ENDURO クラッチレリーズ交換 他

ムルティのクラッチは、極々普通の重さ、決して軽い訳では無いが重い訳でもない...
しかしこれから私の筋力が弱くなることはあっても強くなることは先ずない(^_^;)

そんなことを考えて、ディーラーの社長に相談するとクラッチレリーズを交換するとクラッチが軽くなりますよ~とのアドバイス。

先日パーツが届いたとの連絡があったので、交換をお願いしました。IMG_0128_2.jpg
クラッチレリーズはいくつかのメーカーから販売されているらしいが、今回取り付けるのは店長お薦めのこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AELLA アエラ クラッチレリーズEVO カラー:レッド 汎用 01-
価格:30240円(税込、送料無料) (2017/6/19時点)


28Φだとあまり軽くなった気がしないそうなので30Φを注文。

IMG_0130_2.jpg
交換自体は丁寧にやれば自分でもできそうだが...
IMG_0131_2.jpg
自分でやればこのエア抜きが大変なので丸投げです、そして待つことしばし。

IMG_3551.jpg
完成、クラッチを握ると確かに軽くなっています、感覚としては今までの6~7割くらいの軽さになっっている。
その代わりに少しストロークが長くなったのはしょうが無い。
しかしこれでロングツーリングでの左手の負担は確実に軽くなった(^_^)v

ついでなので、一緒にチェーン調整もやってもらいました。
IMG_0133_2.jpg
旧ムルティのアクスルシャフトに比べれば小さいものの、それでも36mmのナットは大きい。
片持ちの旧ムルティの時はアクスルシャフトを緩めなくてもチェーンの調整が出来たのだが、両持ちのENDUROは毎回こいつを緩めなければならないw。

毎回チェーンの調整をディーラーにお願いするのもなんなので買いました。

41SMOeytvpL[1]
コーケン 1/2(12.7mm)SQ. ドゥカティ用リヤホイールナットソケット 36mm 12角 4405M-36DU
舐めずにちゃんと緩んでくれるでしょうか?(^_^;)

そして帰宅後、初めてENDUROのオイルを自分交換します。

旧ムルティの場合、スキッドプレートを外すためにメインスタンドを外さないといけないというとんでもない構造だったのだが、幸いENDUROの場合はそのようなアホらしこともありません。
過去記事→【ムルティのオイル交換はとっても簡単?】

ただその時編み出したスリーブオイル交換法↓これ
IMGP0358[1]
これは、プレートのドレンの穴が丸くないので使えないw
IMG_3546.jpg
結構ドレンの穴が大きいため、そのままでもオイルは抜けるような気がするが、風が強かったのでおとなしくスキッドプレートを外してオイル交換。
IMG_3547.jpg
ボルトは左右に3カ所ずつと真下に1カ所の計7本。
IMG_3549.jpg
あっけなく外れます、メインスタンドを外すのに比べれば...

IMG_3550.jpg
オイル受けがメインスタンドに当たってオイルを受けづらいものの、まあ許容範囲。
この程度の程度の手間なら全く問題なし!

ということでメンテナンス終了(というほどもものでもないが...)

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

パニアケース修復

先日の立ちゴケでは、バイク本体には全くと言って良いほど損傷はありませんでした...

P5270049.jpg

しかし、そのダメージを一身に受けたのがパニアケース。
IMG_0102_2.jpg

IMG_0099_2.jpg

裏側が1cmほど凹んでます、このままでも使えないことはないのだが、装着と取り外しに引っかかりが出てきたので、修正することに...

ブラケット類を取り外し、凹んだところをプラスチックハンマーでたたき出す。
IMG_0104_2.jpg
最初は木の板を当てて叩いていたのだが、なかなか思うところに力が入らないので、ハンマーでそのままガンガン!

IMG_0105_.jpg
角の丸い部分はめん棒を当ててガンガン!

IMG_0121_2.jpg
ハンマー痕は残ったもののなんとか形にはなったようです。

IMG_0126_2.jpg
装着も元通りスムーズに。
表側は、ほぼ無傷なので見た目はほとんど変わらない。

IMG_3522.jpg
ただ、蓋がきちんと閉まらないのはご愛敬!
水が入らなきゃ良いけど(^_^;)

しかし、再び立ちゴケしてもおそらく同じような結果になりそうである(>_<)
なにか補強を考えなければならない。

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

MULTISTRADA LINK

Multistradaには車体にBluetoothを搭載していろいろなBlutoothデバイスを車体とリンクできます。

IMG_3117.jpg
接続できるBlutoothデバイスは、スマホ、ナビ、インカム二台、接続するとメーター上のアイコンがブルーに変わるので接続が途切れていないか目視で確認できるのが便利です。

車体をBlutoothのHubとすることでデバイスを集中管理できます、インカムのチャンネルも空くので併用すれば、インカム中心の運用より多くのBlutoothデバイスで利用できそうです。
まあ私が使うのはスマホ、レーダー、インカム1~2台くらいなのであえてこの機能を使うほどでも無いのですが...

車体とスマホを接続することによっておもしろい機能が使えるようになります、Multistrada LinkといってGPSログを録ったり、車速、バンク角等の走行データのログを録ることができます。
せっかくある機能なので一回試しに使ってみました。

先ず、DUCATIのMultistrada Linkのページからアプリをダウンロードしてインストールします。→https://itunes.apple.com/jp/app/ducati-multistrada-link/id1012290071?mt=8
最初に個人データや車体番号などを登録して設定が完了するとアプリと車体がリンクされます。

05_20170412154617420.jpg
(この画像はリンクが切れている状態)
何故か車種がENDUROではなく1200Sになっている。
Home画面では過去に録ったログのサマリーデータが表示されています。
下部のStartボタンをタップしてログ収集が始まります。
走行中のスナップショットは撮り忘れましたが、常に現在の車速、バンク角、パワー、回転数などが表示されているのですが、運転中なのでそれほと目を向けられないのが難点。
バイクを降りてログを終了し保存すると、メイン画面から録ったログを確認できます。
08_20170412155929350.jpg
画面の丸いアイコンをタップするとログの一覧が表示されます。

09_2017041215593049c.jpg
目的のログをタップするとそのログのサマリー表示、右にフリックして各種データの表示。
10_20170412155932a10.jpg
バンク角や車速のグラフをタップすると、最大バンク角や最高車速を記録した場所が分かります。
11_20170412155933db8.jpg
慣らし中にも係わらず7000以上も回しているw

とまあできることはこれくらい、これすごいと思うか?なんだこんなもんか?と思うかは人それぞれ(^_^;)
個人的には、まあ使わんでも良いかなと...
任意の地点でのバンク角や車速を表示できずMAXデータの地点しか地図上に表示されないのが一番の難点、アプリがUpdateされてもう少し機能と使い勝手が良くなれば面白いと思います。

収集したログデータは公開する事ができ誰でも見ることが可能です。
http://www.ducati.com/dml/discover.do
このページから例えばKagoshimaで検索してみると。
02_201704121626151d6.jpg
私が公開したログは「鹿児島北部快走ルート」というやつ。
何故快走ルートかというと...そこは忖度して下さいm(_ _)m
03_20170412162617093.jpg
公開したデータから見られるのは、ルートデータと
04_2017041216261800f.jpg
経過時間、距離、高度のみ。
途中で写真でも撮ればそれも公開することは可能だが、この程度のデータを公開したところで誰が見てくれるんでしょ?
GPXファイルやKMLファイルでルートデータをエクスポートでもできればデータの使い回しでもできるんだが、それも無理w
アプリと同様にもう少し機能が加わってくれれば使い勝手も良くなろうかというもの。

ということでまあ自分ではしばらくは使わない機能かな?
だったら記事にするなって話だが...

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ENDURO フルパニア装着

ENDUROが納車されてしばらく経ちますがなかなか距離が伸びません、日曜日は少し遠出をする予定だったのだが、ディラーからパニアケースが届いたとの知らせがあり、ディラーにバイクを持ち込みました。

届いたパーツは両サイドケースとグリップヒーター、グリップヒーターが無いのが距離が今ひとつ伸びない理由の一つでもある(^_^;)

IMG_3137.jpg
フレームだけでも結構重く、総重量は増すばかりw
IMG_3138.jpg
装着終了、大きな車体が益々大きく見えます。
ちゃんと運転できるが心配ですw

その後 近場を少し回って帰宅、ケースが空だったのもあってか、それほど取り回しに差が出るような感じもありません、街中でのすり抜けに少し気を使うくらいです。
IMG_3141.jpg
写真ではケース幅がハンドル幅より狭く見えますが、実際はほぼ同じくらいの幅。

kumi02.jpg
(旧ムルティの写真はバージンドカティより拝借)
旧ムルティの時はどう見てもハンドル幅よりパニアの幅の方が広い、これに比べればなんと言うことはない...

容量で比べると旧ムルティが左右計73L トップ48Lの合計121L、ENDUROが左右計85L トップ38Lの123Lでほぼ同等、しかし旧ムルティのケースは形が立方体では無いので荷物を詰めるとどこかしらデッドスペースができて荷物も詰めづらい、使い勝手で言うと立方体のケースの方が絶対に良い。

ということで遠出の準備はほぼ終了、後は気分と天気次第!

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ナックルガード・ガードバー装着

ムルティは前のモデルからナックルガードにウィンカーが埋め込まれています。
見た目は悪くはありませんがコケたときのダメージは大きい!
さらにブレーキやクラッチのマスターシリンダーまでこのガードに装着されているので最悪の場合、運転できなくなる可能性も否定できませんw
P3010012.jpg
↑旧ムルティ
旧型はまだなんとかこれをガードするパーツも販売されていて、装着していました。
P3010019_20140303143429ab9.jpg
Barkbustersというメーカーのガードで立ちごけ程度ならほぼダメージはありません。
三度ほど経験あり(^_^)v
Barkbusters BLG13

しかしながらムルティ(2015-)にはナックルガードの形状が変わって装着できません。
IMGP0268_2017020615413367d.jpg
グリップエンドからガードまで繋がってさらに大きくなっているw
ただ実際にBarkbustersのガードを合わせてみると後数cm長ければなんとかなりそう。

Barkbustersからは今のところ新型用のガードは発売されていないようなので、汎用品で利用できないか探してみたところこれならなんとかなりそうな感じ。

値段も驚くほど高いものでは無いので取り寄せてみました。
IMG_2988.jpg
IMG_2989.jpg
Barkbustersのガードと比較してみます。
IMG_2991.jpg
これ単体ではダメでした(>_<)
上がBarkbustersのガード、下が今回取り寄せたガード、バーのカーブの部分が小さくてナックルガードに当たってしまいます、でもまあこれはこれで想定内。

↓追記へ続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク