緑資源幹線林道宇目小国線リベンジ キャンツー その2

今回の幕営地は、久住連山の南側にある久住高原沢水キャンプ場→http://www.kuju-soumicamp.natsu.gs/
HPを見ると結構景色が良さそうなので、ここにしてみました。

P7260166_20140730140117a22.jpg
芝生の広々とした雰囲気満点のフリーサイト...
なのだが、雰囲気の良いところまではバイクや車では入れず、荷物を運ばなければなりません。

P7260167.jpg
雰囲気より利便性ということで、駐車場のすぐ上にテントを張ったのだが、回りにだんだんとテントが増えてきて夜は少しうるさかったw
少し辛抱して上まで荷物を運べば良かった(^_^;)

区分けされたオートサイトはこちら
P7260171.jpg
バイクでも3000円ということでパス、持ち込みサイトは1500円

難点はトイレと水場が遠い、景色の良いところだと尚更遠い。
通年営業では無いが、開いている期間は管理人が常駐していて、結構親切だった。
夜11時を過ぎて騒いでいるグループに注意していたのもGJ

風呂やシャワーは無いが、近くの国民宿舎の温泉が割引で入れる。
P7260172.jpg
久住高原荘、キャンプ場から車で5分くらい

P7260173.jpg
温泉は循環で可も無し不可も無し、まあ300円なら文句も言えまい。

P7260175.jpg
風呂から帰ると早速、こいつを開けて焚き火を開始。

P7260177.jpg
ここで買った薪は350円で結構量が多く頑張らねば燃やし尽くせない。

P7260186.jpg
およそ4時間 薪を燃やすことに専念する。
ひたすら燃やす、ただただ火を見つめ取り憑かれたように薪をくべる。

他のことは全く考えない4時間なんてなかなか味わえない。
暖をとるでも無く煮炊きをする訳でも無い、エコじゃ無いのは十分承知しているのだが止められない。

薪も無くなり、ふと我に返って上を見上げるとそこには
DSC_0047.jpg
満点の星!天の川なんて見るのはいつ以来だろうか?

翌朝、久住連山に雲がかかってこちらに下りて来ている様子
事前の天気予報では二日とも晴れの予報だったのだが...

さっさと撤収して逃げるようにキャンプ場を後にします。
P7270187.jpg

途中何度がふられたものの
P7270188.jpg
何とか阿蘇白水の木造ローソンまでは雨具なしで到着、なんとか持ちそうな感じが..

甘かった(^_^;)
P7270189.jpg
南阿蘇グリーンロードを上がる頃には、雨が降り出し頂上付近は10m先も見えないほどの霧。

P7270190.jpg
なんとか熊本側の展望所まで降りたところで雨宿り。

ここで30分ほどして雨が小降りになった所で出発、吉無田高原、マミコウロードを経て松橋から高速に。
加久藤トンネルを越えるとそこはさっきの雨が嘘みたいな天気

P7270191.jpg
甘い物は苦手なのだが、今日はこいつがうまい。

P7270194.jpg
暑いのでいつもより多く休憩を取りながら帰宅。

一日目およそ450km、2日目およそ270km
2日目がちょっと物足りなかったが十分満足

より大きな地図で 幹線林道宇目小国線リベンジ を表示

ということでお終い。 ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク