フユーエルポンプフランジのクッラックのリコール情報

これまで何度となく記事にしてきたフユーエルポンプフランジのクッラックの件
ムルティではなくGSの事ですが...

以前のこのブログ記事を見ていただいたR1200に乗っておられるカナダ在住の方からコメントを頂いたのでちょっと紹介します。

ヒロキチさんのブログ→http://3monthriding.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

ヒロキチさんの記事より抜粋
”2014年1月8日付けのアメリカのBMW Motorcycle Magazineにてアメリカでのリコールが決まったとレポートされました。2月から4月にかけてオーナーへ告知を行い、点検を行うとのことです。作業内容は、フェールポンプの点検を行い、もしマイナー(小さな)なクラックまたはクラックが発生していない場合は、クランプ(a reinforcing ring)で補強します。大きなクラックやガソリン漏れがある場合は、ユニットをすべて交換するとのこと。”
それによると北米では既に点検修理が進んでいるようです。

リコール
元記事→http://bmwmcmag.com/2014/01/bmw-recalls-2005-2012-motorcycles-over-fuel-pump-leaks/

ここで気になったのは、全ての車両のフユーエルポンプフランジを交換するのではなく、クラックが小さいものはクランプで対処するという所。

あながち私がとった対応でも間違ってはいなかったようです。
その時の記事→フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策
↓これを使う訳ではないでしょうけど?
「R1200/ K1200/1300 Fuel Pump Flange Repair Clamp」
yhst-15102260216258_2268_98942515.gif
http://www.beemerboneyard.com/rk12fuelpmpclmp.html
価格は$34.95

BMW Motorrad Japanはどのような対応をとるのか未だ分かりませんが、フランジのユニットのAssy交換に比べれば、
クランプなら遙かにコストも抑えられるので北米と同じ対応を取ってもらいたいものです。

とは言え、既にBMWオーナーでは無くなってしまった私としては、何も言う資格はありません(^_^;)
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプフランジのクッラク その後の動き... 【続報】

昨年の年末、フユーエルポンプフランジのクッラクのその後の動き...をエントリーして→その時の記事
カナダでフユーエルポンプフランジのクッラクに対してのリコールがあるらしいとお伝えしました。

本日、ぷんとさんがFBで新たな情報をシェアされていましたのでさらにこのブログでもお知らせ致します。

リコール
詳細はこちら→http://www.nytimes.com/2014/01/07/automobiles/bmw-is-recalling-51000-motorcycles-for-fuel-leak.html

添付資料→http://www-odi.nhtsa.dot.gov/acms/cs/jaxrs/download/doc/UCM447639/RCDNN-13V617-4608P.pdf

先日の情報ではカナダでのリコールと言うことでしたが、添付の資料によるとBMW OF NORTH AMERICAとなっているのでカナダとアメリカ両国が対象なのでしょうか?

対象車種は前の情報と同じ18車種
リコール2
私の2004年製のGSも2005年式と言うことで対象に入ってました、ひとまず安心。

しかしこのリークに関して2006年にはトラブルが報告され、2010~11年には対策パーツに変わっているはずなのですが、
2012年発売のK1600も対象になっていること?

リコール3
対象になるバイクの数はおよそ50000台、結構な台数です。
GSのフユーエルポンプのユニットはだいたい550ドルですから日本円でだいたい58000円(パーツはもっと安いんだろうけど工賃入れれば8万円の見積もりだった)
パーツ代全部で29億円ざっと30億ですww
リコールに二の足を踏む訳です。

日本ではこれほどの台数ではないでしょうが、やはり何万台のオーダーになるんでしょうか?
Motorrad Japanはどんな対応をとるんでしょう?

【ご注意】しつこいようですが日本国内でのリコール情報ではありません。 ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプフランジのクッラク その後の動き...

今まで何度となくこのブログでも記事にしてきた、
フユーエルポンプフランジからのガソリン漏れの件です。

最初にこれに気づいたのは、昨年の9月ていじんさんの記事を目にしてから
その時のていじんさんの記事→燃料ポンプにクラック? GSアドベンチャー

念のため自分のバイクを確認してみるとしっかりクラック、手持ちのパーツに交換して様子見
フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)交換

そして今年10月 クラックが進んでいたためアメリカの対策パーツで補強
フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策

というところで、ひとまず様子を見ているところなのですが...

FaceBookで福岡のボクセルモト池田さんからの情報ですが、
海の向こうでちょっと動きがあったようです。

スクリーンショット

元の記事はここ→http://blog.motorcycle.com/2013/12/19/manufacturers/bmw/bmw-recalls-several-models-canada-potential-fuel-leaks/

これによるとカナダで例のフユーエルポンプフランジのクラックが問題になりリコールとなったようです。
その機種なんと18車種、いったい何台になるんでしょうか?

まあ今までリコールにならなかったのがおかしいくらいなのですが、カナダでリコールって??
本国のドイツではどうなっているんでしょう?

それより気になるのは日本での対応!
BMW Motorrad Japanでもしかるべき対応をしてもらいたいものです。

↓カナダでのリコール対象車種
リコール
しかし私のGS 2004年式なんですけど...(泣)

【補足です】
このリコールの件、あくまでもカナダでの動きで、日本やドイツ本国でリコールされた訳ではありませんので誤解無きようお願い致します。

日本のディーラーに確認してもちゃんとした返答は無いと思います。たぶん... ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

アナキー3交換と冬支度

週末久しぶりのキャンプツーリングなので、久々にGSのカバーを開けていろいろチェックをしていると

フロントタイヤの命の火が消えようとしているところ。
IMG_0939.jpg

アナキー3の特徴である溝の中のサメの歯模様が全く見えません、センターよりややサイドの方がガッツリ減っています。
タイヤの端を使い切れるほどの腕は持っていないので端が残っているのは当然としても、センター部分がやや残っているのは不思議?

センター部分は多少残っているので、無理すればもう少し走れそうですが念のため交換。

IMG_0942.jpg
この前交換したのは、今年の2月せめて一年は残って欲しかった!

リヤはと言うと
IMG_0938.jpg
パターンの中のサメの歯も半分くらい残っている、4〜5分山というところか?
あまりにもフロントと減り方が違う。
フロント2回につきリヤ1回で丁度良い感じ。

気になるタイヤライフは、
・アナキー3(フロント)10,500km
 リヤは15,000km程度か? うまくすればば20,000km行くかもしれない

以前履いたタイヤのライフは
・ツアランスEXP(前後)9,700km
 乗り味もアナキーに比べると立ちが強いし、ライフも短めこれを再び履くことは無いだろう
 ツアランスNEXTはどうだろう?

・アナキー2(前後)13,700km
 タイヤライフは驚異的。
 アナキー3のカタログではより耐久性は増してますみたいなこと書いてあったので期待していたが残念。

アナキー3ロードノイズが多少気になる点を除けば、十分満足できるタイヤでした。
濡れた路面での安定感は3本の中でも一番だな...
欲を言えばアナキー2くらいの耐久性があって欲しかった(>_<)

そして南国鹿児島とは言えそろそろ寒さも増してきた今日この頃

IMG_0950.jpg
ハンドルカバー装着!
ボクサータイプのカバーをナックルガードの中に隠すように装着するのが流行のようだが、そうそうハンドルカバーを買い換える訳にも行かないし、これはこれで満足しているのだ。

こいつにも
IMG_0952.jpg
カブにはこの形のノスタルジックなヤママルト印のハンドルカバーが一番!

ということで冬支度が完了し、早速明朝キャンプツーリングへ!
タイヤの皮剥く暇無かったけど大丈夫か?


ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)のクラック対策

一年ほど前だろうか、ブロとものていじんさんのブログでガソリンタンクからのガソリン漏れの記事を目にし、
ていじんさんのブログ
慌てて自分のバイクのフユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)をチェックしてみるとしっかりとクラックが入っておりました。
その時には、手持ちの中古部品に付け替えてその場をしのいでいましたが、
過去記事(フユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)交換)
先日クラックが入った場所を確認してみると、クラックが着実に成長しているようです(^^;)
IMGP1719.jpg
昨年9月フユーエルセンサフランジ交換時
IMGP0010_201310192006332d0.jpg
今年9月

ここ何ヶ月かで急にクラックが大きくなりガソリン漏れまでということは無さそうですが、徐々にクラックが大きくなるのは避けられそうもありません。

この部品を交換するとすれば、フユーエルポンプユニットをアッセンブリーで交換するしかありません。
パーツリスト
そのお値段 560ドル近く、工賃を含めると6〜7万コースでしょうか?

新しいパーツは、しっかりとひび割れ対策がされてはいるのですが...
IMG_9066-500.jpg
写真はうえいぱうわさんのブログからお借りしました→うえいぱうわさんのブログ

ちょっと高すぎ、というかリコールでもおかしくないようなトラブルにそれだけ出すのもどうも納得いかない!

かといって、ガソリンも漏れていないのにディーラーに持ち込んでもいい顔はされないでしょう、
というか昨年自分で部品を交換しているのでクレームでの処理はまず無理!

そこで、いろいろ海外のフォーラムなどで情報を探ってみると、
海外でも結構問題になっているようです、あるサイトで対策部品に関する記事を見つけました。
R1200GS.info

アメリカのbeemerboneyardというショップで、それは販売されている。
商品名は「R1200/ K1200/1300 Fuel Pump Flange Repair Clamp」
yhst-15102260216258_2268_98942515.gif
http://www.beemerboneyard.com/rk12fuelpmpclmp.html
価格は$34.95 造りは至極単純アルミ製のクランプでクラックが入る部分が広がらないように押さえるだけ。

こんな物も
「CPC Chrome Plated Brass Female Threaded Quick Disconnect Fitting For R1200 Hexhead and K1200S/R & GT Fuel Pump Flanges」
yhst-15102260216258_2272_450295718.gif
http://www.beemerboneyard.com/cpcqkdcfemaleth.html
価格は$15.95 クラックが入る部分にねじ込むクイックファスナー、純正は樹脂製だがこいつは金属製。
この部分にクラックが入る事は先ず無いだろうが、金属製ならクラックが入る事は0%でちゃんとガソリン用のコーキング剤付き。

説明を読むと、クラックが小さくガソリンのリークが無い時には上のクランプだけでOK、リークがある場合は下のクイックファスナーまで交換するとのこと。

このところ、あまりパーツ関連で購入するべき物もなくこの2品だけで注文しても送料が50ドル以上...
悩みましたがオーダーしました。

このショップ始めて利用しましたが対応は早いです、イギリスのMotorworksにも匹敵する5日間で商品到着。
IMGP0017_20131019204718f9a.jpg

早速、装着してみました。
IMGP0013_201310192047193a2.jpg
私の場合、クラックもそれ程深い訳ではないため、クランプのみ装着し、クイックファスナーは万一のために保管しておくことにしました。
そのまま上から入れ込んで、締める込むだけ、ロックボルトなので緩む心配はほぼありません。

効果があるかどうかは、一年か二年か先にまたチェックしてみなければなんとも言えませんが、
精神的には満足です。

このフユーエルポンプ(フユーエルセンサフランジ)ですが、2010年式からは対策が取られているようです、
それ以前のR1200・K1200・K1300はこの部分にクラックが入る可能性があります、もしガソリンのリークでもあれば大変なことにもなりかねません、一度確認されることをお勧めします。

このパーツ念のためもう一セット購入しました、もし必要な方がおられましたらお譲りします。
コメントかメールフォームからご連絡下さい。
すいません送料を少しでも回収しようというせこい考えです(^^;)
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク