BMW フユーエルポンプフランジのクラックのリコール発表

半年前にBMWを降りた私が記事にする事が適当かどうか分かりませんが...
まあ以前から追っかけていた事なので記事にします。

昨日Twitterでこんなニュースが飛び込んできた。
無題
ニュースソースはこちら→http://response.jp/article/2014/07/15/227713.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

対応遅すぎでしょって感じですが...

私がこのフユーエルポンプフランジのクラックに初めて気づいたのは、
 2012年9月.20日のていじんさんの記事→燃料ポンプにクラック? GSアドベンチャー

それで自分のバイクをチェックして、手持ちの中古部品に交換
 2012年9月30日 その時の記事→フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)交換

いろいろ探しているうちに対策部品を見つけて装着
 2013年10月19日 その時の記事→フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策

北米でフユーエルポンプフランジのリコール発表
 2013年12月23日 その時の記事→フユーエルポンプフランジのクッラク その後の動き...

私のブログを見て頂いたカナダ在住のヒロキチさんからカナダでの対応のレポ
 その時のヒロキチさんのレポ→フュールポンプのフランジ割れ
 2014年4月8日 その時の記事→フユーエルポンプフランジのクッラックのリコール情報

Responseのこれだけの記事で詳細は分かりませんが、「亀裂が無い場合は、サポートリングを装着し、亀裂がある場合は、対策品の燃料ポンプに交換する。」ということなので、ヒロキチさんからのレポに有るようなカナダでの対応と同様と思われます。

しかしニュースの中にある「燃料ポンプにおいて、クイックカプラーの脱着作業指示が不適切なため、燃料ポンプのマウントドームに亀裂が発生することがある。」ってところはどうでしょう?
一回もタンクを取り外した事のない車体にも起こっていることを考えると、素材の事を無視した詭弁に聞こえないこともありません。

それでもこれで、長年知ってる人は知っていたとっても危険な事が解消できたことは喜ばしいことです。
しかし、既にクラックが入ってガス漏れし自腹で修理した人にとっては何を今更って感じでしょうか、
それと赤男爵などで購入した並行輸入車がどうなるかは分かりませんが...

これでこの件一件落着ということで、これから私が記事にすることも無いでしょう。

慌てて中古パーツに換えたりアメリカから対策パーツを引いてみたり、自分だけで騒いでいたような気もしないではない(^_^;) ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプフランジのクッラックのリコール情報

これまで何度となく記事にしてきたフユーエルポンプフランジのクッラックの件
ムルティではなくGSの事ですが...

以前のこのブログ記事を見ていただいたR1200に乗っておられるカナダ在住の方からコメントを頂いたのでちょっと紹介します。

ヒロキチさんのブログ→http://3monthriding.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

ヒロキチさんの記事より抜粋
”2014年1月8日付けのアメリカのBMW Motorcycle Magazineにてアメリカでのリコールが決まったとレポートされました。2月から4月にかけてオーナーへ告知を行い、点検を行うとのことです。作業内容は、フェールポンプの点検を行い、もしマイナー(小さな)なクラックまたはクラックが発生していない場合は、クランプ(a reinforcing ring)で補強します。大きなクラックやガソリン漏れがある場合は、ユニットをすべて交換するとのこと。”
それによると北米では既に点検修理が進んでいるようです。

リコール
元記事→http://bmwmcmag.com/2014/01/bmw-recalls-2005-2012-motorcycles-over-fuel-pump-leaks/

ここで気になったのは、全ての車両のフユーエルポンプフランジを交換するのではなく、クラックが小さいものはクランプで対処するという所。

あながち私がとった対応でも間違ってはいなかったようです。
その時の記事→フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策
↓これを使う訳ではないでしょうけど?
「R1200/ K1200/1300 Fuel Pump Flange Repair Clamp」
yhst-15102260216258_2268_98942515.gif
http://www.beemerboneyard.com/rk12fuelpmpclmp.html
価格は$34.95

BMW Motorrad Japanはどのような対応をとるのか未だ分かりませんが、フランジのユニットのAssy交換に比べれば、
クランプなら遙かにコストも抑えられるので北米と同じ対応を取ってもらいたいものです。

とは言え、既にBMWオーナーでは無くなってしまった私としては、何も言う資格はありません(^_^;)
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

悲しい別れ...

先日ふと思い立って、3年間乗り続けてきたGSを手放すことにした。

IMGP0175.jpg
日曜日一日かけてオプションパーツを取り外し素の状態に...

久しぶりにバイクに復帰し、バイクの楽しみを再確認させてくれた頼もしい相棒でした。
ツーリング、キャンプツーリングメインの私の使用方法では全く不満な点も無かったのですが...

長年あこがれていたGSに乗ることができて満足でしたありがとう。

さて今回、2つの買い取り業者と交渉をしたのだが、
業界最大手の一社は、さすがに噂になっている居座りはなかったものの、
他社の悪口をさりげなく会話に入れ込みつつ「今日だけの値段です」の連発で即決をうながされたため交渉を中断。
他の一社とは淡々と交渉し値段も駆け引き無しの一発提示、結局買い取り価格も高かったバイク○○○にお願いすることに。

しかし、いざ積み込む段階になると後悔の念が頭をよぎります....
IMGP0181.jpg

IMGP0182.jpg
そして別れの時が...
下取りだと、ショップで新しい相棒が待っているので悲しみは少ないのでしょうが、こうやってトラックに乗せられての別れはつらい...

これでバイクはカブだけになっちまった(T_T)

そして取り外したパーツはきれいにしてヤフオクにでも出すつもりですが、
その前にもしこの記事をご覧になっている方で必要な方がいっらしゃればお譲りします。


1 REMUS チタンスリップオンマフラー 25,000円
  → 装着時の記事

2 アドベンチャー用ウィンドウシールド&ブラケット 15,000円
  →装着時の記事

3 フォグランプ(Wunderlich Micro Flooter Set) 5,000円
  →装着時の記事

4 燃料漏れ対策パーツ R1200/ K1200/1300 Fuel Pump Flange Repair Clamp Set 2,000円
  → 装着時の記事

5 ステップ ローイングキット(Wunderlich) 3,000円
  → 装着時の記事

6 リヤインナーフェンダー(Wunderlich) 3,000円
  → 装着時の記事

7 リフティングハンドル(Wunderlich) 2,000円
  → 装着時の記事

8 アジャスタブルギヤレバー(Wunderlich) 2,000円
  → 装着時の記事

9 オイルエレメント(未使用)1,000円 3個あります

10 エアエレメント(未使用)1,000円 3個あります


11 サイドスタンドトーラー(キジマ) 1,000円
  → 装着時の記事

まあほとんどのパーツがバイクに装着してあったものなのでそれなりの使用感はあります。


興味ある方は、メールフォームもしくは非公開コメントからご連絡ください。
現状の写真などお送りしますのでご検討ください。

【追記】すいません全て商談中です。

なんか商売気が出てくると悲しいもへったくれもないな~(^_^;) ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプフランジのクッラク その後の動き... 【続報】

昨年の年末、フユーエルポンプフランジのクッラクのその後の動き...をエントリーして→その時の記事
カナダでフユーエルポンプフランジのクッラクに対してのリコールがあるらしいとお伝えしました。

本日、ぷんとさんがFBで新たな情報をシェアされていましたのでさらにこのブログでもお知らせ致します。

リコール
詳細はこちら→http://www.nytimes.com/2014/01/07/automobiles/bmw-is-recalling-51000-motorcycles-for-fuel-leak.html

添付資料→http://www-odi.nhtsa.dot.gov/acms/cs/jaxrs/download/doc/UCM447639/RCDNN-13V617-4608P.pdf

先日の情報ではカナダでのリコールと言うことでしたが、添付の資料によるとBMW OF NORTH AMERICAとなっているのでカナダとアメリカ両国が対象なのでしょうか?

対象車種は前の情報と同じ18車種
リコール2
私の2004年製のGSも2005年式と言うことで対象に入ってました、ひとまず安心。

しかしこのリークに関して2006年にはトラブルが報告され、2010~11年には対策パーツに変わっているはずなのですが、
2012年発売のK1600も対象になっていること?

リコール3
対象になるバイクの数はおよそ50000台、結構な台数です。
GSのフユーエルポンプのユニットはだいたい550ドルですから日本円でだいたい58000円(パーツはもっと安いんだろうけど工賃入れれば8万円の見積もりだった)
パーツ代全部で29億円ざっと30億ですww
リコールに二の足を踏む訳です。

日本ではこれほどの台数ではないでしょうが、やはり何万台のオーダーになるんでしょうか?
Motorrad Japanはどんな対応をとるんでしょう?

【ご注意】しつこいようですが日本国内でのリコール情報ではありません。 ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプフランジのクッラク その後の動き...

今まで何度となくこのブログでも記事にしてきた、
フユーエルポンプフランジからのガソリン漏れの件です。

最初にこれに気づいたのは、昨年の9月ていじんさんの記事を目にしてから
その時のていじんさんの記事→燃料ポンプにクラック? GSアドベンチャー

念のため自分のバイクを確認してみるとしっかりクラック、手持ちのパーツに交換して様子見
フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)交換

そして今年10月 クラックが進んでいたためアメリカの対策パーツで補強
フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策

というところで、ひとまず様子を見ているところなのですが...

FaceBookで福岡のボクセルモト池田さんからの情報ですが、
海の向こうでちょっと動きがあったようです。

スクリーンショット

元の記事はここ→http://blog.motorcycle.com/2013/12/19/manufacturers/bmw/bmw-recalls-several-models-canada-potential-fuel-leaks/

これによるとカナダで例のフユーエルポンプフランジのクラックが問題になりリコールとなったようです。
その機種なんと18車種、いったい何台になるんでしょうか?

まあ今までリコールにならなかったのがおかしいくらいなのですが、カナダでリコールって??
本国のドイツではどうなっているんでしょう?

それより気になるのは日本での対応!
BMW Motorrad Japanでもしかるべき対応をしてもらいたいものです。

↓カナダでのリコール対象車種
リコール
しかし私のGS 2004年式なんですけど...(泣)

【補足です】
このリコールの件、あくまでもカナダでの動きで、日本やドイツ本国でリコールされた訳ではありませんので誤解無きようお願い致します。

日本のディーラーに確認してもちゃんとした返答は無いと思います。たぶん... ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク