ソロストーブもどき

以前からロケットストーブに興味があり、ペール缶で自作するか~とか思っていろいろなサイトを回っているうちに、そんなことをしなくても似たような物が販売されているのを発見。

01_20170417152827f36.jpg
それはSolo Stoveというストーブ

Solo Stove Japan

原理はロケットストーブと同様に二重構造の燃焼室を作り二次燃焼を起こすことで燃焼効率を高めるというもの。
ペール缶で自作したんじゃキャンプでは使えないし、すぐさまこちらに方針変更。

でもちょっと良いお値段でサイズも大きめ、そこで密林をチェックすると似たような商品がゾロゾロあります、その中から評判の良さそうな物をオーダー
↓こいつ


中華製のパクリ商品のようだが、本家のSolo Stoveよりコンパクトにパッキングできるし何よりそのダメでもあきらめの付く価格は魅力的。
そして二日後...

IMG_3161.jpg
いつも使っているクッカーより一回り小さい、サイズ的には問題なし。
IMG_3166.jpg
うまいこと入れ子になってパッキングされてます。
IMG_3163.jpg
パーツは4つ、菱形の穴のあるパーツが火床ですが、うまいこと完全燃焼させなくては燃えかすがたまりそうです(予感的中でした)
IMG_3164.jpg
組み立ては簡単。
IMG_3165.jpg
五徳部分を乗せて完成、五徳が小さいので少し不安定かも?(この予感も的中)

ということで実際使ってみた。
↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

秘密のグリルちゃん

今私が使っている焚き火台は、メインでユニフレームのファイヤースタンド。
ファイヤースタンド10
使っている理由はその軽さ、長さは60cm近くあるのだが、スタンドを改造して短くするとパニアケースにもそのまま入る手頃な長さになってパッキングも楽、だがこの焚き火台で煮炊きできないのが難点(できないことはないが...)

焚き火台で煮炊きしたかったり荷物に余裕があるときにはこれ
P4200003.jpg
同じくユニフレームの焚き火グリル。
焚き火で料理もできるし風にも強く、ガスストーブの風避け代わりにもなって便利。
難点は収納サイズも多少大きく重さも4kgと重いこと、なので荷物もコンパクトに収めたいときなどなかなか持っていけません。

もう少しコンパクトで上で煮炊きできる焚き火台を探していたところ、割と良さそうなものを発見。
それは、ドッペルギャンガーの秘密のグリルちゃんとかいうふざけた名前の焚き火台。
出たばかりのようでレビューがあまり見当たらなかったが試しに購入、送料込みで5000円ちょっと
IMG_2970.jpg
思った通りコンパクト、中は
IMG_971.jpg
IMG_972.jpg
組み立て方は説明書も要らないくらい。
IMG_2975.jpg
針金を一本一本組むのが少し面倒。
品質は針金の長さが少しずつ違うとかいつものドッペル品質w
IMG_2974.jpg
煮炊きしないときには針金を外せばOK。
さて実際使ってみた感じはどうでしょう?


↓追記へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

UNIFRAME「薪グリル」導入

今 私が使っている焚き火台は、ユニフレームのファイヤースタンド


ファイヤースタンド10

使っている理由はその軽さ、長さは60cm近くあるのだが、スタンドを改造して短くするとパニアケースにもそのまま入る手頃な長さになってパッキングも楽。

過去記事→「いまさらながらファイヤースタンド改造」


難点はメッシュが使っている内によれよれになってしまうので耐久性が無い、風通しが良すぎるので薪が良く燃えて燃費が悪い(長所かも?)。

そして最大の短所は、この上でお湯を沸かしたり料理したりできないこと。(方法は無いことは無いのだが...)

特に寒い時期に焼酎のお湯割のためにお湯を何度も沸かすためにストーブに火を入れなければならないのが面倒(^_^;)


と言う訳で、お湯を常に沸かしておける焚き火台を導入!


それはUNIFRAMEの新製品「薪グリル」

無題

CAMP HACK 2016 UNIFRAME 新製品品展示会のレポ

価格はだいたい12,000円前後、ファイヤースタンドの倍くらい。

焚き火台と言うより料理用のグリルという位置づけらしい。


P4200001.jpg

届きました、結構ずっしり、説明書だと重量は3.6kg


P4200002_201605181448522fc.jpg

内容はこんな感じ、全てステンレス製。


P4200003.jpg

組み立ては、最初火床の組み方が分からなかったが、慣れれば簡単。

使用時サイズは、約410×300×350(高さ)mm それほど大きくも無く小さくも無い

個人的には使いやすいサイズ。


P4200004_20160518144855c94.jpg

収納サイズは、収納時サイズ:約230×400×65(厚さ)mm

十分トップケースにも収まる大きさ、重量が4kg近くあるのがなんだが...


IMG_2249.jpg

そして先日のキャンプでデビュー!

三方がステンレスウォールで囲まれているので、ファイヤースタンドに比べれば耐風性は抜群。

このくらいの大きさの薪を5~6本で2~3時間は燃えていたので効率も良さそうです。


IMG_2252.jpg

重いのが難点だが、いつでもお湯が使えるというのは何事にも代え難し!

もちろんお湯を沸かすだけでは無く、BBQやいろんな料理にも使えるのも良い。


と言う訳で出番も多くなりそうです、今から暑くなりますが...



ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ

キャンプテーブル作成

私がキャンプの時に使っているテーブルは、ドッペルギャンガーのウルトラライトテーブル

値段も安く造りもそれなりだが、軽いので良く使っている、ただしトップが布製なので使いづらい一面も。

なので、昔ファミキャンで使っていたロールテーブルも併用している。
ただ非常に重いのが難点。
IMGP0289.jpg

ムルティや車でのキャンプはまあこれらで十分なのだが、カブでキャンプの場合そうもいかない。

キャプテンスタッグのロールテーブルや


リヤに積んでいるRVボックスボックスを外してテーブル代わりに使っている。
P3050001.jpg
このRVボックス、テーブルとして使えないことは無いのだが、上がフラットでは無いので非常に使いづらい、
この上でビールやコーヒーをこぼすのは日常茶飯事です。

なので、RVボックスをちゃんとしたテーブルとして使えるように改造します。

P3050002.jpg
松の集成材を切って蓋に合わせます。

P3050008.jpg
蓋の裏からネジ止めして完成。

P3050003.jpg
百均の適当なポールとS字フックを適当に改造してランタンスタンドも装着可能。
これだけだともったいないので、テーブル単体として使えるようさらに改造。

目標はこんな感じ。

P9210083.jpg
ブロ友のhoneGさんの自作キャンプテーブル
honeGさんのブログ→カブとジムニーで外遊び。
このテーブルなんか商品化しても良いくらいの出来栄えですw

さて木工は苦手なのですがうまく行くでしょうか?
とりあえず完成したので紹介します。

P3050004.jpg
まずRVボックスに取りつけたパーツを取り外し。

IMG_2158.jpg
テーブルの脚を組み立てます。

どうやって脚とテーブルを繋ぐか悩みに悩んで...
P3050005.jpg
割ピンと木ねじでロック!

P3050006.jpg
なんとかうまいこと行きました(^_^)v

P3050007.jpg
結構使い勝手は良さそうです。
ただ木工は苦手なので残念な仕上がりになってしまった(^^;)

早速こいつでキャンプをと思ったところ、週末は雨(>_<)
お披露目はもう少し先になりそうです。



ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

ポチっとな!

昨年の秋口からずっと物欲に捕らわれっぱなしですw

フルサイズのデジタル一眼、交換レンズ、ポータブル赤道儀を始めバイク用品、キャンプ用品などいとまが無い...

で、年が明けてもうポチするのを止めようと思ったのだが...

どういう訳かこんなもんが
IMGP0141-2.jpg
まあどういう訳もこういう訳もないのだが....

IMGP0142.jpg
使いやすそうなスタッフサックに入っている、下のバッグは冬用インナー
Luxe Mega Horn II →アウトドアベース犬山

P7180016.jpg
モノポールテントは小ぶりな奴を一つ持っていてこれはこれで満足している。(Luxe Mini Peak)
なのだが、この中にストーブを持ち込み暖を取るにはちと小さい。

mega_horn00L[1]
そこで冬のキャンプのために大きめのメガホーンを購入、これなら中に灯油ストーブを持ち込んでも余裕らしい。

まあ冷静に考えれば、ここは鹿児島冬のキャンプでそこまでやる必要は全く無いのだが、ポチった時にはそんなことまで考えが及ばない(^_^;)
まあこれでポチの打ち止めと心に誓う!

駄菓子菓子、昨年末良く訪問しているブログにちょっとしたものが紹介されていたw
イトメンさんのブログ→雨のち晴れ・・・るかも?

それは
IMG_2126.jpg

小ぶりででちょっとおしゃれなランタン、「スノーピーク ノクターン」
IMG_2127.jpg

イトメンさんのブログを見てすぐ購入と思ったのだが、既に完売!
そこで楽天にこの商品が販売されたらすぐお知らせが来るように設定していたら、年明けにお知らせが届きました。

これもまあ、冷静に考えればキャンプの灯りはカーバイトランプを始めいくつもあるし、いらないと言えば要らないのですが...

でもスノーピーク製にしては価格も4000円を切っていて、非常にコンパクト。
それに折角お知らせまでもらったのだからという理由でポチっ!
この二回目のロットも二三日で完売し人気の高さがうかがえます。

IMG_2129.jpg
まあメインの灯りにはなりそうもないが、テーブルの上に置いてもそれほどまぶしく無い。

IMG_2132.jpg
火力調節は針金製のノブと火屋のリングの二通りで調整する。

IMG_2131.jpg
まあマントルも必要ないし予備としても一つ持っていても邪魔にはならないか...

ということでこれから絶対余計なものは買わないと、改めて心に誓ったのでありました!
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用