Wunderlichタンクバッグ

今まで使用していたタンクバッグは、近くの2りん館で吸盤タイプの物を実際何種類か装着して、
装着が可能だった唯一のバッグ。
IMGP1276.jpg
容量はそこそこ、A4のツーリングマップルも入り、価格もそれなりで、それなりに満足していたのですが、
さすがに、価格がそれなりだと、吸盤が一年しないうちに機能しなくなって買い換える事に。
桜島が毎日のように灰を降らせるものだから、吸盤もすぐにだめになってしまうのかも?

検討したのはGSの専用タンクバッグですが、
R1200GS_tankbag_sierra_bmw[1]
なんか、地図が見にくそう。っていうかその前に価格でアウトです、海外から取っても諭吉さん3人では足りそうにありません。

そこで、ウィンカーキャンセラを注文する際、キャンセラだけでは、送料もったいないし、
一緒にNippyから注文することにしました。→Nipppy

注文したのは、Wunderlichのタンクバッグ価格が£136.67、送料がキャンセラと合わせて£20ですから、相殺してだいたい£150、日本円で19000円程度です。

形は、丸みを帯びており、一般的なタンクバッグとはちょっと趣が違います。
IMG_0508.jpg
カタログ
カタログから

結構いろんな機能を持ってますが、購入を決めた一番の理由は、Waterproofであること。
今まで、多少の雨では、タンクバッグの中まで水が入った経験はありませんが、カメラや、モバイルPCなどを入れておく場合、防水に越したことはありません。
防水カバーがあってもそのうち使わなくなって、紛失するのがいつものことですから。

IMGP1262.jpg
IMGP1263.jpg
Waterproofを謳っているだけあって、ファスナーは全て防水タイプです。
浸水するとすればほとんどがファスナーからでしょうから、これだけでも安心です。

IMG_0500.jpg
縫い目の防水加工については不明?

Map.jpg
マップケースのファスナーまで防水、しかしカタログよりマップケースが大きい。
マップケースのみでも取り付けられるのは○

丸形なので、容量はあまり期待できないと思っていた割には、通常で15リッター、広げれば25リッターまで広げられるため、結構入りそうです。容量的には十分。
IMGP1269.jpg
ただ広げると、あまり見た目が悪く、使うとしても緊急用でしょうか?

IMGP1270.jpg
テンションコードで押えられる、結構考えてはあります。

丸い形状を活かして、予備のヘルメットシールドを納めるスペースもあります、私は使いませんが、スモークとクリアを使い分ける場合には重宝しそうです。
スクリーン2

スマートフォンの収納スペースもあり、ケーブルの出し入れも可能です、ここが防水なのは良いかもしれない。
IMGP1267.jpg

後部のポケットは、容量が少なくファスナーが防水のため逆に使いづらい。
IMGP1266.jpg

IMG_0502.jpg
裏蓋にもしっかり収納スペースが確保。

↓続きはこちら
バッグの底面は、通常のナイロンではなく、摩擦係数の高そうな素材(ビニール?)でできており、タンクに置くと、しっとりと粘着するような感じでずれにくい。
IMGP1259.jpg

タンクへの装着は、前後ともベルトで固定するタイプで、吸盤は使用しません。
結構きつく固定でき、高速でもずれることはありませんでした。
IMGP1257.jpg
IMGP1256.jpg
IMGP1261.jpg
IMGP1260.jpg

給油も後ろのストラップを外して、前へ跳ね上げればOK。
IMGP1258.jpg

バッグ本体は、結構硬くこしがあるため、バイクの取り回しの際、ハンドルを大きく左に切るとホーンボタンにバッグが当たり、ホーンを鳴らしてしまいます。
IMGP1438.jpg

そのためか、ホーンガードが付属していて、これをハンドルに装着すれば、ハンドルを左に切ってもホーンが鳴ることはありません。
ホーンガード2

その他、タンクの傷を防止するためでしょうか?タンクに張るテープも同梱されていました、まあこんなテープを張る人はいないでしょうが。
IMGP1271.jpg
Wunderlichならでは細部に気が配られています。

使ってみて、あまり、不自由は感じないのですが、唯一不満なのは、マップケース。
丸いバッグの上に不格好に四角いマップケースがのっかている、見た目は余りよくありません。
IMGP1264.jpg
防水なのは良いのですが、ちょっと大きすぎ、A4サイズくらいで丁度良い。
欧米では地図のサイズはこれくらいなのでしょうけど?

IMGP1265.jpg
このマップケースも、前をベルクロ、後ろをストラップで固定してあるだけなので、
余裕があれば、走行中でも地図を裏返せるのは良いかもしれません。

購入して、何度か使用しましたが、マップケースのサイズ以外では満足してます。
形状が変わっているため、好き嫌いがありそうですが、良い製品だと思います。
防水でこの価格なら結構いいかもしれない。

....ちょっと時間を遡って、このバッグを注文して二三日してから、がりれおさんのHPでこんな記事を発見
TANAX ラリータンクバッグインプレッション
mfk-180[1]

結構良さげでお値段も13000円程度、その後、ツーリングでご一緒したときに実物を見ましたが、これもいい!
ちょっと後悔してしまった.......

おまけに、商品が届いたころにWunderlichのHPを見てみると、新型に替わっている.........(泣)
BagNew2.jpg
BagNew1.jpg
マップケースだけは新型のやつ(大きいサイズ)が付属していた(古いタイプで良かったのに)

つくづくタイミングの悪い奴です(^_^;)
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク
Upper 川辺ラフティングツアー | Home | B+COM Bluetooth デュアル・オーディオ・トランスミッター

コメント

防水のタンクバッグはかねがね探していました。国内で売ってるのはカバーをかけてしのぐ方式ばかりなので、いやでした。カバーって欠けるときに時間がかかるし、風ですっとぶし…
このバッグはかなりよさそうですね。

私の個人的な体験では、防水ファスナーはちょっとの雨なら大丈夫ですが、ドバーッと降るような雨だとしみてきます。とくに、開閉の持ち手のところがしみやすいので要注意だと思います。

2012/06/24 (Sun) 19:24 | ぷんと #UXr/yv2Y | URL | 編集
Re: タイトルなし

国産でも防水のタイプがあるにはあるんですが、GSのタンクに装着できるものは少ないですよね?
そういう意味では、まあまあ満足してます。
大きめのマップケースを除いては(笑)形状も好き嫌いが別れそうですが?

ファスナーの持ち手の所ですね、大雨の時には持ち手を前に移動させるようにします。

2012/06/25 (Mon) 10:03 | ganmodoki #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する