カブ全波整流化

3月に入りそろそろ暖かくなってきました、ハンドルカバーも外してこの週末出掛ける準備をしていたのですが、
中国からのありがたい贈り物のせいで見通しが全く効きません。

鶴の北帰行を見に行く予定だったのですが、今日も朝からカブいじり。
HID化でヘッドライトの暗さは解消できたのですが、充電容量の不足は深刻です。

そこで、よくやられている単相全波整流化という方法で対策してみました。
よく、カブのDC化(直流化)と紹介されていますが、正確には直流でないので全波整流化ということになります。

その辺りは、「カブ DC化」とか「カブ 全波化」でググればいくらでも情報がでてきます。
こちらのブログに非常に詳しく紹介されています。
MOTOさんのホームページ→MOTO’s MEMOのページ

こちらのブログを見れば、改めて私が記事にするのもなんなのですが...
3速と4速のエンジンでは、多少違うようなので備忘録代わりに。


必要なものは、レギュレータも全波整流用に交換する必要があります。
ホンダジョルノのレギュレータが有名ですが、今は知れすぎてしまってオクでも結構高値で取引されています、
新品だと8000円以上することも...

私は、MOTOさんのホームページで紹介されていた中華製のレギュレータを入手しました。
全波化用のコネクタまで付いて1300円程度と格安です。
モダンワークス
P3090002_20130311114122.jpg

先ず、左のクランクケースカバーを外します。
4速車セル付きのカブだとこのクランクケースカバーにコイルが装着されています、3速車セル無しのカブだとフライホイールを外さなければなりません。
P3090007_20130311114124.jpg

左のクランクケースカバーガスケットも準備しておいた方が賢明です、私の場合12月に一度外したので再利用できたが。

P3090009_20130311114123.jpg
丸で囲った黄色のコードとエナメル線のハンダを外し、外した二本を繋ぎます。
3速車とコイルの造りがちょっと違うような...

詳細はMOTOさんのHPを参考にして

P3090010_20130311114123.jpg
コイル側の処理は終了(黄色のコードを水色のコードで延長した)

P3090011_20130311114122.jpg
レギュレータに付いていたコネクタを使ってコイルと接続するのですが、コイル側のカプラにちょっと細工が必要です。

P3090012.jpg
コイル側のカプラから白と黄色のコードを抜き取り、レギュレータに付いていたコネクタの黄色のコードに接続する。
(長さが足らないのでこれも延長する必要有り)

P3090013.jpg
もともと車体からレギュレータに来ていたカプラを、新しいレギュレータに付いていたカプラと接続します。
カプラのロックの形が違うため、カプラのロックをカットします。

そして、レギュレータに付いていたコネクタの赤いコードをウィンカーリレーの黒コードに圧着。
P3090014.jpg
二本の黄色いコードは先ほど、カプラから抜いたコイル側のコードと接続する。

その後、コイルを元通りに組み直して終了。

そして、緊張のエンジン始動...
あっけなく始動、ライトも今までできなかったHiLoの切替が可能になりました。

しかし、どういうわけかテールランプがつきません、全波化したせいか?
テールランプを点灯させるため、メーター内の茶色と黄色のコードを接続して様子を見ます。

これで、とりあえず、全波化成功!
一緒に更なる省電力化を求めて全ての電球をLEDに換えたのだが、これがうまくいかない?

まだまだ先は長い... ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
カブLED化 材料準備編 | Home | 【熊本県の広域農道】南阿蘇広域農道

コメント

HIDを使うにはかなり本格的な改造が必要なんですね。電装系のカスタムはやったことがないので、興味津々です。
ACジェネレーターに手を入れるとは、引き返せないところまで踏み込んだようなw

2013/03/11 (Mon) 19:00 | ぷんと #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぷんとさん

本当は、やるつもりはなかったんですけど、HID使うためにしょうがなく手を付けてしまいました。
まあ、このあたりのハードルの低さはさすがにカブというところです。

情報も探せばいくらでもあって不自由しませんし...
ただ、そのハードルが延々と続くような気がしてきた(^_^;)

2013/03/12 (Tue) 08:38 | ganmodoki #- | URL | 編集

もう何がなにやら理解不能ですが、凄い事をされてるのはわかります。

沼ってますね~( ^ω^ )

2013/03/12 (Tue) 11:43 | ぐぅだら #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぐぅだらさん

いや~全然たいしたことはしてないんです。
今回の作業もネットの情報を見て、見よう見まねでやっただけですから、
ハンダ付けとコードのギボシ加工さえできれば案外、簡単です。

本当に凄いのはこのような方法を最初に考えついた人でしょうか?
それとユーザーのいろんな要求に応えてくれるカブという存在も。

2013/03/12 (Tue) 15:02 | ganmodoki #- | URL | 編集

ひとつ、お尋ねしたいのですが、ジェネレーターを外すときステップとチェンジレバーは外さないと取れませんかね?

2015/10/12 (Mon) 18:16 | かーる #.usTzc9U | URL | 編集
Re: タイトルなし

かーるさん

ブログ訪問そしてコメントありがとうございます。

ジェネレータを外すだけなら、チェンジレバーだけ外せば大丈夫です。
ステップはそのままでOkです。

これからもよろしくお願いします。

2015/10/13 (Tue) 14:43 | ganmodoki #- | URL | 編集

返信ありがとうございます。

ガスケットの方をどうにか調達して開けてみようかなと思います。

自分も、宮崎の方に住んでいるので、もしかしたらお目にかかることがあるかもしれませんね笑

てげてげという単語にピンときてなんか親近感をわきました。

2015/10/13 (Tue) 15:52 | かーる #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

かーるさん

全波化で一番大変だったのは古いガスケットを取り除く作業でした。
あとはそれほどハードルは高くないのでトライしてみてください。

カブでもいろいろと出かけているので見かけたら声かけてください。

2015/10/14 (Wed) 18:39 | ganmodoki #- | URL | 編集

夕方に帰宅したらレギュレーターが届いたので先ほど完成いたしました。うちのリトルカブはステップ外さないとチェンジレバーが取れなくて、ステップを止めているボルトの1本がクランクケースを突き破ってしまってるので同時にオイル交換となったので倍疲れました。コイルを止めているボルトが固くて取れなかったのでケースにいれたままハンダ付けしたら余計に時間かかりましたね(笑)とりあえず仮付して試走したらとりあえずは成功しているようでした。しかしチェンジレバーの角度をミスってシフトダウンしにくくなり、また外さないと行けないみたいです(泣)あとどこかボルトが余ってしまったかもしれないのでそれも探さなければなりません。とりあえずこのサイトがあってできたのでとても感謝です。一段落したら霧島温泉にでもツーリング行ってきます(笑)

2015/10/21 (Wed) 22:45 | かーる #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

かーるさん

改造成功おめでとうございます。
かーるさんのカブの年式は分かりませんが、年式のいったバイクはボルトが外れないこと良くありますね?
私も何度か経験あります(^_^;)

私の記事が少しでもお役に立てて幸いでした。
これからもよろしくお願いします。

どこかで見かけたら声かけて下さい。

2015/10/22 (Thu) 15:01 | ganmodoki #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する