11

大分の広域農道ひと筆書きツーリング その2

7 関臼津広域農道
県道38号線、国道197号線を繋ぎ佐賀関の手前から右に入り県道715号線、関臼津広域農道へ
この農道佐賀関、臼杵、津久見から一文字ずつとったらしい。

P6080013_20130610165022.jpg
う〜ん、何というかさっきまで走ってきた広域農道がそのまま続いている感じ。
ステーキが何枚も出てきてさらにデザートもステーキという感じか?そろそろ寿司も食いたい(笑)

半島の中程をぶった切って縦断し、周回する国道217号線のバイパスにでもなるのでしょうか?
しかし、関臼津の関と臼はあったけど、津がない?

それは、前半部分の終点から10kmほど離れたところにあった。
vlcsnap-2013-06-10-16h53m20s58.jpg
県道36号線を津久見市街地から抜けたこのトンネル二本が広域農道の津久見区間らしい。

8 県南広域農道(第二期区)
関臼津広域農道の津久見区間から約4〜5kmほど国道217号線を走ると、広域農道入口。
ちょっと今までの広域農道とは雰囲気が違います。
P6080014.jpg
先の信号ではなく、手前を右折する。
P6080015.jpg
広域農道と言うより舗装林道に近い

完成した時期が相当古いのか、舗装されているだけでもありがたいという道、
舗装が剥がれかかってうねっているし、所々落石も、道幅も狭くブラインドの連続。

P6080016.jpg
景色も豊後二見ヶ浦がきれいに見える場所が何カ所かある程度。
決して走りやすいとか走って楽しい道ではない、この農道はステーキではなく寿司?

しかし、気分転換にはなりました。
県南広域農道(第二期区)の終点(佐伯市)から20kmほど海沿いを走り
さらに大分県の広域農道で最南部にある、県南広域農道(豊後くろしおライン)へ
先程の農道と同じ名前ではあるが、全く違う農道と考えた方がよい。
DSC_0030.jpg

途中にある空の展望所という大げさな名前の展望台
DSC_0029.jpg
その名前が正しいかは、この天気では判断ができない。

P6080019_20130610204816.jpg
この写真を見ると、素晴らしいシーサイドラインのように見えるが、こんな風に見えるのは2〜3km位の区間しか無いのが残念、足を延ばしてきたわりには中途半端?

県南広域農道(第二期区)は険道・酷道マニアの方以外にはお薦めできないが、豊後くろしおラインは、
佐伯のリアス式の海岸線や鶴御崎(九州最東端)を走りたいならルートに入れてもいいかも?

昼食は途中のコンビニで済ませ時間は午後1時、温度計がないので分かりませんが結構気温も上がってきてます。
ここで秘密兵器登場。
P6080018.jpg
BMW Motorradのクールダウンベスト、一回水で濡らしておくとジャケットの中に着込むと8時間程度涼しく過ごせるという優れもの。汗ばむ陽気でもありませんが試しに着てみます...
なかなかの効果ありです、詳細はいずれまた。

そして、今日の宿泊予定の玖珠に向け出発。
佐伯市街地を抜け、一旦国道10号線を南下し途中から再び広域農道。

9 豊南野津広域農道
国道10号線のJR直見駅の付近から北西に延びる広域農道だが、まだ2〜3km程度しか完成していない、
野津という名が付いてるのでこれから、臼杵市野津方面まで延伸するのだろうか?

距離が距離だけにあっという間でコメントのしようがなく写真を撮る暇もなかった、
県道35号線から53号線に抜けるふるさと農道の方がおもしろいぞ。
P6080020.jpg

風連鍾乳洞近くへ出てここからは国道10号線、国道210号線で湯布院方面へ向かいますが、さすがに幹線道路だけあって結構混み合います。
途中大南野津広域農道を使えばバイパスできる区間もあるのだが、ひと筆書きで回っている以上ルートの重複は許されないのだ!

しばらく我慢を続け由布市役所付近から庄内湯平農免道路へ

10 庄内湯平農免道路(ろっくんロード)

P6080027.jpg
P6080026.jpg
運転しながら撮った写真なので分かりづらいが、この橋の先からのUpDownが気持ちいい!

P6080028.jpg
誰が名付けたか「ろっくんロード」その名の通り心が躍ります。

そこから、湯平温泉・やまなみを抜けて飯田高原へ
やはり久住の道は別格、そして本日最後の広域農道 四季彩ロードへ

11 四季彩ロード(広域農業開発事業農業用道路)
P6080030.jpg
要するに広域農道、通常は○○地区広域農業開発事業農業用道路とか書いてあるんだけど地区名は無し。
それより四季彩ロードが一般的で農道なんて呼んでる人はいないみたい。

P6080031_20130611112307.jpg
天気が良ければ、景色も素晴らしい快走路、ただし観光道路でもあるので観光バスが結構な割合で走っていて時期や時間帯によっては交通量も多い。

本日の宿泊地は玖珠、玖珠と言えば豊後森の機関区跡、鉄の端くれとしては寄らなければならない場所です。
DSC_0031_20130611112306.jpg
なんか再開発が始まるみたい、センス良くまとまればいいのだが...

今日の宿は、玖珠でバイク乗りの間で有名な食事処「金太郎」のやっている旅館「高田屋」
P6080043_20130611112305.jpg
ここのオーナーさんがバイク乗りで、玖珠でバイク乗りの食事はここと決まっている?くらいの店

P6080035_20130611112305.jpg

高田屋はそのオーナーさんがバイク乗りのため?にやってくれている宿

単車が濡れないように屋内にバイクを入れられる。
P6080033_20130611112304.jpg
RTとYDはオーナーさんのバイク。

P6090047.jpg
YD125、黒からメタリックのパープルに塗り替え、ハンドルを交換した程度と言うことだったがビジネスバイクとは思えないほどセンス良くまとまっているのだ。(ダブルシートは標準らしい)

オーナーさんのブログ→R80RT 月曜どうでしょう

風呂は内湯もあるが、歩いて5分ほどのところにあるみしま温泉
P6080036.jpg
玖珠に温泉があるとは知らなかった。
P6080037.jpg
掛け流しの温泉は珍しくないが、加温加水なしの温泉は珍しい。

そして、食事
P6080042.jpg
満足です、これで一泊二食付き5500円は安いんじゃない?

こんな広い部屋(というか旅館に)独り占め。
P6090044.jpg

キャンプして幕営するのもいいが、たまにはこんな宿も良い!
しかもここは至れり尽くせりだ。

当日は団体さんが入っていてあまり、オーナーさんとお話もできなかったのだが満足です。
午後10時には明日に備えて就寝。

この時点で事前の天気予想が早まり明日は雨が確定!
空梅雨じゃなかったのか?

本日の走行距離653km

二日目に続く

4 Comments

あきよし  

玖珠泊まり

こんばんは。
玖珠に泊まられたんですね・・・夏場だと涼しさを体感出来たかと。
金太郎・みしま温泉と玖珠在住時は大変お世話になった処です。

2013/06/11 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   

kiyomako  

先日はありがとうございました!
あきよしさんも、ありがとうございます!
大分県内も、知ってるようで知らない道が沢山だな~
こんど農道繋いで走ってみたいと思いま~す

2013/06/12 (Wed) 02:07 | EDIT | REPLY |   

ganmodoki  

Re: 玖珠泊まり

あきよしさん

kiyomakoさんのブログを見てからいつかは行かねばと思っていましたが出かけて正解でした。
阿蘇・久住から大分全県を回るには丁度良いですね。

店や街自体の雰囲気もいいです、温泉までの道すがら、すれ違うほとんどの人からあいさつされました。
どこの馬の骨とも分からない奴に気軽に挨拶してくれてちょっとびっくりしました、良い街です。

kiyomakoさんが鹿児島に来られるときにはご一緒しましょう。

2013/06/12 (Wed) 09:50 | EDIT | REPLY |   

ganmodoki  

Re: タイトルなし

kiyomakoさん

こちらこそありがとうございました。
まだ、大分の広域農道走り残してますので寄らせてもらいます。

うっかり持ってきた部屋の鍵、そろそろ着く頃だと思います。
すいませんでしたm(_ _)m

今後ともよろしくお願いします。

2013/06/12 (Wed) 09:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment