MULTISTRADA LINK

Multistradaには車体にBluetoothを搭載していろいろなBlutoothデバイスを車体とリンクできます。

IMG_3117.jpg
接続できるBlutoothデバイスは、スマホ、ナビ、インカム二台、接続するとメーター上のアイコンがブルーに変わるので接続が途切れていないか目視で確認できるのが便利です。

車体をBlutoothのHubとすることでデバイスを集中管理できます、インカムのチャンネルも空くので併用すれば、インカム中心の運用より多くのBlutoothデバイスで利用できそうです。
まあ私が使うのはスマホ、レーダー、インカム1~2台くらいなのであえてこの機能を使うほどでも無いのですが...

車体とスマホを接続することによっておもしろい機能が使えるようになります、Multistrada LinkといってGPSログを録ったり、車速、バンク角等の走行データのログを録ることができます。
せっかくある機能なので一回試しに使ってみました。

先ず、DUCATIのMultistrada Linkのページからアプリをダウンロードしてインストールします。→https://itunes.apple.com/jp/app/ducati-multistrada-link/id1012290071?mt=8
最初に個人データや車体番号などを登録して設定が完了するとアプリと車体がリンクされます。

05_20170412154617420.jpg
(この画像はリンクが切れている状態)
何故か車種がENDUROではなく1200Sになっている。
Home画面では過去に録ったログのサマリーデータが表示されています。
下部のStartボタンをタップしてログ収集が始まります。
走行中のスナップショットは撮り忘れましたが、常に現在の車速、バンク角、パワー、回転数などが表示されているのですが、運転中なのでそれほと目を向けられないのが難点。
バイクを降りてログを終了し保存すると、メイン画面から録ったログを確認できます。
08_20170412155929350.jpg
画面の丸いアイコンをタップするとログの一覧が表示されます。

09_2017041215593049c.jpg
目的のログをタップするとそのログのサマリー表示、右にフリックして各種データの表示。
10_20170412155932a10.jpg
バンク角や車速のグラフをタップすると、最大バンク角や最高車速を記録した場所が分かります。
11_20170412155933db8.jpg
慣らし中にも係わらず7000以上も回しているw

とまあできることはこれくらい、これすごいと思うか?なんだこんなもんか?と思うかは人それぞれ(^_^;)
個人的には、まあ使わんでも良いかなと...
任意の地点でのバンク角や車速を表示できずMAXデータの地点しか地図上に表示されないのが一番の難点、アプリがUpdateされてもう少し機能と使い勝手が良くなれば面白いと思います。

収集したログデータは公開する事ができ誰でも見ることが可能です。
http://www.ducati.com/dml/discover.do
このページから例えばKagoshimaで検索してみると。
02_201704121626151d6.jpg
私が公開したログは「鹿児島北部快走ルート」というやつ。
何故快走ルートかというと...そこは忖度して下さいm(_ _)m
03_20170412162617093.jpg
公開したデータから見られるのは、ルートデータと
04_2017041216261800f.jpg
経過時間、距離、高度のみ。
途中で写真でも撮ればそれも公開することは可能だが、この程度のデータを公開したところで誰が見てくれるんでしょ?
GPXファイルやKMLファイルでルートデータをエクスポートでもできればデータの使い回しでもできるんだが、それも無理w
アプリと同様にもう少し機能が加わってくれれば使い勝手も良くなろうかというもの。

ということでまあ自分ではしばらくは使わない機能かな?
だったら記事にするなって話だが...

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ENDURO フルパニア装着

ENDUROが納車されてしばらく経ちますがなかなか距離が伸びません、日曜日は少し遠出をする予定だったのだが、ディラーからパニアケースが届いたとの知らせがあり、ディラーにバイクを持ち込みました。

届いたパーツは両サイドケースとグリップヒーター、グリップヒーターが無いのが距離が今ひとつ伸びない理由の一つでもある(^_^;)

IMG_3137.jpg
フレームだけでも結構重く、総重量は増すばかりw
IMG_3138.jpg
装着終了、大きな車体が益々大きく見えます。
ちゃんと運転できるが心配ですw

その後 近場を少し回って帰宅、ケースが空だったのもあってか、それほど取り回しに差が出るような感じもありません、街中でのすり抜けに少し気を使うくらいです。
IMG_3141.jpg
写真ではケース幅がハンドル幅より狭く見えますが、実際はほぼ同じくらいの幅。

kumi02.jpg
(旧ムルティの写真はバージンドカティより拝借)
旧ムルティの時はどう見てもハンドル幅よりパニアの幅の方が広い、これに比べればなんと言うことはない...

容量で比べると旧ムルティが左右計73L トップ48Lの合計121L、ENDUROが左右計85L トップ38Lの123Lでほぼ同等、しかし旧ムルティのケースは形が立方体では無いので荷物を詰めるとどこかしらデッドスペースができて荷物も詰めづらい、使い勝手で言うと立方体のケースの方が絶対に良い。

ということで遠出の準備はほぼ終了、後は気分と天気次第!

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ナックルガード・ガードバー装着

ムルティは前のモデルからナックルガードにウィンカーが埋め込まれています。
見た目は悪くはありませんがコケたときのダメージは大きい!
さらにブレーキやクラッチのマスターシリンダーまでこのガードに装着されているので最悪の場合、運転できなくなる可能性も否定できませんw
P3010012.jpg
↑旧ムルティ
旧型はまだなんとかこれをガードするパーツも販売されていて、装着していました。
P3010019_20140303143429ab9.jpg
Barkbustersというメーカーのガードで立ちごけ程度ならほぼダメージはありません。
三度ほど経験あり(^_^)v
Barkbusters BLG13

しかしながらムルティ(2015-)にはナックルガードの形状が変わって装着できません。
IMGP0268_2017020615413367d.jpg
グリップエンドからガードまで繋がってさらに大きくなっているw
ただ実際にBarkbustersのガードを合わせてみると後数cm長ければなんとかなりそう。

Barkbustersからは今のところ新型用のガードは発売されていないようなので、汎用品で利用できないか探してみたところこれならなんとかなりそうな感じ。

値段も驚くほど高いものでは無いので取り寄せてみました。
IMG_2988.jpg
IMG_2989.jpg
Barkbustersのガードと比較してみます。
IMG_2991.jpg
これ単体ではダメでした(>_<)
上がBarkbustersのガード、下が今回取り寄せたガード、バーのカーブの部分が小さくてナックルガードに当たってしまいます、でもまあこれはこれで想定内。

↓追記へ続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ENDUROツーリング準備

納車されたENDURO パニアケースやグリップヒーターなど頼んでいたオプション類がまだ届いていないため、本格的なキャンプツーリングには出掛けられません、というか寒くて丁度良いというのが本音ですが...
それでもその準備のため、電装系部品装着のための電源確保とか少し手を入れました。

ENDUROに乗ってすぐ気がついたのはシートの角の形状に由来すると思われる足つき性の悪さ...
しかしこれはすぐにどうこうすることもできないため、いずれシート張り替えで対する予定。
後気になったのはサイドスタンドの出しにくさ、旧ムルティからステップなどの位置関係が変わったのかサイドスタンドが非常に出しつらい、足場が悪い時には立ちゴケの原因ともなりかねません。
IMG_2926.jpg
シートの形状から来るものかもしれないが、サイドスタンドがやや内側に追い込まれているような感覚がして出し辛い、そこで。

IMG_2927.jpg
BMWのGS用のスタンドアシストバーを流用するつもりが、スタンドの経が微妙に違うため、そのままでは装着できずゴム板を巻いて経を調整して装着。
IMG_2928.jpg

なんとか納得できる位置に、スタンドの出しやすさも格段に向上しました。
サイドスタンド関連では...

IMG_2930_20170220141807b56.jpg
欧州車の常としてサイドスタンド使用時の傾きの大きさ。
旧ムルティの時も頭を悩ませて、対策を取っていました。
過去記事→【サイドスタンドエクステンションかさ上げ】
スタンドの形状はほぼ同じなので流用できそうです。
IMG_2933_201702201423541ab.jpg
旧ムルティの時は15mmかさ上げしたのだが、今回は一枚プレートを抜いて10mmのかさ上げ、あまり上げすぎても使いづらいし立ちゴケにもつながりますw
IMG_2934_20170220142355402.jpg
もう一度5mmのアルミ板の加工は避けたいので古いものをそのまま流用、傷だらけで見栄えは悪いがなんとか装着できました。
IMG_2935.jpg
その後のテスト走行で使用した結果、もう一枚プレートを抜いて5mmのかさ上げでも良かったかもしれない。
スタンドのフットプリントの面積も増えたので足場が悪い場所での駐車も少しは安心できます。

IMG_2936.jpg
そして気になっていた、ウィンカー組み込みのナックルガード、転倒時のダメージは必至なのでなんとか対策したかったのだが、旧ムルティの時に付けていた、バークバスターズのナックルガード・ガードバーは装着できず(泣)
ウィンカーを別に装着して、ナックルガードを別に取り付けるというのも考えたのだが、ガードがブレーキとクラッチのマスターシリンダーのブラケットも兼ねているのでその方法も無理(>_<)
コケた場合のダメージは甘んじて受けるしかありませんww
新型ムルティに乗っている方で何か対策されている方がいらしたら教えて下さいませm(_ _)m
↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

MULTISTRADA 1200 ENDURO

人生最後の大型バイク?


私は後一ヶ月もすれば59歳、還暦もすぐそこである。
今でこそバイクにキャンプ道具などを積みいろいろと出掛けてはいるが、あと何年同じようなことができるかと考えてみる...
後5年?いや後10年?そこから先は厳しいか?

なんてことを考え始めている間に先日ディーラーに展示してあったこいつを目にしたところ...

P1090105.jpg
一目惚れ!

ganmo「いいな~」←購入確率0%

店長「新古車ですよ、販売可能です」

ganmo「えっ?」←購入確率30%

店長「〇〇〇円くらいで」←購入確率50%

ganmo「え~じゃぁオプション付けていくら?」

店長「〇〇〇円です」←購入確率70%

ganmo「下取りはいくらくらいで?」

店長「△△円です」

ganmo「差し引き〇〇〇円か~」←購入確率50%

ganmo「〇〇〇円なら即決なんだけどな~」(ふとつぶやく)

店長「う~ん」

店長「わかりました〇〇〇円で」

ganmo「えっ嘘!」←決まり!

と言う訳で商談は30分もかからず終了!
前回GSからムルティに代えたときとほとんど同じ経緯でした→過去記事【バイク乗り換えの顛末】

それからおよそ一ヶ月、名義変更も終わり一部のオプションパーツがまだ届いていないもののとりあえず納車。
IMGP0199.jpg
前回はバイク買い取りサービスで前のバイクを売りに出したので愛車との別れが非常に悲しかったのだが、今回は新しいバイクが待っていると言うことで少しは気が楽です。
3年乗った相棒はやはり良いバイクでした、分かれるとなるとやはり寂しい。


IMGP0200.jpg
この写真では、旧ムルティがフルパニアなので一見それほど違いがあるように見えないが...
IMGP0198.jpg
やはりボリュームの違いは歴然。
旧ムルティの時には両足の裏がぴたりと着くくらいだったのだが、ENDUROは両方の踵が4~5cm程度浮いてしまう、シートの高さはそれほど感じないがシートの角の形が悪く足を下ろしにくいのが原因か?

店長からバイクの説明を受ける内に天気も少し回復してきたので、南薩東部広域農道と指宿スカイラインを少しだけ試走することに...
その前に近くの公園で桜島をバックに一枚。
IMGP0203.jpg
市街地を少し走ってみたが、旧ムルティと違って中低速の扱いやすさは特筆もの。
旧ムルティでは市街地で4速など全く使えなかったのが4速でも十分実用的、ぎくしゃく感も全くありません、まあ中低速はやっとGSと同じレベルになったと言えなくも無い。
IMGP0212_20170206151239c5a.jpg
細かなワインディングが続く南薩東部広域農道の前半、重さを全く感じさせません。
見た目の圧迫感から重そうというイメージが先行していたせいか、逆に軽いと感じてしまうくらい...
IMGP0253_20170206151240d04.jpg
高速コーナーの続く広域農道後半、慣らしなので6000回転までしか回していないのだが、それでも十分早い!、ふけ上がりの良さは旧ムルティより良いのではないだろうか?

↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク