Locus Gear Soris Sil レビュー

【10月14日追記】
Soris Silの受注が再開されたようです。→http://locusgear.com/items/soris-sil/


昨年購入した宴会幕 パクリオン
PC100024.jpg

宴会用だけで無く、冬場のソロキャンでも結構使い勝手が良い
IMG_2626.jpg
こいつを夏場でもタープ代わりに使うと年間通じて使えるな~とか思って、先日久々に張ってみたところ...

P9040003.jpg
使用三回目でポールが当たる部分がざっくり!
P9040002.jpg
ポールの先端がこれじゃ、いくら補強してあっても突き抜けるのは当然。

中華製の質の悪いパクリもんだし、多少補強しながら使ってもその内使えなくなるのは明白。
なので代用品を検討!

真っ先に考えたのはパクリオンの本家 MSR パビリオン、こいつは既に販売中止でヤフオクなどにたまに出品されていても20万以上はあたりまえ、30万以上になることさえある なので却下。

いろいろと検討しているとCAMP HACKにこんな記事を発見
CAMP HACK→【ローカスギアのソリスシル!キャンパー最高峰のシェルターに注目】
soris_sil.jpg
一見するとMSR パビリオンに似ているが、それより張り姿がピンとして格好良い。

早速メーカーのLocus Gearのサイトで見てみると
http://locusgear.com/items/soris-sil/

このメーカー商品の多くが注文生産でなかなか入手できない、特にソリスシルは生産量が限られていて、注文してから半年程度の納期が必要、しかも現在注文は停止中。
なので今のところ入手できないのだが、試しにヤフオクで探したところ出品されてました。
結構競り合ったのがなんとか落札、入手の運びとなりました。

ということでレビューへ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

ソロストーブもどき 改良

少し前アマゾンを徘徊していたときに見つけたソロストーブもどき
↓こいつ


使ってみるとそれなりに使えそうだが、燃料の補給のやり方に気を付けないとなかなか完全燃焼しづらい。
過去記事→【ソロストーブもどき】

原因は
IMG_3162.jpg
この火床に燃えかすが溜まって空気の流れが止まり燃えにくくなる為。

そのままお蔵入りは少し残念なので、改良を加えてみました。61y2kBCc_LL_.jpg
百均で流しのゴミ受け用の網を入手。

IMG_0049_2.jpg
丸くドーム型に整形して火床の大きさにカット。
IMG_0050_2.jpg
そして火床にセットすれば完了。

IMG_0051_2.jpg
使い方は全く同じ。
IMG_0052_2_201706141449014fc.jpg
効率が良いせいか着火も一発、後は薪を少しずつ供給するだけ、改良前のように気を使わなくてもOK。

IMG_0053_2_20170614144903d75.jpg
火力も強く料理も無問題、ただし五徳が小さくて使いづらいのが難点です。

IMG_0054_2.jpg
そのまま火は消えることもなく安定して燃え続けておりました。

IMG_0059_2.jpg
翌朝、大きな燃えかすはなく残ったのはわずかな灰のみ、この改良で十分使用に耐える火器となりました。

改良前は、なかなかお薦めとは言えなかったのだが、お薦めの一品に!
なんせこれ2000円でおつりが来るw

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

親方工房からの贈り物 その2(ピコ・パクリル)

私のキャンプに付きものの焚き火、昔と違って直火なんてもっての他、焚き火台は必須です。
今手持ちの焚き火台は...

ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト
01_2017050115554548b.jpg
木炭で使う分には使いやすいしコンパクトなんだが、薪を燃やすようにはできていない。

ユニフレーム ファイアグリル
02_20170501155547d0b.jpg
手持ちの焚き火台の中で一番使用頻度が高いのだが、これで調理するのは難しい。

ユニフレーム 薪グリル
03_20170501155548077.jpg
風にも強く調理可能、太い薪もガンガンくべられる、使い勝手は一番良いがそのサイズと重さが難点。

4 ドッペルギャンガーアウトドア 秘密のグリルちゃん
05_20170501155544524.jpg
コンパクトで焚き火も調理も可能だが、大きな薪はくべにくいし少し使いづらい。

5 中華製 ソロストーブもどき
04_20170501155550470.jpg
コンパクトで安価だが、燃やす薪の量を微妙に調整しないと完全に二次燃焼できない、五徳の使い勝手もイマイチ。

ということで焚き火台選びに迷走しております(^_^;)

その時々のシチュエーションによってこの中から最適な物を選んで使ってきましたが...

↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

ソロストーブもどき

以前からロケットストーブに興味があり、ペール缶で自作するか~とか思っていろいろなサイトを回っているうちに、そんなことをしなくても似たような物が販売されているのを発見。

01_20170417152827f36.jpg
それはSolo Stoveというストーブ

Solo Stove Japan

原理はロケットストーブと同様に二重構造の燃焼室を作り二次燃焼を起こすことで燃焼効率を高めるというもの。
ペール缶で自作したんじゃキャンプでは使えないし、すぐさまこちらに方針変更。

でもちょっと良いお値段でサイズも大きめ、そこで密林をチェックすると似たような商品がゾロゾロあります、その中から評判の良さそうな物をオーダー
↓こいつ


中華製のパクリ商品のようだが、本家のSolo Stoveよりコンパクトにパッキングできるし何よりそのダメでもあきらめの付く価格は魅力的。
そして二日後...

IMG_3161.jpg
いつも使っているクッカーより一回り小さい、サイズ的には問題なし。
IMG_3166.jpg
うまいこと入れ子になってパッキングされてます。
IMG_3163.jpg
パーツは4つ、菱形の穴のあるパーツが火床ですが、うまいこと完全燃焼させなくては燃えかすがたまりそうです(予感的中でした)
IMG_3164.jpg
組み立ては簡単。
IMG_3165.jpg
五徳部分を乗せて完成、五徳が小さいので少し不安定かも?(この予感も的中)

ということで実際使ってみた。
↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用

秘密のグリルちゃん

今私が使っている焚き火台は、メインでユニフレームのファイヤースタンド。
ファイヤースタンド10
使っている理由はその軽さ、長さは60cm近くあるのだが、スタンドを改造して短くするとパニアケースにもそのまま入る手頃な長さになってパッキングも楽、だがこの焚き火台で煮炊きできないのが難点(できないことはないが...)

焚き火台で煮炊きしたかったり荷物に余裕があるときにはこれ
P4200003.jpg
同じくユニフレームの焚き火グリル。
焚き火で料理もできるし風にも強く、ガスストーブの風避け代わりにもなって便利。
難点は収納サイズも多少大きく重さも4kgと重いこと、なので荷物もコンパクトに収めたいときなどなかなか持っていけません。

もう少しコンパクトで上で煮炊きできる焚き火台を探していたところ、割と良さそうなものを発見。
それは、ドッペルギャンガーの秘密のグリルちゃんとかいうふざけた名前の焚き火台。
出たばかりのようでレビューがあまり見当たらなかったが試しに購入、送料込みで5000円ちょっと
IMG_2970.jpg
思った通りコンパクト、中は
IMG_971.jpg
IMG_972.jpg
組み立て方は説明書も要らないくらい。
IMG_2975.jpg
針金を一本一本組むのが少し面倒。
品質は針金の長さが少しずつ違うとかいつものドッペル品質w
IMG_2974.jpg
煮炊きしないときには針金を外せばOK。
さて実際使ってみた感じはどうでしょう?


↓追記へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用