ぶらり南薩 慣らし運転

とりあえず電装品が使えるように手を加えたため、翌日近場を少し回ってきました。
行き先は冬場のパトロールルート南薩方面。
IMGP0294_2017022315122055d.jpg
納車の日にも走った指宿スカイライン、指スカは無料区間の方が長い直線と高速コーナーが続いて楽しい。
今日は二日目なので多少バイクが馴染んだとはいかないまでも多少慣れてきました。

19インチになったせいかコーナーリング中の安定性というかドシッとした感じは前のムルティにはありません、かと言って倒し込みも楽で曲がりづらい訳では無い、17インチの方も悪くはありませんが自分にはこちらの方が合っていそう。

1速とファイナルのギヤ比がショートになったためか、中低速での扱いが非常に楽になっています。
街中での使いやすさも可変バルブタイミングのエンジンのせいだけでなく、ファイナルのショート化の影響しているのかもしれません。
慣らし中の為回転数は6000まで、旧ムルティの時の慣らしでは、抑えて走れば6000まで使わなくても十分だったのですが、このエンジン抑えているつもりでもちょっとしたストレートで一気に6000を越えそうになりますw
かと言って回せ回せとエンジンがせっついてくる感じも無く不思議なエンジンです。

旧ムルティでは各走行モードの違いが極端に変わっていましたが、ENDUROでは各走行モードの差が多少マイルドになっている感じ、SPORTモードでのガツンとくる感じも多少和らいでいます。
全体的に旧ムルティに比べて許容範囲が少し広がって使いやすくなっている気がします。
まあインプレを気取っているとボロが出るのでこれくらいに...

先週は寒気団の来襲で雪が降った鹿児島地方ですが、この日は春の陽気。
IMG_2941.jpg
池田湖を回って菜の花満開の開聞岳の近くの物産館で今日の一つ目の目的。
IMG_2940.jpg
今が旬のソラ豆を購入、このあたりはソラ豆の産地でシェア日本一だそうです。
小さい方が700円大きい袋が2000円、今日のビールが楽しみです。

せっかく開聞岳の近くまで来たので久々に開聞岳の周回道路へ。

IMG_2942.jpg
入り口近くのトンネル、天気が良いのでこう見ると何てことの無いトンネルですが...

IMG_2943.jpg
中は車だと離合できないくらい狭く照明は天井の光取りの穴のみ。
IMG_2946.jpg
これなんかもなんか良い感じ、と思えそうだが曇りや雨の日、夜などに来ると少し恐怖を覚えそうなガクブルの道に変身します、というか夜が絶対お薦めです。
IMGP0304_20170223153938005.jpg
そのガクブルの道もトンネルを抜けると東シナ海を望みながらの絶景ロードに変わります。
幸運なことに硫黄島・竹島そして屋久島まで見えてます、あまりあることではない。
IMGP0306-2.jpg
海面近くはモヤが掛かった感じで普通に写真を撮っても島は見えない、なんとか画像をいじってなんと屋久島の山頂付近が見えるくらい、見えない?
IMGP0295-2.jpg
拡大して写真をいじってこれくらい、海面にちょこっと出ているのが竹島。
見えづらいですが本土から屋久島が見えると本当に得した気分になれます。
↓追記へ続く

続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

ENDUROツーリング準備

納車されたENDURO パニアケースやグリップヒーターなど頼んでいたオプション類がまだ届いていないため、本格的なキャンプツーリングには出掛けられません、というか寒くて丁度良いというのが本音ですが...
それでもその準備のため、電装系部品装着のための電源確保とか少し手を入れました。

ENDUROに乗ってすぐ気がついたのはシートの角の形状に由来すると思われる足つき性の悪さ...
しかしこれはすぐにどうこうすることもできないため、いずれシート張り替えで対する予定。
後気になったのはサイドスタンドの出しにくさ、旧ムルティからステップなどの位置関係が変わったのかサイドスタンドが非常に出しつらい、足場が悪い時には立ちゴケの原因ともなりかねません。
IMG_2926.jpg
シートの形状から来るものかもしれないが、サイドスタンドがやや内側に追い込まれているような感覚がして出し辛い、そこで。

IMG_2927.jpg
BMWのGS用のスタンドアシストバーを流用するつもりが、スタンドの経が微妙に違うため、そのままでは装着できずゴム板を巻いて経を調整して装着。
IMG_2928.jpg

なんとか納得できる位置に、スタンドの出しやすさも格段に向上しました。
サイドスタンド関連では...

IMG_2930_20170220141807b56.jpg
欧州車の常としてサイドスタンド使用時の傾きの大きさ。
旧ムルティの時も頭を悩ませて、対策を取っていました。
過去記事→【サイドスタンドエクステンションかさ上げ】
スタンドの形状はほぼ同じなので流用できそうです。
IMG_2933_201702201423541ab.jpg
旧ムルティの時は15mmかさ上げしたのだが、今回は一枚プレートを抜いて10mmのかさ上げ、あまり上げすぎても使いづらいし立ちゴケにもつながりますw
IMG_2934_20170220142355402.jpg
もう一度5mmのアルミ板の加工は避けたいので古いものをそのまま流用、傷だらけで見栄えは悪いがなんとか装着できました。
IMG_2935.jpg
その後のテスト走行で使用した結果、もう一枚プレートを抜いて5mmのかさ上げでも良かったかもしれない。
スタンドのフットプリントの面積も増えたので足場が悪い場所での駐車も少しは安心できます。

IMG_2936.jpg
そして気になっていた、ウィンカー組み込みのナックルガード、転倒時のダメージは必至なのでなんとか対策したかったのだが、旧ムルティの時に付けていた、バークバスターズのナックルガード・ガードバーは装着できず(泣)
ウィンカーを別に装着して、ナックルガードを別に取り付けるというのも考えたのだが、ガードがブレーキとクラッチのマスターシリンダーのブラケットも兼ねているのでその方法も無理(>_<)
コケた場合のダメージは甘んじて受けるしかありませんww
新型ムルティに乗っている方で何か対策されている方がいらしたら教えて下さいませm(_ _)m
↓追記に続く


続きを読む
ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: バイク | ジャンル: 車・バイク

[きりしま湯旅] ~61/63 霧島観光ホテル ~

[きりしま湯旅] ~61/63 霧島観光ホテル ~

【入浴料金】 (立ち寄り湯)15:00~21:00 1室1500円+800円×人数/45分
       (大衆浴場)大人;800円、子供:400円

【泉質】 単純温泉

【所在地】 霧島市牧園町高千穂3885

【電話】 0995-78-2531

【HP】 http://www.kirikan.jp/

霧島温泉の丸尾交差点から少し南に戻った所にある大型ホテル、別館に犬と泊まれるホテルも併設されている。
P8270022.jpg
道路から一段高い丘の上に立っていて、建物自体も大きい。
P8270021.jpg
ロビーも広い、フロントで受付を済ませ奥のエレベーターで4階へ上がると展望大浴場。
露天は南棟の地下、立ち寄り湯でどちらも入れるようだがこの時にはそれを知らず展望大浴場のみ入浴したののが残念である。

P8270004.jpg
大型ホテルなので脱衣場も広い、掃除も行き届き清潔。
P8270010.jpg
大きな窓で開放的、入るとすぐ回りの景色が飛び込んでくる。
P8270012.jpg
湯船は大きなメインの浴槽と
P8270011.jpg
ジャグジー付きの浴槽の二つ、湯温はどちらも40℃前後で多少温め。
P8270008.jpg
天気が良く晴れ渡っていたら眼前に桜島と錦江湾、運が良ければ開聞岳まで見えるらしい。
湯船に入りながら見える景色はゆ旅対象施設の中でも一番良い景色だと思う。
P8270013.jpg
泉質は分析表では単純泉だが、湯船には白い湯ノ花が舞い硫黄の香りが割と強い。
入り心地も硫黄泉そのもの、循環・加温はされていないようだが加水は有り、湧出量が記載されていないのでどの程度かは不明。
P8270003.jpg
気持ちが良かったのは浴室前にある休憩スペース、多くのソファーが置かれ寝心地も良い。
着替えてもう一回露天に入ろうという気も萎えそうである。

↓分析表(クリックで拡大します)
29185652471_2ffcac8a75_o.jpg 28976013820_abb2e1c331_o.jpg 29185651351_576765d98a_o.jpg

IMG_2418_2017021615521771e.jpg

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: 温泉 | ジャンル: 旅行

久々の雪中ドライブ

私の居住地は鹿児島、めったに雪は降りません、降っても積もるのは1~2年に一度くらい。
先日一年ぶりに雪が積もったので久々に雪中ドライブへ出掛けてきました。

IMG_0525 (1)
桜島も半分くらい積もってます。
しかし桜島では雪中ドライブは無理なので行き先は霧島方面。
IMG_0503_2.jpg
途中でチェーン(タイヤソックス)を履かせてえびの高原へ、久々の雪中ドライブは不安と緊張と楽しみの入り交じった不思議な感覚(^_^;)
IMG_0508_2.jpg
えびの高原到着、鹿児島とは思えない景色をしばらく楽しみます。

IMG_2838.jpg
ダットラやテラノなどクロカン四駆に乗っているときには雪の予報の時には良くここまで上がってきてたのだが、クロカンを下りてからは久々です。
IMG_0517_2.jpg
雪国の方には何てことの無い景色でしょうが、南国に住んでいると妙にウキウキしてしまう(^_^;)
IMG_2847.jpg
スタッドレスなど買うほどでもないので代わりにこれ、タイヤソックス。
チェーンのような震動もほとんど無く圧雪状態だったらこれで十分です(アイスバーンには効き目なしですが...)

IMG_2849.jpg
リヤにはおまじないでスプレーチェーンとかいうネバネバのスプレーをぶっかけておきました。
(効果のほどは不明)

久々の雪中ドライブは病みつきになりそうです...

クロカンの四駆に乗っていたときにはこの後、林道に突っ込んで藪コギしてから帰ったものですがさすがにアウトバックで藪コギは無理なので...

PA170003.jpg
妙見のさかいだ温泉に寄って

PA170004.jpg
冷えた体を温めてから帰宅。

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ

[きりしま湯旅] ~60/63 霧島もみじ谷 清流荘 ~

[きりしま湯旅] ~60/63 霧島もみじ谷 清流荘 ~

【利用時間】11:30~14:00

【定休日】 なし

【入浴料金】 大人:800円、子供:400円

【泉質】 単純温泉

【所在地】 霧島市牧園町高千穂3806

【電話】 0995-78-2021

【HP】 http://www.seiryuso.org/


霧島温泉の丸尾の滝から川沿いに少し小道を下りたところにある和風旅館、ゆ旅のHPではホテル 清流荘となっているが、施設のHPでは「霧島もみじ谷 清流荘」となっている、まあどう見てもホテルと言うより旅館なのでこちらの名称の方がぴったりする。

P8210001.jpg
P8210002.jpg
 広いロビーの先の階段を下りると温泉
P8210018.jpg
少し薄暗いが落ち着いた雰囲気の館内を少し奥に。
P8210005.jpg
本格的な旅館らしく脱衣場はきれいに整理整頓されている、タオルも備え付けられている。
P8210007.jpg
明るい照明では無いが広々としたガラス張りの内湯、石造りだがそれほど冷たい感じはしない、雰囲気も良い。
P8210008.jpg
ガラス戸を抜けると露天、緑が辺り一面に広がり川の流れの音が聞こえる、川は見えないがなかなか開放感があって良い。
P8210012.jpg
旅館のHPではみょうばん泉(炭酸水素塩泉?)と硫黄泉の二つの温泉があると紹介されている、おそらく内湯がみょうばん泉、なのだが成分表では単純泉となっている。
湯温は内湯が43℃多少熱めである、入り心地はまあまあかな?
P8210009.jpg
露天の方はおそらく硫黄泉、白い湯ノ花が舞って少し硫黄の香りがする。
湯温は41℃石造りだが、木の枕が付いていて寝そべって外を眺めながら入ると格別である。
入浴料金は800円と少し高めだがこの温泉なら文句はあるまい。

↓成分表(クリックで拡大します)
29049842521_34b43e22d5_o.jpg 29049843971_1baae5779c_o.jpg IMG_2418_201702101639080b0.jpg
成分表は二本の泉源の混合泉となっている。

ブログ村 カブグループにも登録してみました、ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ にほんブログ村 バイクブログへ
テーマ: 温泉 | ジャンル: 旅行