林道・農道・酷道で宮崎縦断ツーリング その1

週末太平洋高気圧に覆われ安定した天気が続くとの予報に誘われ、久々にキャンツーを画策。
行き先は、宮崎県北部、諸塚・高千穂方面。
その辺りに諸塚山スカイラインというそれはそれは楽しいツーリングコースがあるという。

結構距離もあるのだが、そのまま高速や幹線道を使って向かっても面白くないので
九州山地の険しい所を北上することに...



諸塚山スカイラインの中核になる道は、緑資源機構幹線林道 宇目・須木線 日之影南郷区間
ならば、その幹線林道 宇目・須木線を全線走破してやろうと出発。

小林ICまでは高速で下道で向かう予定が、前日ラピュタを見ながら「バルス!」とかやったせいで起床時間が起床時間が遅れてしまったのだ。

出発地点は宮崎県小林市野尻町道の駅ゆ~ぱるのじり付近

P8030007.jpg
先ずはあの山を越えます。

幹線林道へのアクセスはふるさと林道 野尻・内山線 国道268号線から峠に向かって約5kmほどの農道。

P8030017.jpg
途中振り返ると霧島連山の優美な姿が

峠からは、幹線林道 宇目・須木線 須木区間 この林道の最終区間です。
vlcsnap-2013-08-05-21h39m53s115.jpg
ここまで切り通しの工事をしなければならないのか?

P8030019.jpg
途中県道401号線を経由した後、綾南ダムの直ぐ脇でこの区間が終わる。
さすがにふるさと林道・幹線林道だけあって走りやすい、県道区間が狭くて走りにくいのはいつものこと。

P8030022.jpg
須木からは国道265号線で米良に向かう、この265号線 有名な酷道で落石や崩落で通行止めはいつものことですが今日は大丈夫のようです。

二車線の区間もあるものの、当然山に入ると
P8030023.jpg
これでも走りやすい方、当然対向車などあると、バイクでも離合に気を遣う場所も。

P8030024.jpg
高度を上げて行き所々で山並みも見える。

P8030029.jpg
こんな道でも観光ルートにしようとでもいうのか?
紅葉街道というらしいが、紅葉の時期にもう一度来たいかと言えば来たくない。
車なら途中で駐車などできないし、運転しながらでは紅葉を楽しむこともできない。
まあ、この道は一度走れば十分!酷道マニアの方なら満足できると思うが...

P8030031.jpg
ほぼ、全てのコーナーがブラインドで、交通量は非常に少ないが対向車が来ない訳ではない、
距離の割に非常に時間がかかってやっと、国道219号線この道でやっと息を抜ける。
酷道というのが本当に頷けるルートである。

一息ついたところで今度は、ひむか神話街道という道を通ってまた山を越える。
P8030036.jpg
神話街道、宮崎県が指定しているらしく、神話の舞台になった所を繋いで、宮崎県を縦断する観光ルートである。

P8030039.jpg
国道265号線の一部区間に比べれば走りやすいが、落石やブラインドコーナーが多くアクセル開け開けで行けるような道でもない、山深さを感じるのは今までと同じ。

P8030041.jpg
空野山や地蔵岳といった1000m級の山を抜けやっと県道39号線の滝川ダム付近へ出る。
そして、この県道39号線から70kmにも及ぶ緑資源幹線林道 宇目・須木線 日之影・南郷区間が始まるのである。

vlcsnap-2013-08-06-19h15m03s28.jpg
さすがに、基幹林道だけあって、カーブの曲率もゆるく幅員も一部5mの区間があるものの広く走りやすい。

DSC_0004_2013080616364845a.jpg
途中の峠からは、おなじみの美しい山並みが見えるのだが、既に山深さに麻痺してしまって感動はない(^_^;)

vlcsnap-2013-08-06-19h15m52s20.jpg
諸塚に出て耳川を越えたところで幹線林道は一旦終わる。

しかしこの道、林道だけに地図ではこんな風に
IMG_0840.jpg
地図だけ見れば絶対に足を踏み入れたくないような(^^;)
しかし、基幹林道(大規模林道)は一度入ってしまえば道の規格が違うため間違いようもない。

諸塚村へ着いたところで、メインイベントの諸塚スカイラインへ続く
一回で終わらんかた... ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク
林道・農道・酷道で宮崎縦断ツーリング その2 | Home | 池の窪グリーンパーク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する