02

阿蘇・久住周遊キャンプツーリング その3

天気予報ではこの日は雨なのですが、どういう訳か青空が所々に見えています。
imaokaさんはこの時点で帰路へ、広島の3名さん(車なので)別に出発。
我々はなんとか久住・湯布院のツーリングができるのではと瀬の本方面へ。

筋湯を過ぎ、薄日も差してきて良い感じになってきましたが...
瀬の本に着くとそこは凄い霧、なんとかあざみ台まで行くと結構雨も強くなってきました。

P4280076.jpg
あざみ台にて、ここは阿蘇五岳と久住連山が両方望める絶景ポイントなんですけどこの霧では...

ここでツーリングを短縮して黒川温泉で混浴の露天風呂に浸かることに方針変更!
金太郎のkiyomakoさんが我々を探がしているなどとはつゆにも思わず頭の中は混浴でしめられていたのであった。

P4280078.jpg
黒川温泉山みづき、ここは10年以上前に来たことがあってその時は確か混浴だったような無かったような?
入るまではここは混浴ですと断言していたのだが...
男湯と女湯に分かれていたことが分かった時の冷たい視線は....(無かったです)
いらん期待を持たせてしまって申し訳ない、これがその日の夜まで後を引くのだ。

P4280082.jpg
それでも川沿いの気持ちいい露天や

P4280080.jpg
檜の内湯などなかなか素晴らしい。

ここで一時間以上も時間をつぶし、出発しようとすると雨(>_<)
shuimidderさんはおNewのカッパを着れてうれしそうです。
雨の中、湯布院を目指して出発。

P4280084.jpg
やまなみで牧ノ戸峠を越えて長者原、お決まりの絶景ポイントももう一つ。

P4280086.jpg
雨のやまなみも趣があってなかなかよろしい。

目的の湯布院岩下コレクション、割と有名なバイクミュージアムです。
横は何度も通るのですが入るのは始めて。
P4280088.jpg

一階は昭和の街並みを再現し、ブリキのおもちゃから、菓子、電化製品、生活雑貨まで展示してあります、ヨーロッパのアンティークまであってちょっと混沌とした感じ。
まあ二階のバイクの展示が主たる目的ですが、なかなか楽しく見て回れました。

P4280091.jpg
走行0kmのCBX これが発売された時一生のうち必ずこれに乗るぞと思っていたのだが果たせなかったバイク。

P4280092_2014050214531914a.jpg
こいつのレプリカでも出たら必ず買いたいCB72

P4280098_20140502145318aa5.jpg
RC110だったっけ?昔のレーサーも数多く展示

外車も結構多く展示されていますが、ど肝を抜かれたのはこれ
P4280095.jpg
DUCATI APLLO L型4気筒で現在のLツインのご先祖さんにあたるモデル。
雑誌や書籍でこのようなモデルがあることは知っていたが、こんな所にあるとは?
しかもこのAPOLLO市販はされていないはず、説明を読むと現存する世界でたった一台のバイクで時価一億円!

なかな見応えあります、特に雨が降っているときにはここで十分時間がつぶせます。

その後、近くのイタリア料理の店で昼食
P4280099_201405021453175e7.jpg
shumidderさんにごちそうになってしまいました、多謝m(_ _)m

↓その後 玖珠の金太郎に戻って宴会の始まり
この日天気が良ければ、昨日幕営した泉水で連泊する予定が、この天候で2日目は金太郎別館の高田屋旅館に泊まることにしました。
本当なら金太郎のkiyomakoさんと息子さんのマサト君も参加する予定だったのですが、残念ながら泉水でのキャンプは中止。

そこでキャンプスイッチが入ってしまったマサト君のために、高田屋のガレージでキャンプの雰囲気を味わってもらうことにしました。(というか無理矢理押しかけて宴会した感じですな)

バイクをガレージに入れて早速準備開始。
P4280103.jpg

P4280104.jpg
バーカウンターもOK、主役のマサト君も登場

P4280106.jpg
宴会の始まり、まあ場所は変わってもやることは全くいっしょです。

P4280107.jpg
料理はモツ鍋やら馬肉やらいろいろ、いつもの食べる権利から食べる義務へなってきそうな雰囲気。

P4280108.jpg
さとこさんからもとり天やらおにぎりの差し入れ。

P4280112.jpg
ひとしきり食べて呑んだところで、テントを張ってもう少しキャンプ気分。
マサト君マキト君も満足してくれたかな?

というところで、また温泉の話になり、その話は混浴の話になり、さらに収まりがつかなくなり
金太郎のオプショナルツアー混浴探索ツアーへ出発

玖珠からほど近い秘密の温泉街で何カ所か当たりをつけながら、こちらの温泉へ
P4280113.jpg

奥を見てみると、おぉ女性が入っているでは無いか、kiyomakoさんGood Job!
それも婆ぁではない妙齢の女性が二人、みんな視線を下げ何事も無かったように湯船に入りますが、
内心は歓喜に打ち震えていることでしょう。

P4280115.jpg
さすがにこの写真は、女性が上がった後の写真

P4280114.jpg
感動の余韻に浸っているところ。

ということで最高のエンディングを迎えた夜でした。
kiyomakoさんわざわざ案内して頂きありがとうございました。

ということでもう一日続く。

6 Comments

kiyomako  

宴会はとても楽しかった!
個人的には、バイクのお客さんはこのスタイルで!ってぐらいです♪
マサトもマッキーも大喜びで、昨晩はGWに入ったので
約束通り、部屋にテントを張ってあげました

ところで、みんな顔出しちゃダメだったですか(xx;

2014/05/03 (Sat) 23:45 | EDIT | REPLY |   

あきよし  

平常心

こんにちは。
心の中で大きくガッツポーズしている脳内メーカーが容易に想像出来ます。
平常心が必要なイベントが有るのなら行けば良かったかな。(笑)
たぶん、うちの婆ちゃんとかがせっせと通っていた天ヶ瀬の温泉と推測しますが、今はそうなんですね♪
で、次の雨天キャンプは何時ですか?

2014/05/04 (Sun) 00:14 | EDIT | REPLY |   

るーのぼ  

この日のお酒の量もハンパないですね。(笑)
そしてもつ鍋をはじめとして、美味しそうな料理の数々、もう一日あれば・・・。

それにしても木のガレージですか、雰囲気が良いです。
ガレージ欲しい~。

2014/05/04 (Sun) 09:15 | EDIT | REPLY |   

ganmodoki  

Re: タイトルなし

kiyomakoさん

そう言ってもらえればありがたいです。
こらからマサト君にキャンプに連れてってとせがまれるんでしょうか?
早く実現させないといけませんね〜協力します。

私の場合、写真は前からの流れでぼかしを入れているだけですので、大丈夫だと思いますよ〜


2014/05/04 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   

ganmodoki  

Re: 平常心

あきよしさん

まあ混浴に入ったからといって何があるわけでは無いのですけどね〜
まあそれは男の性というやつで(笑)

あきよしさんのおばあさまが入浴される時は言って下さい、パスしますから(笑)

まあ別に雨でなくても大野屋で同じ事やっても良いですね?
まあ機会があればやりましょう!

2014/05/04 (Sun) 21:38 | EDIT | REPLY |   

ganmodoki  

Re: タイトルなし

るーのぼさん

まあ今回アルコールは結構残っていました。
ほら途中でオプショナルツアーに出掛けたもので...

るーのぼさんももう一日滞在を延ばすべきだったですね〜
こんなチャンスはもう来ないかも?

2014/05/04 (Sun) 21:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment