島旅 一番近い島

私の住んでいるところは鹿児島県、島が多い県でもあります。
あと桜島とか霧島とかありますが...

そんな島が多い鹿児島の中でも私の住んでいるところから一番近い島は甑島。
薩摩半島の西側およそ40kmにある上甑・中甑・下甑の三島からなる島々です。

IMG_2268.jpg
こんな風に毎日通勤の途中東シナ海に浮かんでいる姿を良く目にします。

一番近い島ではあるのですが、一番身近な島では無いのがちょっと残念
前々から一度は訪れてみたいと思っていたのですが、なかなかその機会が無かった、今回初めて甑島に渡ってきました。

甑島に渡るには当然フェリーですが、そのフェリーのダイヤがちょっと分かりづらい。

無題
一泊で三島全て回るのはちょっと厳しそうなので今回は、上甑・中甑の二島を回ります。
それでも、串木野を11:20発の便で島に向かい翌日の12:35発の便で帰ってくるのが島で一番時間を取る方法になります。

と言う訳で、土曜日の朝フェリーの出る串木野新港

P5210006.jpg

結構大きい

P5210007.jpg

フェリー乗り込む時はいつでも少し緊張しますね。

P5210009.jpg

島旅の相棒はカブ、外洋に出るのでしっかりとロープで固定。

一時間ちょっとで上甑島へ

P5210008.jpg

P5210011.jpg

暗い車両デッキから島に降り立つ瞬間、ちょっと気分が高揚します。

島で最初にしたことはキャンプ地の確認、上甑には二ヶ所のキャンプ場がありますがその一つ島の北端にある市の浦キャンプ場

IMG_0961.jpg

きれいな海岸沿いにあります、芝生で松林に囲まれ日差しも遮ることができる、残念ながら水道から水が出ないwとりあえずキープして島内観光へ出発します。

その前に里の街中で昼食

P5210017.jpg

初めは寿司屋で海鮮丼の予定だったのだが、目的の店が開いていなかったため通りがかりのギャラリー兼カフェに。

P5210015.jpg

P5210016.jpg

ギャラリーの展示も食事もちょっと微妙(^_^;)

店の方に道を尋ねて最初の目的地へ

P5210018.jpg

甑島の里地区は海流や波風によって砂や小石が運ばれ堆積し地続きになったトンボロ(陸繋砂州)という地形でそれがきれいに見える展望所があるという。

IMG_0966.jpg

トンボロは函館が有名で、函館山から函館市街を見る感じと似てる言えば似てる。

その後、嶺の山 遠目木山という山の裾を回る林道を回って次のビュースポットへ

IMG_0973.jpg

林道の間から上甑 中甑を結ぶ二つの橋と中・下甑の二つの島を見渡せるビューポイントです。
このくらいから雲がグッと厚くなって空と海が同じような色になってしまいちょっと残念、

天気が良いと青い空と海のコントラストが素晴らしい絶景ポイントらしいのですが...

長目の浜へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ

南へ! 久々の島旅

金曜日、週末何をするか決めかねていたところ、ふと思い立って久々に島旅へ!

土曜日朝8時半鹿児島港三島行きフェリーターミナル
P9120005.jpg
長距離フェリーと言うほどもないのだが、外洋に出るだけでちょっと心が躍りますw

IMG_1938.jpg
開聞岳を見ながらいよいよ外海へ

DSC_0015_20150915151952a00.jpg
眠っている間に船は最初の寄港地、竹島を出て既に硫黄島へ向かっていましたw

そして今回の目的地、硫黄島
IMG_1940.jpg

聞いてはいましたが、港付近海の色は真っ赤!
火山の成分が海水と反応して赤くなっている、ただ表面だけで赤い色のすぐ下は透明な色をしているそうな...
DSC_0030_20150915152227fe3.jpg

上陸!
P9120009.jpg

先ず、今日のねぐらを確保するために、村の総合開発センターへ
P9120019.jpg

声をかけても返事がありません、たぶん港へ行っているのでしょうか?
P9120010.jpg
外にある俊寛の銅像前で写真を撮って、先に島内を回ることにします。

先ず向かったのは、恋人岬。
IMG_1941.jpg
断崖から見下ろす海の色のコントラストが素晴らしい。

DSC_0042_20150915153459b32.jpg
目の前を乗ってきたフェリーが黒島へ向かっていきます。

P9120012.jpg
ここが恋人岬、おやじひとりで来ても名前に何の感動も感じませんが...
景色は最高です。

その後、硫黄島の西側を回って一旦キャンプ場へ帰り、受付をしてテントの設営。
P9120021.jpg
恋人岬へ向かう断崖絶壁のすぐ下に有り、芝生のサイト、炊事棟はなんとか使える状態で水もOK、トイレは近くのプールのトイレが使用可能で料金は無料!
決して整備されているとは言えないが、風や日差しを遮る木々もあり、なかなか快適なサイトです。

テントを準備したところで再び、島内を巡ります。
小学校の近くに、なにやら案内板が、ちょっと行ってみましょう。
P9120018.jpg
安徳天皇の墓
案内板によると壇ノ浦の合戦で入水したと言われる安徳天皇が、実は生きていてここで生涯を閉じたという伝説。
各地によくある伝承ですな。

実は硫黄島にはもう一個所キャンプ場がある。
冒険ランドと行って、鹿児島県の施設で先程テントを張ったキャンプ場よりよっぽどきれいで整備されている。
P9120027.jpg
基本的に小中学生の為の施設のようで、きれいなバンガローも整備されている。
ソロのキャンパーでも使えるようだが、事前に許可が必須ということでした。

次は、俊寛堂
平家討伐の密議がバレてここへ島流しになったと言う俊寛が住んでいたといわれるお堂を想像して復元したもの。
P9120032.jpg
村道から苔に覆われた小道を数百メートル、苔の道がなかなか雰囲気が良い。

P9120031.jpg
港から結構離れているので、本当にここを住居にしていたのかとも思いますが、寓居という雰囲気は伝わります。

次いで向かったのは島の北側にある坂本温泉
P9120033.jpg

海中温泉で、海中からコンコンとお湯が湧き上がっているのが見えます。
ただ温度が問題で入れる湯温になるのにタイミングが必要、満潮時は温いし干潮だと熱すぎ。
P9120034.jpg
この時入って入れないことはなかったのだが、石積みの堤防で展望は良くないし、ちょっと海苔やゴミがあったりして今回はパス。

ちなみに硫黄島 島内に5個所の温泉が有ります。
①坂本温泉、ここ。昔島内の人はほとんどこの温泉に浸かりに来ていたそうな。
②大谷(ウータン)温泉、坂本温泉に行く途中海岸へ下りたところにある、
 干潮の時尚且つ自分でスコップで浜を掘って湯船を作る必要あり。
③穴の浜(ケツノハマ)温泉、断崖絶壁の下にある、ここも干潮時のみ入れるそうだが結構ワイルドな所にあります。
④東温泉、今回の旅の目的の露天風呂!
⑤開発センター内にある温泉、週三日時間限定でオープンする。
ぜ~んぶ只、無料です。

次は島の最北端 平家城跡由来は不明、開聞岳、佐多岬など県本土がきれいに見渡せます。
P9120037.jpg
この写真で打ち寄せる海の一番右側のあたりに穴之浜温泉があるそうです、なかなかハードルが高そうw

P9120038.jpg
中村勘三郎(だったっけ?)が演じた俊寛の像がここにも。

その後、孔雀と競争しながら今回の旅の目的地へ向かいます。
P9120026.jpg
この島至る所に孔雀がいます、以前あったリゾートホテルで飼われていた孔雀が野生化したのだとか。

いよいよ目的の東温泉へ

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク

南へ!

久々に島旅


硫黄島きた~


なんつぁならん!(何にも言えねぇ)
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ

キャンツー in 奄美大島 その3

このヤドリ浜

P3220077.jpg
芝生のきれいなサイトで大きな東屋もあって悪天候でも大丈夫。
多少風が抜ける感じはしますがなかなか良いサイトです。

写真の参天は近くのホテルの従業員の女性がキャンプ好きでたまにテント張ってるらしい。
長期滞在の人も多いらしく、最初に声を掛けられたのは「長期滞在の方ですか?」という一言だった。

P3220076.jpg
シャワー・水洗トイレ完備、ただ炊事場は生活感に溢れています。
水は出ますが飲用に向かないらしく至る所に飲用不可の張り紙が。

ただ場所によっては水銀灯の光が強く寝られません、蛙の声もうるさいけどなかなか気に入りました。

P3210056.jpg
村長さんに挨拶して出発。

DSC_0063_2014032414113816f.jpg
今日の一発目は、ヤドリ浜の隣にあるホノホシ海岸。
ここは砂浜ではなく小石の海岸、それも全て丸い小石です。

歩きにくいのですが、足裏の感触と音が堪りません、波も引くときに石を引いてガラガラと独特の音を立てています。
なかなかおもしろい。

DSC_0064.jpg
キャンプもできるようですが風が強そうです。

そして古仁屋を抜けて島の東南側を北上
P3220081.jpg
奄美の道は、市街地を除くと交通量が少なく非常に走りやすい、結構峠を越えますがトンネルが多くきつい山道はあまりありません。
変化にも富んでいて大きなバイクでも楽しめること間違いなし。

いよいよ今回の主たる目的地へ
P3220082.jpg
道の駅「奄美大島 住用」

P3220085.jpg
これで念願の九州沖縄道の駅121駅コンプリート!
まあそれほどの感慨がある訳ではありませんが、一区切りできます。

P3220083.jpg
道の駅自体は、小さな物販スペースとレストラン、奄美特有の動植物の生態系の展示などがありますが、
ここのメインはこれ

P3220119.jpg
P3220121.jpg
マングローブ、10年ほど前に一度来て以来是非もう一度見てみたいと思っていました。

P3220087.jpg
そしてこれをやるために天気の良い日を狙っていたのでした。
道の駅からマングローブのカヌーツアーが出ています。

P3220096.jpg
カヌーは基本的に川しかやらないのですが、ここは格別!

P3220105.jpg
前回は干潮でこのマングローブのトンネルを通れなかったのが心残りになっていたのです。

ここのツアーは初心者向きで約60~90分と時間的にもちょうど良い、本来ならもっと時間を掛けてじっくりと漕いでみたいところですが、なかなかそううまくは時間が取れません。

余裕があれば道の駅のカヌーツアーではなく、他のショップのカヌーツアーだともう少し楽しめるのかもしれません。

↓島内一周は続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク

キャンツー in 奄美大島 その2

DSC_0025_20140324111923ab2.jpg
この大島海峡の海の色、青でもなく藍色でもなく紫でもない何とも言えない色をしています。

30分ほどで瀬相港、加計呂麻での主たる目的は加計呂麻島の北の端にある実久海岸、実久ブルーとも呼ばれるきれいな海岸があるはずです。

港から約15km 20分ほどで、見えてきました。
P3210031.jpg

DSC_0036_20140324111922c5c.jpg
私のヘボな写真の腕では表現できない(^_^;)
コバルトブルーと言うだけでは言い表せないような美しい海岸、これは素晴らしい!

DSC_0049_20140324111922874.jpg
ここは来て良かった。

すぐ立ち去るにはあまりにももったいないので、ここでカップ麺で昼食をとりコーヒーを飲んで贅沢な一時を過ごします。

名残を惜しみつつ、今来た道を引き返し島の南側へ
加計呂麻島は縦断する県道614号線とそれに繋がる町道と林道があり、島内の一周はできませんが、
この県道614号がまた素晴らしい、岬を曲がる度にオォと声が出るくらい最初はその度にカブを止めて写真を撮っていたのですがきりがない。
P3210036.jpg

島の南側にある徳浜へ向かう途中にある展望所、くじらが見えることがあるらしいが今日は無理
P3210039.jpg

徳浜海岸、寅さんの映画の最終回のロケ地のようです。
P3210040.jpg
この頃になるときれいな海岸に麻痺してしまっている(^_^;)

近くにある諸鈍のデイゴの並木、花の時期には少し早かったようですが風情があります。
P3210044.jpg
P1000286-1[1]
花が咲くとこうなるみたい、結構美しい。
ただ花が咲く期間は一週間ほどらしいので見るのは大変かも?

ここも寅さん映画のロケ地のようで観光バスで結構賑わっていました。
ここでは寅さんのロケ地というのが観光資源になっているようです、きれいな海だけではなかなか人はこないんでしょうか?
ちょっと複雑な気分で再び奄美本島へ。

P3210047.jpg
見た限りではちょっとした食料品はこのフェリー売り場でしか見当たらないような?
加計呂麻でキャンプするときには古仁屋で準備した方がいいでしょう。

古仁屋で今夜の食料品を買い込み本日の幕営地へ

P3210050.jpg
途中にこんな所があったので寄ってみた、TVに出たところらしい。
湾の形がハートになるのだそうな...

↓気になるキャンプ地は



続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク