カーバイトランプ ジャンキー

二三日前にカーバイトランプの事を記事にしましたが、以前からカーバイトランプは使ってます。
その前に記事にしたのは昨年の四月、それからの間何故かカーバイトランプは増殖し増え続けています(^_^;)

IMG_2483.jpg
ヤフオクでカーバイトランプが出品されるといつの間にか入札されているんですw
落としてみると結構掘り出し物もあったりします、特に右下の奴なんでそう。
IMG_2489.jpg
商品説明にジャンクなんて入っていたんですが、届いた物を見てみるとなんと未使用品!
IMG_2490.jpg
水タンクのパッキンも劣化しておらずそのまま使用可能、カーバイトタンクもきれいでへこみもありません。
IMG_2491.jpg
こいつはスクリューの上に火口の清掃用のピンが着いているのですが、そのピンもそのまま、
このピンが付いている奴は初めて見ました。
IMG_2492.jpg
残念なのはカーバイトタンクにひびが入っている事、しかしこの程度なら使用に差し支えありません。
こいつはもったいないのでそのまま保存することに。

↓追記へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

アセチレンランプ ニューライト7号

今年霧島神宮の近くのオープンした昭和アナログ館
過去記事【昭和アナログ館グランドオープン】
(お近くにお寄りの際は寄ってみて下さい、楽しいですよ~)
P2280050.jpg
それから何度か顔を出してます。
その都度気に入った展示品を食い入るように眺めていたところ、館長の石神さんから「お気に入りのようでしたらお譲りします、時期が来たらお知らせします」というお言葉。
貴重な展示品なのでそれほど期待せずに待っていたのだが、来ました!
「お譲りします」というメール。

先日時間ができたので受け取りに行ってきました、その大事な展示品とは?


IMG_2493.jpg
カーバイトランプでした。
IMG_2494.jpg
それも二個、しかも新品未使用の箱入りデッドストックの物!
IMG_2497.jpg
一つはメッキの物。
IMG_2502.jpg
もう一つはブルーに塗装されている。
IMG_2497.jpg
メッキの奴はリフレクターが二重に装着。
IMG_2499.jpg
TPOに合わせて大小二種類のリフレクターを変更できる。
IMG_2501.jpg
ブルーの方のリフレクターは一つだが上にヒートガード付き。
IMG_2495_20161108150014af9.jpg
取扱説明書まで残っている、この製造元らしい東亜株式会社ググッて見たけれど詳細は不明。
今までコレクションしてきたカーバイトランプは昭和初期の物が多かったのだが、こいつは戦後昭和30年代のものだろうか?

ヤフオクでもずっとウォッチしてきたのだが年に一回出品されるかどうかの品。
IMG_2500.jpg
メッキ製の方は真鍮のパーツが使用されていて、質感はこちらが上。
ただ実際使うとなるとブルーの塗装の奴のほうが汚れや腐食に強そうなのでこちらに点火。
IMG_2503.jpg
ガイシ製の火口も珍しい。
IMG_2504.jpg
なんとかキャンツーでも使えるくらいのサイズなので、ソロキャン以外ではこれを使う予定。

メッキ製の奴は箱に入れてしまい込みます。

昭和アナログ館 館長の石神さん貴重な物をお譲り頂きありがとうございます。
大切に使わさせていただきます。m(_ _)m

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

またまた懲りずにカーバイトランプ

もう少し前の話になるのだが、またまた懲りずにカーバイトランプを入手。
酔っていたせいか、オクで結構熱くなって競り合ってしまい落札。

IMGP0615.jpg
いつものように右から6号・7号・8号と銘々。
左の二つは今まで物と同タイプ、これはさすがに記事にしても同じことの繰り返しなのでパス。

今回の記事は6号、今までの真鍮製の物と異なり、ブリキ製です。
ブリキ製のカーバイトランプは、質感が無くサイズも大きいのでキャンプに向かず避けてきたのですが、
今回は3個まとめての出品だったため、おまけで付いてきた感じ。

IMGP0616.jpg
状態は結構悪い、サイズはそれほど大きくも無くなんとかキャンプにも持って行けそう。

IMGP0618.jpg
水タンクのキャップが欠品、それより問題なのはニードルスクリューが無くなっていること、その為このままでは使用できない。

本来真鍮製の二個のランプが目的で、このブリキ製の奴は眼中に無く放っておくつもりだったのだが...
ブロ友のていじんさんがニードルスクリューの無いカーバイトランプを再生した記事を目にして私もレストアにチャレンジしてみた。
ていじんさんの記事→「炎が素敵なランタン でも使えないかな・・・」

先ず、本体をバラしてクエン酸に浸け磨きだし、この作業、真鍮製の奴は磨くのが楽しいのだが、ブリキ製となるとつまらない、ピカピカ光らないから磨いても面白くない(^_^;)

その後レストア開始
M6の真鍮製のボルトを準備、何故真鍮製かというとハンダ付けが簡単だから。
IMGP0619.jpg

ネジに3mmの穴を開ける、ボール盤がないので手持ちのドリルを使ったらセンターからずれてしまったが、まあ問題なし。
IMGP0620.jpg

IMGP0622.jpg
3mmの真鍮の棒の先をとがらせ、ボルトにハンダ付けしてニードルスクリュー完成。

IMGP0623.jpg
水タンクの穴をちょっと広げて、真鍮製のナットをハンダ付け。

IMGP0625_2015042714025676b.jpg
ニードルスクリューをねじ込み、水の入れ口にはポールキャップを流用。

IMGP0621.jpg
カーバイトタンクと水タンクのパッキンは5mmのゴム板をコンパスカッターで切り出して作成。

IMGP0628.jpg
IMGP0627_20150427140520ba8.jpg
そして案外あっけなく完成!

IMGP0629.jpg
このランプの灯りは、今までの真鍮製の一口火口のものと全く同じ。

ただ、真鍮製のランプはボディをなでながらニヤニヤできたんだが、こいつに関してはそういうことは無さそうw
単にタンクが大きいので長いこと灯りが必要なときに出番がでるくらいか?

そろそろカーバイトランプのコレクションも打ち止めにしなくては....


ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

カーバイトランプの使い方

先日カーバイトランプの使い方の質問があったので、カーバイトランプの使い方をまとめてみました。

基本的な使い方はshumidderさんのブログで説明されているのですが、
shumidderさんのブログ
このshumidderさんのカーバイトランプは海外製品、私がコレクションしているタイプとちょっと違います。
なので重複している所もあるのですが、改めて紹介します。(まあほとんど一緒なのだが...)

先ず必要なのはカーバイト
私の住んでいる地方では釣具屋とかホームセンターで売ってます、1kgだいたい1500円程度。
IMGP0577.jpg

ブリキ製のカーバイトランプにはそのまま使えるのですが、キャンプで使えるような小型のカーバイトランプにはちょっと大きすぎます。
IMGP0578.jpg
このカーバイト、相当硬い!
ハンマーでコンコンと当てるくらいだとひびも入らない。

ブロ友のていじんさんがやっているように、花崗岩を下敷きに大きなハンマーで一気にやれば楽そうなのですが...
2015031805011632d[1]
てじんさんのブログから借用→ていじんさんのブログ「ランタンの燃料が石と水?」

なかなかマンションのベランダでは難しいので私は試行錯誤の末
IMGP0580_201504061519381a5.jpg
ポンチで地道に割って細かくしてます。
ヤフオクで細かく割ったものが1kg1000円位で売ってるのでそれを購入した方が楽かも?

カーバイトは水と反応するので、キャンプに持っていく際はタッパーなど水が入らない容器で。
IMGP0581.jpg

IMGP0587.jpg
点火の前に、水タンクの下にあるネジを穴に合わせます、穴が見えたままだとここからカーバイトのカスが火口に詰まりやすい。
IMGP0588.jpg
これで正解。

そして下のカーバイトタンクにカーバイトを入れます。
今回はテストのため30g程度、最大でも50~60gにした方が良い。
IMGP0585.jpg
あまり入れすぎると圧がかかりすぎるし、カーバイトは水と反応した後膨張するので目詰まりの原因にもなります。

その後、上の水タンクに水を入れて点火となるのですが、
タンクを合体する前に、ニードルスクリューを回して水の量を調整した方が無難。
IMGP0604_20150406153318509.jpg
一口の火口で3~4秒に一滴、二口の火口で2~3秒に一滴くらいが丁度良いかと...
合体した後、適当にスクリューを回して水を出すと、下のタンクが水でジャボジャボになってしまいます。(経験あり(^_^;)

そしてタンクを合体して、しばらく待つと、特有の臭いがしてくるので点火
IMGP0606.jpg

IMGP0608_20150406154149a6f.jpg
二三分もするとガスもある程度安定してきますが、ずっと同じ調子でガスが出る訳で無く、
突然三倍ほど火が延びることもあるので置く場所には注意が必要です。

今回はカーバイト33gでおよそ4時間点火していました、二口の火口だと2時間程度か?
その後、燃え尽きてカーバイトタンクの中は
IMGP0614_20150406154150c93.jpg
カーバイトから消石灰に変身。
砂浜とか土がたくさんあって、混ぜてごまかせるようならそこで廃棄できるのだが、
芝生のキャンプサイトとかはそうも行かない、グラウンドの白線に使われるくらいなので目立ちます。
そういう時はおとなしく持ち帰りましょう。

ということで、カーバイトランプの使い方でした。
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

カーバイトランプ5号 レストア・火入れ

さらにしつこく、カーバイトネタ連投です。

カーバイトランプ5号のレストアの巻!

このカーバイトランプ5号、今までのランプと違い、火口が横に付いていません。
IMGP0521_2015030514271692d.jpg

この上に突き出たパイプにアタッチメントを装着する方式。
IMGP0523.jpg

なので、今となってはこのランプは部品取り用にしかならないのですが...
バイクでも部品取り用の個体の末路は哀れなもの、なんとか使えないか考えました。

IMGP0550.jpg
先ずはいつも通りに錆取りとピカールでの磨きだし。
状態も最高に近い、火口さえ有れば...

IMGP0555.jpg
水タンクの下に空いているパイプをハンダで塞ぐ。

IMGP0554_20150309154508105.jpg
さらにタンクの上部に飛び出しているパイプを切り落とし、ハンダで塞ぐ。

IMG_1542.jpg
ちょっと仕上げが悪いが磨きだして。

IMGP0559.jpg
水タンクの下部に火口が入るくらいの穴を開け、二口の火口をねじ込む、そしてガス漏れしないように裏側からマフラーの補修材で固める。(自己責任です)

IMGP0558_20150309155030391.jpg
案外あっけなく改造終了。

そして火入れ
IMGP0562_20150309155031d24.jpg
ガス漏れもなく大成功!

IMGP0563.jpg
1号から5号まで勢揃い、良い感じです。

だたリフレクターがないので少し使いづらい、3号と同じ方法でリフレクターを製作。
IMG_1543.jpg
今回はリフレクターを少し小さくしてパッキングしやすく。

IMGP0573.jpg
とりあえず、これでカーバイトランプ第一弾のコレクションは終了...
第二弾があるかどうかは不明(^_^;) ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用