fc2ブログ
    29

    Rollei BULLET HD その後 v.s. Drift HD

    6月にRollei BULLET HDという車載カメラを購入→過去記事

    その後、このブログにRollei BULLET HDとかの検索キーワードで訪れてくれるかたもちらほらいらっしゃいます。
    そんな方々にその後のレビューを。

    まあ正式に日本で発売されている製品でも無し、購入を検討されている方も少ないとはおもいますが、

    先ず結論!
    Rollei BULLET HDは未完成の不良品である購入すべきではない!

    その理由

    1 防水という触れ込みで、防水用のOリングやらシリコンやらが同梱されているのだがこの防水が今ひとつ。
      一回雨中や川の中で使用したのだが、それ以来、録画を始めて20分程度で、中の水分が気化レンズに付着し、
      曇ってまともに撮影できなくなる。
    IMGP1609.jpg普通の状態
    IMGP1607.jpg

    録画20分後

    2 スペックでは2時間の録画が可能とあるが、実際の撮影可能時間は
      バッテリーがフル充電の状態で動画撮影を始めて、約40分で勝手に録画状態が切れる。
      続けて再録画した場合、約30分でまた勝手に録画状態が切れる、その後は5分程度しか録画できず、 
      結局、バッテリー1本で1時間程度しかもたない。
      また、USBから給電しながらの録画も不可。

    3 バッテリーを装着したときのバッテリーとケースの遊びが大きく、振動で勝手に電源がOFFになることがある。
      その時にはそれまで録画した画像は消える。
      しかも、SDカードをPCに繋いでファイルの内容を見るまで分からない、その場で分かればなんとか
      対処の方法もあるものの、帰宅してからではショックを受けるだけ。
      2のバッテリーの駆動時間もそうだけど、これなんか製品の設計の時点でアウトでしょ!

    4 手ぶれ補正はあるのだが、これが使い物にならないくらいひどい。
      後半の比較動画参照

    5 2~3分で勝手に主電源がOffになるので、撮影開始と思ってリモコンボタンを押しても空振りということも
      バッテリーの消耗を押さえるためでしょうけど

    6 操作はボタン一つなのだが、その操作のフィードバックが分かりづらいため、走行中など電源が入ったのか?
      録画状態に入ったのか?分からないことも多々。

    7 特定の条件下での画質は良いと思うが、それ以外では×
     具体的に言うと、晴天しかもあまり雲のない状態でなおかつ振動が少ない状態ならDrift HDより
     自然な色合いが出ていると思う。(バイクに車載する場合、振動で見づらくなるので減点)
     そして光量が足らない状態や明るい場所と暗い場所が交互にある場面だとイマイチ。

    後、もう少しあるけどこれくらいにしといたる!
    結局良いところほとんど無い。

    あえて良いところ探すと、メタル製で格好がいい、コンパクトで車載する場合の自由度が大きい、
    くらいか?

    IMGP1636.jpg
    IMGP1634.jpg
    RAMマウントで装着するとシールドを外して撮影できるので、シールドの映り込みも無くなる。

    しかしDrift HDでもレンズを回して撮影角度を変えられるので同じように装着できる。
    IMGP1630.jpg

    Drift HDは給電しながらの録画が可能、外部マイク入力端子も使用可能
    IMGP1639.jpg
    コードの取り回しがみっともないが

    リモコンはBulleteもDriftもクラッチのタンクに巻き付けて装着すれば操作性良し。
    IMGP1642.jpg
    これはDrift HD用

    ということで、Bullet HD 2ヶ月の使用で早くも見限りDrift HDに乗り換えることにしました。
    今後Bulletはバイクで使用するときは、動画でなく車載の静止画用カメラとして使用。
    動画で使用する場合は、録画時の本体からの熱で曇りが生じるため、熱で曇りがでないくらいの録画時間で使用する(10分程度)ことになりそうです.....こんな不良品オクにも出せないしお蔵入りする予感が

    DSC01415.jpg
    レンズカバーを外せば曇りの問題は解決するが、部品むき出しで雨が降れば一発、格好の良さも台無し。

    比較の動画を作成してみました、購入を検討されている方はどうぞ


    前半はBulletとDriftを並べて、後半はそれぞれ別々に編集してあります。
    並べてあると一見Bulletの方が良さそうですが、単独で見てみるとぶれ補正がDriftより効いていないことが分かります。

    この日のような晴天のあまり変化のない状態では、Bulletの方が自然に近い色を出していると思います、Driftはちょっと黄色が強い感じ。 しかし、Driftの場合露光の調整ができるので一概に悪いとは言えないかも?

    画角はBullet、Drift共に170°のはずだが、Driftの方が広く映っているような?

    Driftの場合、無限遠でのピントがいまいちというレビューもあったのだが、
    バイクへの車載であれば、多少振動が入るのは避けられないし、ピントが甘いのはあまり気にならない。

    音声は、Bulletの場合、後部のカバー閉めるとマイクが塞がれるせいか今ひとつ、
    Drift HDも内蔵マイクは似たようなものだが、外部マイクが使えるのはGood、ただ外部マイク使用時には
    位置によっては風切り音がひどいので、取り付ける位置に気をつける必要がありそう。

    これが国内に代理店でもあって正規品ならクレームで返品もきくのだろうが、個人輸入じゃ泣き寝入りか?
    ということで見事に人柱に!
    最初からDrift HDにしとけば良かった(泣)

    0 Comments

    Leave a comment