タンクバッグ換装【装着編】

届いたタンクバッグ一式
IMG_2478.jpg
バッグ本体はそのままではふにゃふにゃなのでコシのあるパネルをバッグの側面に入れ込みます。
IMG_2480.jpg
パネルを入れてもすこし後ろの部分が折れ気味です、マップルRを入れてみましたがなんとかマップケースに収まりました、ただ上部4cmほどが隠れて見えません、結構ぎりぎりで走行中にページをめくるなど不可能ですが、地図でのルートの確認は補助的なのものですからなんとか許容範囲です。
IMG_2481.jpg
本体はファスナーでベース部部と切り離せて、ベース部分にアタッチメントを装着します。
PB060003.jpg
タンク側のアタッチメントはこんな感じ、GIVIのアタッチメントは黒くて大きめなのでそれに比べれば目立ちません。

IMG_2482.jpg
バッグ側のアタッチメントはこんな感じ。
PB060004.jpg
タンクに装着したところです。
バッグ本体のファスナーは防水タイプなので多少の雨なら大丈夫そうです。
PB060006.jpg
結構しっかりと装着されていて、補助ベルトで止める必要は無さそうです。
PB060007.jpg
当然ですがベースの高さの分だけ全体が上に上がってます。

PB060005.jpg
なので圧迫感はラリータンクバッグより大きい。
PB060008.jpg
赤いレバーでリリースします。
PB060010.jpg
ハンドルバーとの干渉は微妙なところで回避されてます。
高さがある分、ナビやレーダーが見づらくなるので位置を変えて調整しなければならなくなりました。

PB060009.jpg
装着しただけで実際走っていないので使い勝手等は分かりませんが、給油の際の手間が少なくなるのは確実です。

ついでにハンドルカバーを装着してこの日の作業は終了。

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

タンクバッグ換装【購入編】

久々にムルティの記事です。
今使用しているタンクバッグはTANAXのラリータンクバッグ
PB060001.jpg
容量もそこそこでツーリングマップルRが見開きで入るなど老眼の親父にはなかなか良いタンクバッグです。
が...
PB060002.jpg
タンクとバッグは基本的に吸盤で装着、そして後部の2カ所のバックルとステアリングコラムに回したベルトで固定する必要がある、吸盤だけだと走行中に吸盤が外れてタンクがずれたりタンク自体が外れたりする、それも必ず...
さらに給油のたびにフックを外さなけらばならないのも非常に面倒です。
ムルティのタンクは樹脂製なのでマグネット式は使用不可、吸盤もそのままでは食いつきが悪く吸盤用のベースが必要。
なので以前からタンクの給油口にアタッチメントで接続するタイプに換装を考えていました。

このところ週末バイクであまり出かけられないのでその間にいろいろと情報収集。
条件は容量が15~20L前後で給油口にアタッチメントで接続するタイプ可能ならツーリングマップルRが入る物。

候補 1
DUCATI純正のタンクロック式タンクバッグ

01_20161116162111778.jpg
容量が13~15L、マップケースが別体なのがいまいち。
それに純正だけあって問題はその価格32,562円軽く3万円越ですw

候補 2
GIVI、DUCATI純正のタンクバッグはGIVIのOEMらしいので探してみたら
GIVIのXS320というタイプがそれっぽい。

GIVIジビ/タンクロック [XS320]
GIVIジビ/タンクロック [XS320] CRF1000L

というかそのまんまです、容量は15L、値段も2万円ちょっとこれならと思ってWebikから注文、AfricaTwin用とありますが、アタッチメントをDUCATI用にすれば使えるだろうとアタッチメントも注文。
ですが、その後商品説明をよく読んでみると「※BF25以外のイージーロックと組み合わせた場合、正常位置から90度回転した状態で固定されてしまいます」...orz
慌てて注文キャンセル!
なんでAfricaTwin専用なんだろ?別の車種用のイージーロックも発売予定なんだろうか?

候補 3
同じGIVIのXS308

GIVIジビ/タンクロック [XS308]
GIVIジビ/タンクロック [XS308]

XS320と似たような形状、容量は20L、値段もアタッチメントを含めて2万円程度、これでも良いかなと思いつつ少し大きいのとマップケースが使いづらそうなので保留。

候補 4
SW-MOTECHのQUICK-LOCKシリーズ
02_20161116165137e95.jpg
↑これはユーロネットダイレクトから、代理店と言うより輸入代行に近い物か?
価格は17200円だがアタッチメントを入れるともう少しかかりそう。


Amazonでは三万近くするw
これもマップケースが気に入らないので却下!

候補 5
日本で入手できるカセット式のタンクバッグは上の三つのメーカーくらい、ならば海外通販ではと調べてみると、もう一つOXFORDというメーカーからでているらしい。
スクリーンショット 
容量は20Lはっきりと明記されている訳ではないがマップケースもなんとかツーリングマップルRが入りそうな感じ。
価格はたまに利用するアメリカの通販サイトREVZILLA→http://www.revzilla.comでアタッチメントと送料を入れて。
スクリーンショット 2のコピー 
224ドル 日本円だと25000円くらい、価格は2万円程度に抑えたいのでちょっと微妙なところです。

そこで今お得なポンドで決済できるイギリスのショップを当たってみると...
結構お安く販売しているショップが見つかりました、それはBIKERMARTというショップ。
http://www.bikermart.co.uk/proddetail.asp?prod=OL236
日本への発送も可能で支払いはPayPalを利用可能、気になる価格は,
バッグが£89.95、アタッチメントが£13.45、送料が£29.95の合計£116.12、日本円にして15800円程度。
スクリーンショット 3 
これなら十分予算内ですが、始めて利用するショップ...
イギリスのショップは割と良心的なところも多いし(なんの根拠もないが...)どうするか30秒ほど考えオーダー(^^;)
そしてPayPalの決済が無事終わった翌日「Hi ganmo 悪りぃ! 送料が20£足りなかったぜ、どうする?取引続けるんだったら送料分を再度PayPalで決済してくれ〜」とか言う内容のメールが(>_<)

まあキャンセルもできるけどしょうがないんで「わかった決済するから早く送れ」って返事した...orz
まあ海外通販やってるとたまにはこんなこともあります、それでも2万円以内に収まったし良しとしましょう。

ショップ自体にマイページなどはないが、トラッキングのリンクをメールに明記してあり分かりやすい。
そして待つこと10日程度。
IMG_2475.jpg 
配送もスムーズでした。
IMG_2478.jpg 
と言うことで装着編に続く。

【11月21日追記】
調べてみるとヘプコ&ベッカーのタンクバッグもカセット式らしい。
http://www.peitzmeier.jp/pai/hepco-tankbag.html03_20161121101308b4e.jpg
マップケースも別体では無く、マップルRが入りそう(未確認ですが...)
装着は機械式では無く磁石式
04_201611211013079bb.jpg
本当に磁石だけで大丈夫だろうか?
しかし問題は、それではなくその価格バッグが2万5000円~2万8000円
タンク側に付けるアダプタが6800円合わせて軽く30000円超えw
既にOxfordのバッグが届いた後なのでいまさらなのだが、予算に余裕があれば検討しても良かったかも?
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ゲルザブ導入

私のツーリングでの一日の移動距離はだいたい250~700km程度。

ムルティに乗り換え、GSと比べて長距離の移動が苦手になったかというとそれほどでも無い、
田舎なので市街地を走ることが少ないのもあるのかも知れないが...

それでも距離が400km近くになってくると、どうしても尻が痛くなってしまってどうしようも無いときがある。
ムルティはシート高の調整ができないのがつらい、いろいろ検討してみるとシートに低反発ゲルシートを装着すれば結構良さそう。

いろいろググッてみると、ゲルザブとかいう製品が良いらしい。

本当は、こちらの製品を使って


自分でシートを剥がしてゲルシートを入れ込んで加工すれば良いのだが、うまく加工する自信が無いw

そこで、シートにマジックテープで装着するタイプを購入。
IMG_1882.jpg

結構良いお値段しますが、その効果は?


IMG_1884.jpg
こちらが座面

IMG_1883.jpg
こちらが裏面、バイクのシートに接触する側、ずれないような感触の素材になってます。

シートを外して装着してみます。
IMG_1917.jpg
後側はともかく前側はシートの縁が大きく湾曲しているためベルトが浮いてしまってますが、うまく装着できるのでしょうか?

IMG_1918.jpg
心配していた割には案外あっけなく装着完了。

IMG_1919.jpg
シートの上に載せるタイプなのでスタイル的にはどうかと思っていたのですが、それほどみっともない感じはしません、個人的には許容範囲です(^_^)
なおゲルザブ自体に厚みがあるため、通常より1cm程度シート高が高くなりますが、もともともう少しシート高を高くしたかったので問題なし。

早速、近くを一回りして試してみると..
座った感じお尻の圧力が適当に分散されているのが分かります、近くの広域農道をガッツリ走ってみましたが、ゲルザブ自体がシートからずれると言うことは全く無く、安心して座っている事ができました。
ただ私はシートから尻を落とすような走り方はしない(できない)ため、腰を右に左に落としながら走るときはどうでしょ?

あと実際に痛みがどの程度軽減するかどうかは、たかだか50kmくらいでは不明(^_^;)
やはり300kmを越える距離を走ってみないことには効果の程は分かりません。
もう少ししたら長距離でテストして見る予定です。

その後、海辺を回って...
IMG_1920.jpg

物産館により
IMG_1922.jpg

IMG_1923.jpg
今夜の燻製の素材をゲットして帰宅。


ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

サイドスタンドエクステンションかさ上げ

先日、小さくて困っていたサイドスタンドベースのエクステンションを装着したが...
その時の記事→サイドスタンドエクステンション装着

サイドスタンドの安定性は多少向上したのだが、サイドスタンド使用時のバイクの傾きはほとんど修正されない。
後で確認したらツラーテックのHPにも傾きは修正されませんとの記載があった(^_^;)
IMGP0412Line.jpg
いくらイタリアが右側通行とは言ってもこれは傾きすぎだろ?

そこでブロ友のKachiさんがトライされた方法で加工してみた。
Kachiさんの記事→サイドスタンド嵩上げ加工作戦

IMG_1386.jpg
ツラーテックのサイドスタンドエクステンションの主要パーツはこの三つ。
左側のプレートが一番下、真ん中のパーツでスタンドを包み込み、右のプレートで押さえる、
つまり一番左側のプレートの分だけしかかさ上げできていないので、一番下のプレートを厚くしてやれば傾きの補正は可能。

近くのホームセンターで5mmのアルミ板を購入し、そこの工作室の電動工具でさっさと加工しようと思ったのだが、
5mmのアルミ板をまともに加工できる電動工具はほとんど無く、金鋸で適当に切り出しボール盤で穴だけ開けて後は自宅で作業。
IMG_1382.jpg

後はひたすらヤスリで削る
IMG_1383.jpg

さらに削る、5mmのアルミ板結構手強いです。
IMG_1385.jpg

↓まだまだ削る
続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

新ヘルメット導入

私が今使っているヘルメットは
P8230028.jpg
AraiのSZ-RAM3というジェット型
バイク復帰に合わせて購入し多少古びてきてはいるもののメインのヘルメットとして使っています。
冬寒いのが難点でそれ以外は、全く不満の無いさすがAraiというヘルメットです。

そしてもう一つは
P8230038.jpg
GiviのX.01 Tourerという国内未発売のレアなモデル。
2012年のEICMA(ミラノショー)で発表された記事を見て人目ぼれ、結構手間と時間をかけて海外から取り寄せたやつ。
その時の記事→GIVI X.01 Tourer 海外通販顛末記 その2

インナーバイザーが付いて、フルフェイスながらチンガードを外せばジェットタイプとして使える優れもの。
その時のインプレ→Givi X.01 Tourer インプレ

多少の不満はあったものの結構気に入って使ってきました。
がしかし、多少の不満だったのはGSに乗っていたときだけ、ムルティだとその欠点が大きく顔を出してきます。

その欠点とは、空力的に安定性に欠ける事、風切り音も大きい。

以前乗っていたGSはウィンドウシールドをアドベンチャー用に変更していたために、今乗っているムルティのウィンドウシールドと比べるとウィンドウプロテクションは格段に優れています。

その為、GSに乗っている場合には少し風切り音がうるさい位でそれほど不満の出るようなものでもありませんが...
ムルティでこのメットを使った場合、風の抵抗でグッと頭が後ろに持って行かれ多少ヘルメットが浮く感覚がします、まあ普通に高速を流すくらいだとそんなことは無いのですが...

と言うことでいずれ換える必要があるな~なんて思っていたのだが、
先日パーツショップを覗いてみるとそこには、前から狙っていたヘルメットのニューグラフィックデザインモデルが....

目に付いた時点でアウトです(^_^;)
そして店を出るときにはしっかりと商品の引換証が...

一週間後、Arai Tour Cross-3 Detourが手元に。
P8230035.jpg
P8230036.jpg
P8230037.jpg

このときのサービスでコーティングが格安でできるということで、ガラスコーティングをしてもらったのだが、
これが、グラフィックがクリアからグッと引き立ってくる感じで結構良い。
汚れも付きにくく、掃除も楽になるそうなのでお薦めです。
ガラスコーティングCR-1→http://www.cr-1.jp/

かぶった感じも、頬が多少窮屈な感じだが、しっかりとホールドされています。
ホールド感は今まで使ったヘルメットの中では一番だな。

走った感じも、Giviでメットが浮く感じの速度域でも全く問題なし、風切り音もグッと少ない、Giviでは飾りに過ぎなかったベンチレーションもしっかりと効いています。

眼鏡をかけているので装着がちょっと面倒なのだが、それ以外は言うことなし!
まあ自分へのご褒美としましょうか(何度目のご褒美かという事なんだが...) ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク