画像が横を向き使い物にならなかったのである。

    こちらもよろしく→九州の広域農道データベース
    地味~に更新中です。

    朝6時半に出発し先ず県道40号で霧島連山を目指す
    P7260128.jpg
    この県道40号、自宅から市街地をバイパスして霧島連山にアクセスできる快走ルートなのだ。

    そこから霧島バードラインで一気に霧島を超えて道の駅高岡で休憩、ここまで下道で2時間半結構良いペース。
    IMG_1350.jpg
    IMG_1349.jpg
    この時点で気温は36°w、エンジンの熱も影響しているはずなので...それでも30°越えは確実

    それで今期初投入!クールダウンベスト。
    P7260129.jpg
    こいつを買ってすぐにドライクールベストなる物が発売され、結構がっかりしたのだが、
    これくらいの気温になると多少のジメジメした感じなんて全く問題にならない。→ドライクールベスト

    いつもは中部グリーンロード、尾鈴サンロード、日豊グリーンロードを繋いで延岡に向かうのだが
    今回は開通した東九州自動車道で一気に延岡へ
    P7260133.jpg

    宮崎から延岡に向かうこの東九州自動車道、始めて使ってみたがなかなか景色が良い、
    別府から湯布院に向かう大分自動車道ほどのダイナミックさは無いが、九州山地の山並みを望みながら飽きることが無い。
    P7260135.jpg
    対面通行の区間も多いのだが、交通量が少ないのでそれほど気にもならない。

    延岡で給油して道の駅「宇目」で休憩、これだけ気温が高いと水分補給はこまめに。
    P7260140.jpg

    そして、最初の目的 緑資源幹線林道宇目小国線へ
    この緑資源幹線林道宇目小国線(大規模林道 宇目小国線ともいう)
    宇目区間、南田原区間、宇目三重区間、県道688号(供用区間?)、清川緒方区間、緒方竹田区間、竹田荻区間からなり
    全長は90kmを越える舗装林道である(宇目区間の一部は未舗装)

    より大きな地図で 【大分県の広域農道】緑資源幹線林道宇目小国線 を表示

    前回宇目区間と南田原区間はちゃんと動画が撮れていたので
    宇目三重区間に国道326号からアクセス。

    宇目三重区間と清川緒方区間を接続する県道688号は狭く険道と言って良いが、それ以外の区間は
    長いストレートがほとんど無く常にバイクをバンクさせて駆け抜ける。

    ただし宇目三重区間は落石が非常に多く気を遣う、コーナーでは必ず何かある物だと思ってコーナーへ入たほうがいい、
    落石に乗り上げたら転倒必至だし、石が鋭角なのでタイヤへのダメージも大きい。

    P7260143.jpg
    景色も祖母山を見上げながらなかなかのもの。

    道の様子はそのうち動画でUp予定

    このルートは非常に楽しい!
    近くを併走する大野川中流広域農道(奥豊後グリーンロード)がひたすらアクセルを開け続けるストイックなコースだとするとここは、ひたすら左右にバイクを振り続けるテクニカルなコースである。
    奥豊後グリーンロードとこの幹線林道を組み合わせると悶絶するくらい楽しいルートになること間違いなし、今度やってみよう。

    IMG_1351.jpg
    途中にある円形分水で休憩、この気温だとこの水がありがたい。

    P7260150.jpg
    前回見落とした幹線林道の荻側の起点
    満足の90分でした。

    ↓続きはこちら
    その後、道の駅「原尻の滝」で昼食、この周辺には道の駅が多いのもありがたいところ。
    DSC_0007_20140730103301637.jpg
    いつものように川の中の鳥居をバックに

    P7260151.jpg
    滝のすぐ側までバイクが入れるのも珍しい。

    昼食後そのままキャンプサイトに向かうにはちと早い
    豊後大野と由布の間にある山地(なんて呼んで良いのだろ?)にある林道、広域農道を走ります。

    原尻の滝から奥豊後グリーンロードで北上、豊後大野から県道41号で師田木ダムを経て、林道で平成パークライン
    P7260158.jpg
    以前来た時には、逆方向だったので景色もいまいちだと思っていたのだが、この方向だと結構景色が良い、それは次の大分中部広域農道も同様。

    DSC_0018_20140730111147348.jpg
    由布岳、鶴見岳、高崎山を一望しながらのダウンヒルは最高。

    ただ、残念ながら全線開通はもう少し先、開通がひじょうに楽しみな広域農道。
    P7260161_201407301111481d7.jpg
    まあ、林道、平成パークライン経由でも楽しめるけど...

    ここまで来れば久住はどの道を使ってもすぐ目の前、いつもの大野川上流広域農道(奥豊後グリーンロード北ルート)でも良いのですが、今回は国道442号と併走する県道412号で久住へ、この県道412号奥産スカイラインともいい、左右に山脈をみながらの快走ルート、広域農道に比べると交通量も多いのでアクセルあけあけとはいかないが、のんびり走るにはお薦めです。

    奥産スカイラインは、ゆったりと久住の山肌に飛び込んでいきます。
    DSC_0023_201407301111460a5.jpg
    右に久住連山、左に祖母山、前に阿蘇五岳を見ながら贅沢な道が続く。

    P7260164.jpg
    この近辺はどの道と言わず素晴らしい。

    その2に続く

    2 Comments

    ちょっとFatBoy  

    こんばんは

    新しいタイヤはいかがですか?
    ご自宅から近くに、素晴らしい景色が見られるところが多く羨ましいです。
    最後の写真 イイね!ボタンを押します♪

    2014/07/31 (Thu) 00:52 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: タイトルなし

    ちょっとFatBoyさん

    ありがとうございます。

    帰りに雨に降られて、PR4の雨中での性能確かめることができました。
    アナキー3も結構雨に強かったのですかそれ以上に安定していました。

    阿蘇・久住ですが家から3~4時間はかかるんです、
    それでも何度行っても飽きが来ないのが阿蘇久住のいいところです。
    良いなと思って写真ばかり撮っているとなかなか目的地に着かないことも(^_^;)

    2014/08/01 (Fri) 09:01 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment