バッテリーテンダーで常時充電

前に乗っていたGSに比べムルティはエンジン始動時のクランキングがどうも重ったるい。
なにやらバッテリーの切れかかった状態でセルを回している感じがする。

GSの圧縮比は11.0、ムルティの圧縮比は11.5、ちょっとムルティの方が高いが大きな差があるような感じでも無い、
標準のバッテリー容量はGSが14A、ムルティは12A、バッテリー容量の違いだろうか?

ちょっとバッテリーに負担が来そうで心配です。

そこで毎日乗る訳でも無いので、バッテリー保護のため常時充電器に繋いでおくことにしました。
通常の充電器だと過充電になったりして難しいが、トリクル式もしくはフロート式の充電器だとそれも可能。

フル充電でも微弱な電流が流れているトリクル式に比べフロート式はフル充電で電流を遮断するようでフロー式の方がバッテリーに負担をかけないようです。

私はフロート式のバッテリーテンダーという充電器を以前から使ってます。
battery_tender_plus.jpg

バッテリーに充電用のコネクタを接続する必要があるのですが、走行中GSの場合コネクタをシートの脇から押し込んでおけばOKだったのですが、ムルティではそんな隙間はありません。
2011-ブログ材料 - 30


それで二つあるシート下のヘラ-プラグのソケットを充電ターミナルへ加工。
IMGP0294.jpg
ノーマルのヘラ-ソケット、これはACC電源なので途中で切断。
GSの場合CAN-BUSシステムなのでなかなかこれができなかった...

IMGP0295_201405131532071c2.jpg
二極のコネクタをバッテリーから直接引き防水加工してソケットに繋ぐ。

IMGP0300_2014051315320558b.jpg
バッテリーテンダーのコードも延長してヘラ-プラグを接続。

IMG_1216.jpg
完成!

IMG_1210.jpg
無事充電開始。
バッテリー容量の80%以下で充電中は赤ランプが点灯、80%になると青ランプが点滅、100%で青ランプが点灯して
それ以上電流は流れません。

何となくGSより青ランプが点灯するまでの時間が長いような気がする。
まあ前乗っていたGSもこの方法で三年間全く問題なかったのでこれで様子見を。 ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
【大分県の広域農道】大南野津広域農道 | Home | 曽於街道(そうかい道)は、ほんとに爽快

コメント

ムルティのバッテリーは死活問題ですからね
私も充電したいのですが、駐車してある場所には
コンセントが無く、かといってバッテリーを外すのも
面倒でそのままになっていますが
初回の車検までは大丈夫でした
充電用にシート下のプラグの片方がバッテリー直に
配線変えて有るのですが
未だに使用された事がありません・・・

2014/05/13 (Tue) 19:35 | べに #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

べにさん

そうですねハンドルロック中にバッテリー上がったらどうなるんだろう?
なんて考えてみたら、やはり対策はしといた方が良いと思ってやってみました。

先月引っ越しした先がマンションの1階でなんとか部屋から、コードを延ばして繋げました。
青空ガレージの場合コンセントが問題ですよね?
太陽電池の充電デバイスなんてどうなんでしょ?

2014/05/14 (Wed) 16:56 | ganmodoki #- | URL | 編集

充電器にもいろんな種類、機能があるんですね~。
繋ぎっぱなしでもOKな充電器は、初めて知りました。

配線の加工はお見事です、自分は怖くてさわれません。(^_^;)

2014/05/14 (Wed) 20:59 | るーのぼ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

るーのぼさん

一昔前のバイクならバッテリーが上がってもなんとか走る事はできたんでしょうが、
今時のバイクはバッテリーが上がったらお手上げですね。
ムルティに至ってはハンドルロックさえ解除できません。

なのでるーのぼさんもコンセントに繋ぐことができる環境であればやっといた方が良いですよ~
配線もプラグに繋ぐのでは無く、バッテリーから専用のコネクタを繋ぐだけですから簡単です。

2014/05/16 (Fri) 09:51 | ganmodoki #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する