fc2ブログ
    17

    DRIFT HD GHOST 画像比較 vs DRIFT HD

    先日購入したDRIFT HD GHOST 双方向リモコンやWi-Fi対応、本体のみでの3m防水など新機能満載なのだが
    果たして、その画像はどうか?

    車検のためディーラに出す前に、ちょっと撮影してみました。

    期待の双方向リモコンの使い勝手ですが、スイッチ自体は非常に使いやすい!
    カラーLEDで今どの撮影モードにあるのか一目瞭然、ただまだ慣れていないせいもあり、
    走りながらだとアクションボタンとストップボタンを押し間違えてしまうことが何度かあり、
    慌ててしまうことが....まあもう少し慣れれば大丈夫でしょう。

    さて、その画像ですが、撮影日時は異なるものの、同じ広域農道を同じような天気の時撮影し比較してみました。
    ↓比較動画(左が旧モデルのDRIFT HD、右がDRIFT HD GHOSTです)


    どこでも一時停止にしてみてれば、一目瞭然細かい部分の映り込みが全然違います。
    また、旧モデルの泣き所の全体的に赤みがかった色合いも修正され自然な色合いになっています。
    比較2

    本当ならGoProのようにホワイトバランスを変更できれば良いんですが、そこまではできません。

    比較動画では、DRIFT HD GHOSTの方がブレ補正が効いていないように見えますが、
    それは、ウィンドスクリーンをアドベ用に変更したため、カメラのマウントアームを1.75インチから3インチのものに変えざるを得なくなり、その分振幅が大きくなり、ブレが酷くなったものと思われます。
    IMGP1638.jpg
    RAM マウント1.75インチアーム

    P1120010.jpg
    RAM マウント3インチアーム

    P1120011.jpg
    レンズが回転するので、シールド越しに撮影したり、車載するときの自由度が大きく気に入っていたのですが
    カメラのマウントももう少し検討する必要がありそうです。

    時間があったので、連写モードで桜島の噴火を撮影してみました。
    P1120014.jpg

    インターバル撮影で長時間連続撮影をして、動画に仕上げてみようと思ったのです....が
    ↓インターバル撮影から作成した動画(5秒間隔で約30分程度撮影し、それを26秒に縮めて表示)

    途中から霞がかかったようにぼやけています。

    本体が非常に熱を持っています、レンズを見てみると内部の水分が熱でレンズに結露!
    P1120018.jpg

    液晶も同様です。
    P1120013.jpg

    この現象、どこかで見たことが....→Bullet HDの過去記事
    本体のみで3m防水となっていますが、水に浸かるのはちょっと不安が...

    この連続撮影モード、結構カメラ自体に負担をかけるらしくあまり長時間連続撮影をするのは
    やめておいた方が良さそうです。

    動画モードでは3時間ほど連続撮影しても問題なかったし、あまり使わないモードなのでこんなもんかと思うしかないです。

    結露が酷くなりそうなら、早めに修理もしくは交換依頼するつもり。
    正規品だとこれができるから良い!

    少しは不満もありますが、結構良さそうな感じです。
    もう少し使い込んでみなければ....しかしツーリングシーズンはもう少し先

    0 Comments

    Leave a comment