DRIFT HD GHOST 画像比較 vs DRIFT HD

先日購入したDRIFT HD GHOST 双方向リモコンやWi-Fi対応、本体のみでの3m防水など新機能満載なのだが
果たして、その画像はどうか?

車検のためディーラに出す前に、ちょっと撮影してみました。

期待の双方向リモコンの使い勝手ですが、スイッチ自体は非常に使いやすい!
カラーLEDで今どの撮影モードにあるのか一目瞭然、ただまだ慣れていないせいもあり、
走りながらだとアクションボタンとストップボタンを押し間違えてしまうことが何度かあり、
慌ててしまうことが....まあもう少し慣れれば大丈夫でしょう。

さて、その画像ですが、撮影日時は異なるものの、同じ広域農道を同じような天気の時撮影し比較してみました。
↓比較動画(左が旧モデルのDRIFT HD、右がDRIFT HD GHOSTです)


どこでも一時停止にしてみてれば、一目瞭然細かい部分の映り込みが全然違います。
また、旧モデルの泣き所の全体的に赤みがかった色合いも修正され自然な色合いになっています。
比較2

本当ならGoProのようにホワイトバランスを変更できれば良いんですが、そこまではできません。

比較動画では、DRIFT HD GHOSTの方がブレ補正が効いていないように見えますが、
それは、ウィンドスクリーンをアドベ用に変更したため、カメラのマウントアームを1.75インチから3インチのものに変えざるを得なくなり、その分振幅が大きくなり、ブレが酷くなったものと思われます。
IMGP1638.jpg
RAM マウント1.75インチアーム

P1120010.jpg
RAM マウント3インチアーム

P1120011.jpg
レンズが回転するので、シールド越しに撮影したり、車載するときの自由度が大きく気に入っていたのですが
カメラのマウントももう少し検討する必要がありそうです。

時間があったので、連写モードで桜島の噴火を撮影してみました。
P1120014.jpg

インターバル撮影で長時間連続撮影をして、動画に仕上げてみようと思ったのです....が
↓インターバル撮影から作成した動画(5秒間隔で約30分程度撮影し、それを26秒に縮めて表示)

途中から霞がかかったようにぼやけています。

本体が非常に熱を持っています、レンズを見てみると内部の水分が熱でレンズに結露!
P1120018.jpg

液晶も同様です。
P1120013.jpg

この現象、どこかで見たことが....→Bullet HDの過去記事
本体のみで3m防水となっていますが、水に浸かるのはちょっと不安が...

この連続撮影モード、結構カメラ自体に負担をかけるらしくあまり長時間連続撮影をするのは
やめておいた方が良さそうです。

動画モードでは3時間ほど連続撮影しても問題なかったし、あまり使わないモードなのでこんなもんかと思うしかないです。

結露が酷くなりそうなら、早めに修理もしくは交換依頼するつもり。
正規品だとこれができるから良い!

少しは不満もありますが、結構良さそうな感じです。
もう少し使い込んでみなければ....しかしツーリングシーズンはもう少し先
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

DRIFT HD GHOST レビュー

大晦日には、10年前に治療した虫歯がうずき出し治療しようにも、正月明けまで歯医者は休み。
走り初めは、カブがエンコしてピックアップに半日かかってヘッドを開けると、エンジン焼き付き。
次の日、バイクを変えて出かけた先では、車載カメラの電源は入らず。

なんか、あまりいい年になりそうもない予感が....

その車載カメラですが
過去記事→Rollei BULLET HD その後 v.s. Drift HD

二ヶ月ぶりに、電源を入れようとしても入らない、USBケーブルを繋いでもダメ。
結構気に入っていたのですが、Webで探してみると、結構電源が入らなくなるトラブルがあるらしい。

もしかして、接触不良などで自分で治せるしれないなどと、分解してみると...
IMG_0639.jpg
火でも噴いたのでしょうか?
これでは何をやっても治りません(>_<)

昨年の7月に購入したのですが、国内正規品ではなく海外通販で入手したため、この時点でアウト(T_T)
こんな時、海外通販や、オクの平行物など買ってしまうと、その時点であきらめるしかありません。

そこで買い換えのため、GoPro、Sony、ビクターといろいろ検討して見たのだが、
私の使用方法ではやはりDRIFTが一番しっくり来る。

同じDRIFTを再度購入するかと思ってDRIFTのHPを覗いてみると→DRIFT HD GHOST
新機種が出ているw

その名も、DRIFT HD GHOST
日本製やGoProの新機種が出たし、それに対抗するためでしょうか?なかなか高機能です。

結果、購入。
本意ではありませんがしょうがありません、せめて2~3年はもって欲しかった。

今回は、得意の海外通販ではなくもしものことを考えて国内正規品を購入。
こういうデジ物は、多少高くても正規品が無難です、高い買い物でした。

↓購入先


約4万円、GoPro HERO3 ブラックエディションと同じ価格ですからいい値段します まあ、この頃多少円安傾向だし、向こうでも400ドルくらい、海外から引いてもあまりお得な感じはなさそうです。

ちょっと触ってみたのだが、高いけどそれだけのものあるんだこれが!
まだ、単車に積んで撮影まではしていないものの、ちょっと触った感じをレビュー!

DRIFT HD では、雑然と箱に入っていて、開ける楽しみはなかったのだが..

IMGP2122.jpg
整然とケースに納められてる、まるでApple製品のようとは言い過ぎか?

IMGP2119.jpg
本体と、付属品一式 
・DRIFT HD GHOST アクションカメラ
・双方向通信リモコン
・ケーブルアクセスホール付きリアカバー
・ゴーグル・マウント
・マウンティングキット(フラット x 1、湾曲 x 1)
・ユニバーサル・クリップ
・ベルクロ・ストラップ
・USB・ケーブル
・1700 mAH リチウムイオンバッテリ

GoPro HERO3の方がマウント類が多い感じか?

P2050008.jpg
下がGHOST 本体のサイズはほとんど変わらず、液晶が2インチと大きくなり、スイッチ類が上部に移動。

P2050015.jpg
右がGHOST前モデルは、マウント部分が一段高くなっておりそのせいか、一回り大きく感じる。

P2050013.jpg
右がGHOST レンズの口径がUp

P2050014.jpg
右がGHOST バッテリーが蓋付きに、GHOSTは本体だけで3m防水になったためか?

P2050018.jpg
バッテリーも1700mAhと大型化、撮影可能時間は約3時間 前モデルより少し延びている。
残念ながら端子の位置も変更になり交換性は無い。

P2050017_20130108113840.jpg
外部マイク端子が2.5mmジャックから3.5mmジャックへ変更、今までのように2.5→3.5変換アダプタを使わなくて良くなった、しかし、ジャックがL型の場合そのまま接続できないので、付属の延長ケーブルが必要になる。 追記:そのまま使えました。

IMGP2120.jpg
右がGHOSTの双方向リモコン、二回りほど大きくなっているが、今回のモデルチェンジの一押し!
前モデルのリモコンは、ボタンを押しても操作感があまりなく、グローブをはめていると押したかどうかさえ分かりづらかったのだが、新しいものはボタンを押すと、確実にクリック感がありグローブをはめていても操作しやすい。

IMGP2130.jpg
一つのリモコンで、複数のGHOSTをコントロール可能、ボタン電池からUSBでの充電式に変更されている。

guide_DRIFTG06[1]
最大の特徴は、リモコンから撮影モードを変更できること。これができるリモコンはあまりない!
モードがLEDのカラーで分かるようになっており、使い勝手も上々。

ムービーモードで動画を撮影しながら、同時に静止画も撮影可能、これはいい!
ただ、保存される画像の解像度は、撮影中の動画の解像度になるので、正確に言えば動画のキャプチャ画像を保存しているだけかもしれない。

リモコンで撮影操作をほとんどモニタリングとコントロールできるので、本体を離れたところにマウントした場合でも重宝しそう。
それより、ちゃんと電源が入っているか、動画が撮影されているかと心配する必要がないのが一番!

ここまでくると電源のOnOffまでできないのがちょっと残念になる、というより無理か?

↓続きは、Wi-Fi機能もついて非常に便利
続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

秘密兵器?

先日、ディーラーツーリングに参加した際、
ご一緒したメンバーのバイクの中にとっても興味深い秘密兵器を装備した一台が!

IMGP1930 のコピー
今回は、グッチで参加のK氏のバイク、ダンデムシートに注目!!

IMGP1954.jpg

そのダンデムシートには、ビデオカメラが装着されていたのである!
そして雨対策としてBMWカラーのヘルメットがとってもオチャメ

そしてそれは、ただ見てくれだけではないのである。
IMGP1955.jpg
振動対策として、フローティングマウントになっているのであるww

そしてさらに驚くべきは....
IMGP1956.jpg
ナビの上のモニタがカメラ制御用モニタ 今、パンしながら撮影しているところ。

モニタリングしながらカメラの視点をパンしたりズームしたりして変えられるのである!
これはスゴイ!


その後方カメラの画像を拝見したのだが、これがまたいい!

私はほとんどがソロのため、後方を撮影しても単に他人の車が映るだけだが、
マスツーリングの場合、前方カメラで後ろばかりの姿より、後方カメラでメンバーのフロントビューを
撮影した方がずっと楽しい。

しかし、K氏前方カメラも疎かにしていない。
IMGP1957.jpg
コンデジだが、こいつでメンバーの後ろ姿も狙っているのであるw
虫除けのプロテクターまで装備されているのにはまたびっくり!
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

Rollei BULLET HD その後 v.s. Drift HD

6月にRollei BULLET HDという車載カメラを購入→過去記事

その後、このブログにRollei BULLET HDとかの検索キーワードで訪れてくれるかたもちらほらいらっしゃいます。
そんな方々にその後のレビューを。

まあ正式に日本で発売されている製品でも無し、購入を検討されている方も少ないとはおもいますが、

先ず結論!
Rollei BULLET HDは未完成の不良品である購入すべきではない!

その理由

1 防水という触れ込みで、防水用のOリングやらシリコンやらが同梱されているのだがこの防水が今ひとつ。
  一回雨中や川の中で使用したのだが、それ以来、録画を始めて20分程度で、中の水分が気化レンズに付着し、
  曇ってまともに撮影できなくなる。
IMGP1609.jpg普通の状態
IMGP1607.jpg

録画20分後

2 スペックでは2時間の録画が可能とあるが、実際の撮影可能時間は
  バッテリーがフル充電の状態で動画撮影を始めて、約40分で勝手に録画状態が切れる。
  続けて再録画した場合、約30分でまた勝手に録画状態が切れる、その後は5分程度しか録画できず、 
  結局、バッテリー1本で1時間程度しかもたない。
  また、USBから給電しながらの録画も不可。

3 バッテリーを装着したときのバッテリーとケースの遊びが大きく、振動で勝手に電源がOFFになることがある。
  その時にはそれまで録画した画像は消える。
  しかも、SDカードをPCに繋いでファイルの内容を見るまで分からない、その場で分かればなんとか
  対処の方法もあるものの、帰宅してからではショックを受けるだけ。
  2のバッテリーの駆動時間もそうだけど、これなんか製品の設計の時点でアウトでしょ!

4 手ぶれ補正はあるのだが、これが使い物にならないくらいひどい。
  後半の比較動画参照

5 2~3分で勝手に主電源がOffになるので、撮影開始と思ってリモコンボタンを押しても空振りということも
  バッテリーの消耗を押さえるためでしょうけど

6 操作はボタン一つなのだが、その操作のフィードバックが分かりづらいため、走行中など電源が入ったのか?
  録画状態に入ったのか?分からないことも多々。

7 特定の条件下での画質は良いと思うが、それ以外では×
 具体的に言うと、晴天しかもあまり雲のない状態でなおかつ振動が少ない状態ならDrift HDより
 自然な色合いが出ていると思う。(バイクに車載する場合、振動で見づらくなるので減点)
 そして光量が足らない状態や明るい場所と暗い場所が交互にある場面だとイマイチ。

後、もう少しあるけどこれくらいにしといたる!
結局良いところほとんど無い。

あえて良いところ探すと、メタル製で格好がいい、コンパクトで車載する場合の自由度が大きい、
くらいか?

IMGP1636.jpg
IMGP1634.jpg
RAMマウントで装着するとシールドを外して撮影できるので、シールドの映り込みも無くなる。

しかしDrift HDでもレンズを回して撮影角度を変えられるので同じように装着できる。
IMGP1630.jpg

Drift HDは給電しながらの録画が可能、外部マイク入力端子も使用可能
IMGP1639.jpg
コードの取り回しがみっともないが

リモコンはBulleteもDriftもクラッチのタンクに巻き付けて装着すれば操作性良し。
IMGP1642.jpg
これはDrift HD用

ということで、Bullet HD 2ヶ月の使用で早くも見限りDrift HDに乗り換えることにしました。
今後Bulletはバイクで使用するときは、動画でなく車載の静止画用カメラとして使用。
動画で使用する場合は、録画時の本体からの熱で曇りが生じるため、熱で曇りがでないくらいの録画時間で使用する(10分程度)ことになりそうです.....こんな不良品オクにも出せないしお蔵入りする予感が

DSC01415.jpg
レンズカバーを外せば曇りの問題は解決するが、部品むき出しで雨が降れば一発、格好の良さも台無し。

比較の動画を作成してみました、購入を検討されている方はどうぞ


前半はBulletとDriftを並べて、後半はそれぞれ別々に編集してあります。
並べてあると一見Bulletの方が良さそうですが、単独で見てみるとぶれ補正がDriftより効いていないことが分かります。

この日のような晴天のあまり変化のない状態では、Bulletの方が自然に近い色を出していると思います、Driftはちょっと黄色が強い感じ。 しかし、Driftの場合露光の調整ができるので一概に悪いとは言えないかも?

画角はBullet、Drift共に170°のはずだが、Driftの方が広く映っているような?

Driftの場合、無限遠でのピントがいまいちというレビューもあったのだが、
バイクへの車載であれば、多少振動が入るのは避けられないし、ピントが甘いのはあまり気にならない。

音声は、Bulletの場合、後部のカバー閉めるとマイクが塞がれるせいか今ひとつ、
Drift HDも内蔵マイクは似たようなものだが、外部マイクが使えるのはGood、ただ外部マイク使用時には
位置によっては風切り音がひどいので、取り付ける位置に気をつける必要がありそう。

これが国内に代理店でもあって正規品ならクレームで返品もきくのだろうが、個人輸入じゃ泣き寝入りか?
ということで見事に人柱に!
最初からDrift HDにしとけば良かった(泣) ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

Rollei BULLET HD インプレ&サンプル動画

Rollei BULLET HD 使用方法は至って簡単。

キャップを外すと、動画・静止画、画質、手ぶれ補正のSW、USBコネクタ等があり、
操作自体は本体についているゴム製のボタン一個のみ。
IMGP1480.jpg


ボタン長押しで、バイブとともにLEDが青に点灯しスタンバイ。
再度ボタンを押して録画開始します。このときにもバイブが入りますが、バイクやヘルメットに装着した場合は
多分わからないでしょう。
IMGP1473.jpg


録画中は、LEDが赤で点滅しているので確認できます。
静止画を撮影する場合は、再度ボタンを押して撮影状態を解除するまで3秒ごとに連続して撮影し続けます。
IMGP1475.jpg


リモコンは、USBコネクタにアダプタを装着して使用しますが、電源のOnOffには使用できません。
電源Onのまま、何もしないと勝手に電源がOffになってしまうため、リモコンで電源を入れることができないのは
ちょっと不便です。
IMGP1482.jpg


早速使ってみます。
場所は、鹿児島県いちき串木野市から薩摩川内市に至る鹿児島県道43号線、地元では原発道路と呼ばれています。

原発マネーで作られたと思われ、交通量の割に高規格道路ではないかと言うような造りの道路になります。
つまりはバイクに最適!

より大きな地図で 鹿児島県道43号線(原発道路) を表示

サンプルをFull HDサイズでUpしてみました。
オーディオトラックもそのままの状態です。



当日、天気が悪く、路面からの水がかかってぼけている部分もあるのですが、
それを差し引いても、あまり良い画質とは言えないですね~

コンデジの動画でもあまり変わらないかもしれない!
画角などの設定もできるし、画質で言えば絶対Go-Proの方が良さげです。

音に関しては、マイクが後部のキャップで覆われているため、音を拾いにくい構造のようです。
しかも、カメラをエンジンガードに装着したため、ほとんどエンジンのメカニカルノイズしか拾わず

排気音など申し訳程度しか入っていません。設置場所の検討が必要です。
この位置だと、エンジンのメカニカルノイズだけになってしまうので
ブログに上げるときにはBGMでも入れないと.....
ただ、音楽のセンスがゼロ(^^;)

少しだけ使ってみたインプレッションは、
画質に関しては×、もっと低価格のビデオカメラでも同じくらい映りそう。
音質に関しても×、マイクを外付けできるわけでもないが、防水機能を考えればこんなもんか?
携帯性は○、川下り用のヘルメットに装着してもあまり邪魔にはならずに済みそう。
コストパフォーマンスは△、これで送料込みで3万円は微妙なところ。

追記:購入をお考えなら是非こちらもご覧下さい。

Rollei BULLET HD その後 v.s. Drift HD ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク