fc2ブログ
    09

    Upper KAWABE 初挑戦

    何年ぶりかに台風が鹿児島を直撃し、結構な雨が降った週の週末。
    球磨川・川辺川の水位をチェックしてみると。
    四浦

    四浦で2mを越えている。
    ここでの水位が2m以上あると、川辺川上流での川下りが可能となる。

    誰が言い始めたのかは知らないが、相良村の廻り観音から上の流域をUpper KAWABEと呼ばれている。
    ある程度水量がないと下れないし、水量が多い時はパワーも大きい為、それなりのテクニックが無いとこなせないのだ。

    これまで20年以上も川辺川を下ってきたが、常に相良村の廻り観音から下流ばかりで、ここから上には挑戦したことはないが、昨年ラフティングでの経験は済ませており→過去記事
    初挑戦することにした。

    土曜日の午後のんびりといつもの人吉中川原公園に幕営
    P9070002.jpg
    ハンモックにに揺られながらビールを開け本を読む、至福の一時です。

    日が暮れて温泉へ
    どの温泉へ行こうか迷うほどですが、今日はおおが温泉。
    P9070003.jpg
    スイミングセンターがやっている温泉で、片手間にやっているのではないでしょうが自販機で入浴券を購入して誰もいない番台の箱へ入れて入浴。人吉はこのような番台に人のいない温泉も多いのです。

    P9070006.jpg
    ここは無色透明の単純泉が多い人吉の中では珍しく、ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。
    いつもは茶褐色のお湯なのですが、大雨の影響か無色のお湯です。

    温泉で汗を流した後は食事、めったに夕食は作らないのだが、何を食べるか迷うくらいに食べるものがうまい。
    今日は時期的に鮎がうまそう。

    fc2blog_20130907231337408.jpg
    店名は出せないのだが、鮎釣りの全国大会が球磨川で開催された時には、参加したプロの釣り師が訪れるという名店。

    P9070010.jpg
    残念ながら尺鮎は出なかったが、以前取れた尺鮎を見せてもらったこれなら食べ甲斐ありそう、33cmあるそうだ。

    球磨川の天然鮎の次はホルモン
    P9070013.jpg
    結構安くて旨いのだ。

    当然、テントサイドでも飲む!
    P9070015.jpg

    そして翌朝、午後から雨の予報と言うことで、さっさと撤収しいつもの偵察ポイント。
    P9080017.jpg
    Good! いつも顔を出しているいやな岩も水の下。

    どきどきの川下りはこちら
    相良村田代からいよいよUpper KAWABEスタート
    P9080019.jpg

    いきなり、3級の瀬から始まります。

    ちなみに川のグレードとは

    1級: さざなみ程度の流れ、障害物なし、ビールを飲みながらでもOKなくらい。
    2級: 多少の流れ、障害物あり、ビールを膝の間に挟みながらでもOK。
    3級: 適度な急流あり、ビールなんてとんでもないしっかり漕がないとヤバイ。
    4級: 激流あり、ダッキーでもちょっと怖いファルトだと絶対無理。
    5級: 複雑な激流あり、非常に高度なテクニック必要。ラフティングなら行くこともあるかも、ダッキーだと無理。
    6級: ラフティングが出来ないほどの超激流、非常に危険。 死にたいならどうぞ。

    P9080023.jpg
    瀬をいくつか越えると発電所の真下へ、なかなかこういう物を間近では見れません。

    その後は、2級の瀬・3級の瀬が連続して出現しテンションは上がりっぱなし。
    P9080031.jpg

    3級の瀬が連続するのであまり写真が撮れていない。
    そのうちに動画をUpします。

    そしてあっという間に廻り観音上の堰堤
    P9080035.jpg
    ラフティングの連中だとここを中央突破することもあるらしいが、おとなしく脇からポテージ。
    川辺川のラフティングはここしかやっていない→ランドアース

    この堰堤の直ぐ下に川辺川最大のストッパー廻り観音の瀬があるのだが、今日は3m近い落ち込みになっている。
    迷わず左側のチキンルートへ
    P9080036.jpg

    P9080038.jpg
    チキンルートでも2m以上の落ち込みはあるのだ。

    その後は、いつものコースを流して川辺大橋下で終了。
    P9080041.jpg

    水量があり流れが速かったためか2時間もかからず終了。
    もう少しじっくり味わいたかったが、大満足の一本。

    Upper KAWABEが下れるのは1シーズンにそれほどないが、タイミングが合えばまた来よう。
    やみつきになりそうである。

    川辺川・球磨川を下った後のお楽しみは....

    今日は久々に鰻。
    P9080042.jpg
    超有名店「うなぎのうえむら」やはり年に一度は食すべき!

    P9080043.jpg
    うなぎ丼(大)なんと料金は2700円昔は2000円しなかったのに...
    しかも、前より鰻の量が少ない...

    しかし鰻の高騰はここ何年かのこと、食べられるだけで幸せです。

    そして人吉の〆は、やはり温泉。
    今回はP9080046.jpg
    あさひ温泉

    人吉には珍しい炭酸水素塩泉。
    P9080048.jpg
    湯船が白くなるくらい気泡が出るらしいのだが

    P9080050.jpg
    今日は残念ながら、炭酸の出が悪く体にまとわりつくほど気泡は出ていない。

    ということで、二日間の極楽キャンプ&川下り終了。

    いつもの通り、PAごとに休憩を取りながら帰宅の途へ。

    2 Comments

    のぼう  

    いやあ~キャンプ&川下り、温泉にグルメにツーリング、人生を満喫されていますねえ~(^_^)

     思わず、旅立ちたくなりました。
     
     すごく初心者みたいな質問なのですが、川下りの後は、どうやってキャンプ地まで帰られるのでしょうか。ちょっと気になりました(^_^;)

     
     

    2013/09/09 (Mon) 21:01 | EDIT | REPLY |   

    ganmodoki  

    Re: タイトルなし

    のぼうさん

    子供がほぼ手を離れたんで好き勝手やってます(笑)
    残りの人生もすくないですから(^_^;)

    通常は、車二台で出かけて、一台をスタート地点にデポ、終わってからもう一台で車を引き上げに行く
    という感じです。まあ場所によっても違いますが...
    山口の錦川なら鉄道を使ったりもします。

    2013/09/10 (Tue) 13:56 | EDIT | REPLY |   

    Leave a comment