ENDURO フルパニア装着

ENDUROが納車されてしばらく経ちますがなかなか距離が伸びません、日曜日は少し遠出をする予定だったのだが、ディラーからパニアケースが届いたとの知らせがあり、ディラーにバイクを持ち込みました。

届いたパーツは両サイドケースとグリップヒーター、グリップヒーターが無いのが距離が今ひとつ伸びない理由の一つでもある(^_^;)

IMG_3137.jpg
フレームだけでも結構重く、総重量は増すばかりw
IMG_3138.jpg
装着終了、大きな車体が益々大きく見えます。
ちゃんと運転できるが心配ですw

その後 近場を少し回って帰宅、ケースが空だったのもあってか、それほど取り回しに差が出るような感じもありません、街中でのすり抜けに少し気を使うくらいです。
IMG_3141.jpg
写真ではケース幅がハンドル幅より狭く見えますが、実際はほぼ同じくらいの幅。

kumi02.jpg
(旧ムルティの写真はバージンドカティより拝借)
旧ムルティの時はどう見てもハンドル幅よりパニアの幅の方が広い、これに比べればなんと言うことはない...

容量で比べると旧ムルティが左右計73L トップ48Lの合計121L、ENDUROが左右計85L トップ38Lの123Lでほぼ同等、しかし旧ムルティのケースは形が立方体では無いので荷物を詰めるとどこかしらデッドスペースができて荷物も詰めづらい、使い勝手で言うと立方体のケースの方が絶対に良い。

ということで遠出の準備はほぼ終了、後は気分と天気次第!

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

第一回九州キリカブ カブミーティング参加....ならず

第一回九州キリカブ カブミーティングの開催がブロ友のkiyomakoさんのブログでアナウンスされてからおよそ二ヶ月、毎日その日が来るのを心待ちにしていました。
名称未設定 
そしてその当日、現地に向かうべく午前6時に自宅を出発、行程は伊佐・人吉を抜けて八代・松橋方面から阿蘇入りの予定。
順調に一時間ほど進むと、なんか変?
高速域でボゴ付きたまにガス欠のような感じ、これはキャブの目詰まりか?
キャブを叩いてなんとか進むも症状は悪化するばかり、ついには路上でメインジェットのクリーニング作業。
IMG_3121.jpg 
その場で空ぶかしをしてみるとなんとか症状も解消しています。
そしてロスした時間を取り戻すべくカブを先に進めます.....が
ここでやらかしてました(>_<)

今度は中低速域でカブっている感じ燃料が濃い時の症状です。
止まって下を見てみると燃料ダダ漏れ状態、酷いオーバーフローですww
なんとか伊佐市内まで行って今度はキャブを外してチェック。
IMG_3122.jpg 
キャブを外した時点でだいたい見当は付いていたのですが...
やっぱりさっきキャブのクリーニングをした時やらかしていたようです。
フロート室を外した際にフロートバルブが外れたのに気がつかず、バルブ無しで取付け盛大にオーバーフローしています(泣)
この時点でカブミーティングへの参加はあきらめ、kiyomakoさん始めご一緒する予定だったメンバーに連絡を入れて帰宅の途へ。

当然オーバーフローしたまま走るので中低速ではカブりっぱなしいつ止まってもおかしくありません、ある程度エンジンが回っていればなんとか走れそうなので回転を落とさないように非常に気を遣って2時間ほどでやっとのことで帰宅。

その後、とりあえず昂ぶった気を落ち着かせ、なんとかカブミーティングだけでも参加しようとムルティに荷物を移そうと動き出した頃...
雨が降り出してきて心がポッキリと折れてこの時点で参加断念(>_<)

kiyomakoさん 伊右衛門さん キングリンさん是非とも二回目をお願いしますm(_ _)m
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: ツーリング | ジャンル: 車・バイク

ナックルガード・ガードバー装着

ムルティは前のモデルからナックルガードにウィンカーが埋め込まれています。
見た目は悪くはありませんがコケたときのダメージは大きい!
さらにブレーキやクラッチのマスターシリンダーまでこのガードに装着されているので最悪の場合、運転できなくなる可能性も否定できませんw
P3010012.jpg
↑旧ムルティ
旧型はまだなんとかこれをガードするパーツも販売されていて、装着していました。
P3010019_20140303143429ab9.jpg
Barkbustersというメーカーのガードで立ちごけ程度ならほぼダメージはありません。
三度ほど経験あり(^_^)v
Barkbusters BLG13

しかしながらムルティ(2015-)にはナックルガードの形状が変わって装着できません。
IMGP0268_2017020615413367d.jpg
グリップエンドからガードまで繋がってさらに大きくなっているw
ただ実際にBarkbustersのガードを合わせてみると後数cm長ければなんとかなりそう。

Barkbustersからは今のところ新型用のガードは発売されていないようなので、汎用品で利用できないか探してみたところこれならなんとかなりそうな感じ。

値段も驚くほど高いものでは無いので取り寄せてみました。
IMG_2988.jpg
IMG_2989.jpg
Barkbustersのガードと比較してみます。
IMG_2991.jpg
これ単体ではダメでした(>_<)
上がBarkbustersのガード、下が今回取り寄せたガード、バーのカーブの部分が小さくてナックルガードに当たってしまいます、でもまあこれはこれで想定内。

↓追記へ続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

[きりしま湯旅] ~62/63 塩浸温泉 ・63/63 湯けむりの里(足湯)~

[きりしま湯旅] ~62/63 塩浸温泉 ~


【利用時間】9:00~18:00 ※月曜は16:30まで

【定休日】なし

【入浴料金】大人:360円、子供:140円

【泉質】炭酸水素塩泉

【所在地】霧島市牧園町宿窪田3606

【電話】0995-76-0007

【HP】http://siohitasi.web.fc2.com/


塩浸温泉龍馬公園内にある温泉施設。
同じ公園内にある足湯もゆ旅の対象施設、ゆ旅三カ所目のチェックポイントになっている。
ゆ旅のスタンプラリーをやっている人は、足湯と温泉両方入ってスタンプをもらう必要があるので注意が必要です。
P8270024.jpg
昔はあまり人も来ず流行らない温泉だったが、龍馬ブームのお陰で週末はいつも駐車場が一杯になるくらいである。
P8270025.jpg
橋を渡って左側に龍馬像、右側に龍馬資料館と足湯一番奥に温泉。
P8270026.jpg
温泉の建物はごく普通。
P8270032.jpg
入って手前に小さな湯船、こちらは湯温が36℃くらいで少し温い。
源泉が二つあってこちらは鶴の湯。
P8270036.jpg
奥の広い湯船が塩浸温泉で湯温は41℃、外の光はほとんど入って来ず、開放感は無い。
P8270037.jpg
泉質はこの近辺では一般的は炭酸水素塩泉、入り心地は日当山温泉のようなさらっとした感じはなく安楽・妙見温泉の濃厚な温泉と同じような感じ。
身肌成分のメタケイ酸は驚きの250mg越え、良い温泉です。
P8270043.jpg
龍馬が入ったとされる湯船、今は入れない。昔は排湯が溜まる小汚い湯だまりだったのだが、今は整備されて近くまで行けるようになっている。
観光客は龍馬の銅像や資料館、せいぜい足湯までで、温泉まで入る観光客は少ないのはもったいない。
↓成分表(クリックで拡大します)
28643249053_3de7e6deeb_o.jpg 28643250453_e47d38dc77_o.jpg IMG_2418_20170306155920268.jpg

[きりしま湯旅] ~63/63 湯けむりの里(足湯)~

【所在地】 霧島市牧園町高千穂3878−114

【電話】 0995-78-2115


霧島温泉市場内にある足湯。
霧島ゆ旅最後のチェックポイント。
06782b3d44689e56c3b42b2b7ddb6806-533x400.jpg

P9110021_20170306160810030.jpg
これで霧島ゆ旅スタンプラリー63カ所全制覇です。
これで霧島ゆ旅温泉レポートはとりあえず終了、気が向けば番外編でも...

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: 温泉 | ジャンル: 旅行

秘密のグリルちゃん

今私が使っている焚き火台は、メインでユニフレームのファイヤースタンド。
ファイヤースタンド10
使っている理由はその軽さ、長さは60cm近くあるのだが、スタンドを改造して短くするとパニアケースにもそのまま入る手頃な長さになってパッキングも楽、だがこの焚き火台で煮炊きできないのが難点(できないことはないが...)

焚き火台で煮炊きしたかったり荷物に余裕があるときにはこれ
P4200003.jpg
同じくユニフレームの焚き火グリル。
焚き火で料理もできるし風にも強く、ガスストーブの風避け代わりにもなって便利。
難点は収納サイズも多少大きく重さも4kgと重いこと、なので荷物もコンパクトに収めたいときなどなかなか持っていけません。

もう少しコンパクトで上で煮炊きできる焚き火台を探していたところ、割と良さそうなものを発見。
それは、ドッペルギャンガーの秘密のグリルちゃんとかいうふざけた名前の焚き火台。
出たばかりのようでレビューがあまり見当たらなかったが試しに購入、送料込みで5000円ちょっと
IMG_2970.jpg
思った通りコンパクト、中は
IMG_971.jpg
IMG_972.jpg
組み立て方は説明書も要らないくらい。
IMG_2975.jpg
針金を一本一本組むのが少し面倒。
品質は針金の長さが少しずつ違うとかいつものドッペル品質w
IMG_2974.jpg
煮炊きしないときには針金を外せばOK。
さて実際使ってみた感じはどうでしょう?


↓追記へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: アウトドア | ジャンル: 趣味・実用